« 03.10.4th week | トップページ | 03.11.1st week »

03.10.5th week

セントラルアーツの黒澤満さんに会う。
様々な名作秀作を世の送り出した名プロデューサーであると同時に、あの松田優作さんのマネージメントをされていた方でもあり、いつお会いしても、その物腰と人柄には魅了される。
いわゆる"漢(おとこ)"を感じさせる数少ない映画人の一人である。

映画『処刑人』(ノーマン・リーダス&ショーン・パトリック・フラナリー&ウィリアム・デフォー主演)のプロデューサーで、アメリカの友人でもあるクリス・ブリンカー氏より連絡。
監督のトロイ・ダフィー氏と新しくオフィスを構え、いよいよ『処刑人2』の撮影にGOするとのこと。
彼のプロデューサーフィーを聞いて、その金額のでかさに、日本との圧倒的な差を実感する。

先週に続いて、またまた大阪へ。
のぞみの中での原稿書きと読書にも、すっかり慣れてしまった。
これが意外とはかどるので不思議。
心斎橋で、将来有望な新人漫画家の人達や、インディーズムービーの旗手である川上豊城君と会って食事。
翌日、小池一夫先生と合流して、大阪芸大へ。
小池ゼミの出身で、『うちのまくら』で絵本作家として活躍中の西田愛花さんと久々にお会いする。
(絵本『うちのまくら』の詳細はコチラ)
小池ゼミの学生達は、例によって優秀。
何人かは、今後間違いなく、漫画界の台風の目となるはずである。

アプレ主催のワークショップの最終日。
今日は、先日撮影したものを編集してもらい、上映したうえで、それぞれの役者さん達にコメント。
とはいえ、みんな個性的で、真面目で、とても優秀。
自分如きがコメントとは、本当におこがましい。
しかし、こういうこれからの人達に、ボーダーを超え、日本だけでなく、世界にも出て行ってほしいと切に願う。
終わってから、凄まじい人ゴミの渋谷で打ち上げ。
その足で、新宿のミラノ坐は、東京国際ファンタスティック映画祭の会場へ。
ワークショップに参加してくれた何人かが、本日上映される「刑事まつり」に出演しているとのこと。
ワークショップのメンバーでショートフィルムを作ろうという企画で盛り上がる。
せっかくなので、これはぜひとも実現したいものである。

阿久根裕子さん(左)
若いに似合わず、天性の存在感が凄い。

天利友紀さん(右)
笑顔が特徴的で、演技が真面目で好感大。

(平子哲充君と光宗潤君は、今日は欠席)


久田幸恵さん(左)
朴訥なナチュラル感が最高。

江島裕二君(中央)
オカマ役が似合うと言いつつ、演技派。

沢田圭司君(後ろ)
独特のロンリームードが出色。

古澤久美子さん(右)
とてもキュートで、今後の成長に大期待。


土師友紀子さん(左)
清潔かつ誠実な演技が印象的。

森千恵子さん(中央)
抜群の演技力と反射神経の持ち主。

中野渡大士君(右)
淡々とした中にも、本音の優しさが見える。

(佐藤一巳君は、今日は欠席)


長谷川智巳さん(左)
全身に独特の個性があって、大器型。

池永健太君(中央)
超マイペースで、その雰囲気は天才型。

大西汐佳さん(右)
地か演技か、その大胆な魅力が天然型。

(槙山学君は、今日は欠席)


塩野勝美君(左)
声と発声の良さがダントツ。

北山ひろし君(中央)
飄々とした個性と演技が光る。

戸村麻衣子さん(右)
全チーム中、屈指最高の演技力。

(渡辺実香さんは、今日は欠席)


松井由貴子さん(左前)
堅実現実な演技が良。

伊藤努君(左後)
安定かつ着実な演技に底力を感じる。

五十嵐有砂さん(右前)
リアルかつ繊細な演技が好感度高し。

沖野竜也君(右後)
演技の振幅の広さに可能性大。

|

« 03.10.4th week | トップページ | 03.11.1st week »

日記」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/61844/7386440

この記事へのトラックバック一覧です: 03.10.5th week:

« 03.10.4th week | トップページ | 03.11.1st week »