« 03.10.5th week | トップページ | 03.11.2nd week »

03.11.1st week

早くも11月。
毎年思うことだが、本当に一年なんて、アッという間だ。
というわけで、より〝好きなことしかやらない主義〟に徹することにして、年末から来年に向けてのスケジュールを組む。
あとは、無駄な事と、無駄な人達との関係をできるだけ断ち切り、生活をシンプルに特化させてゆくことだろう。
名誉欲と金銭欲にさえこだわらなければ、楽に暮らしてゆける道はいくらでもある。

台湾旅行から帰国された脚本家の林壮太郎さんに会って、土産話を聞きつつ、脚本の打ち合わせ。
林さんは、香港でも台湾でも、どこへでも一人で出かけて行って、当地の映画のDVDを、それも地元民しか絶対に行かないような店も〝特殊嗅覚〟で探り当て、大量にゲットしてくる達人なのである。
今回も、台湾の地元でしか手に入らない〝秘密DVD〟を手土産にいただく。

試写に行く。
韓国映画の『ラブストーリー』。
あの大傑作『猟奇的な彼女』のクァク・ジョエン監督の新作で、以前より観たかった一品。
が、しかし、先鋭的な部分が削られ、原題の通り〝クラシック〟なラブストーリーだが、劇中の涙のシーンがやや多すぎることと、そこに泣かせようとする演出意図が見えて、ちょっと気持ち的に退いてしまった。
が、ジョエン監督の細やかな演出そのものは見事で、とても勉強になる。

原稿書きながら、テレビを見ていたら、東京国際映画祭のニュースが流れる。
お! 田中麗奈ちゃんだ! そーいや、山田章博先生と「ドラッグストアクイーン」の撮影現場を訪問してから、けっこう経つなあ……とか思っていたら、なんと、麗奈ちゃんをエスコートしているのは、我が友、本木克英監督だあ!

黒川芽以ちゃんの事務所から最新カレンダーが届く。おお! 撮影は、ヤンジャンの映画人インタビューの時にお世話になった熊谷貫さんだ!芽以ちゃんも、最近さらに天性の演技力に磨きがかかり、女優として進境著しい。
また、ぜひ一緒に仕事したいなあ。

須賀貴匡君の事務所から、DVDと本が届く。う〜ん、須賀君、こうやって見ると、確かに美しいわな。本物の映画俳優になれる才能と志向を持っている稀有な若手だけに、実は期待しまくっている。
GAGAから「キル・ビル」のポスターとチラシが届く。これもルーシー〝オーエン石井=修羅雪姫〟リュー効果のなせる業か。
すべての方々に感謝!!!

小池一夫塾の講義。
原作コースからも漫画コースからも、課題作品がばっちりと提出され、これには嬉しい悲鳴。
みんなの成長がはっきりと形になって見えるのは課題作品しかないし、つきるところ、作品を書き、描かない限り、塾に来ていても意味はないのだ。
しかし、今日の講義では、どこの漫画関係の学校でも絶対に教えない裏技裏話を話してしまった。
来年3月の修了時には、たぶん数名の原作者と漫画家を、斯界に送り出せているはずだ。

|

« 03.10.5th week | トップページ | 03.11.2nd week »

日記」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/61844/7386944

この記事へのトラックバック一覧です: 03.11.1st week:

« 03.10.5th week | トップページ | 03.11.2nd week »