« 03.09.1st week | トップページ | 03.09.3rd week »

03.09.2nd week

何人もの編集者の方々に会って、再開した萬画原作の仕事の打ち合わせ。
新しい編集者との出会いは、いつも心ときめくものがある。
編集者によって、その作家とその作品の運命が決まると言っても、過言ではない。
そういう意味では、編集者とは、実はものすごく大変で、責任の重い、"才覚"の要る仕事である。
その"才覚"とは何か?
言うまでもなく、才能ある作家を発掘し、育て、世の中に送り出すことである。
真実の才能を見抜けない編集者は、"無能"の烙印を押されても仕方がないだろう。

師匠である小池一夫先生が、大阪芸術大学で教授を務められている関係で、"小池ゼミ"の合宿に、岡崎武士さんと一緒に招かれることになり、菅平へ。

この合宿に顔を出させていただくのは二回目だが、あまりに"粒揃い"で驚かされる。
即プロとして通用する人材が何人もいるし、少し鍛えれば、これまたすぐにデビュー可能な子達が、さらに多人数いる。
小池師匠、岡崎さんと共に嬉しい悲鳴。
ゼミ生達を見送った後、菅平から、今度は東京の"小池一夫塾"へ直行。
こちらはこちらで、社会人のプロ志望者がほとんどで、気迫は凄い。
それだけに、学生達以上に実戦的に鍛えに鍛えて、卒塾生の多くに萬画の最前線で活躍してもらわなければならない。

|

« 03.09.1st week | トップページ | 03.09.3rd week »

日記」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/61844/7386046

この記事へのトラックバック一覧です: 03.09.2nd week:

« 03.09.1st week | トップページ | 03.09.3rd week »