« 03.11.3rd week | トップページ | 03.12.1st week »

03.11.4th week

コム・デ・ギャルソンからコースター。
う〜む、いつも店の近くにいながら、ぜんぜん顔を出す暇がない。


高木亮さんの切り絵の個展に行く。
高木さんは、知る人ぞ知る、日本が世界に誇る切り絵アーチスト。
その神業のようなテクニックには、ただただ驚嘆するばかり。
来年のNY版の朝日新聞は、高木さんの作品が飾るらしいが、至極当然のことか。
いずれ、何か一緒にやりたいものである。
大雨の中、ラジオ大阪の「トーキングヒーロー」の録り。
今日は、杉浦太陽&太雄兄弟の録りに立ち会う。
いつ見ても、ムチャクチャ息の合った兄弟なので、録りのほうも、まさに大阪ノリでスムースに運ぶ。
見ていて、ひたすら微笑ましい限り。


試写。
『問題のない私たち』
小品だが、邦画の傑作。
主演の黒川芽以をはじめとして、美波、沢尻エリカといった若い女優陣の演技が素晴らしい。
プラス、黒川芽以と野波麻帆のクライマックスの演技対決!
イジメという問題をテーマにしながら、それに真っ向から挑み、繊細なエンターテインメントに仕上げた森岡利行監督の手腕は見事。
それにしても、この映画の中での黒川芽以は、真の意味でのハードボイルドヒロインと云えるかもしれない。
長いつき合いの、某誌の編集者のA氏と、萬画原作の打ち合わせ。
とてもセンスのある新人の漫画家さんが見つかったので、なんとかよい作品に仕上げるために作戦を練る。
この作戦がうまくいけば、メジャー誌でありながら、かなり変わったテイストの作品が生まれるはずである。


試写。
『グッバイ、レーニン!』
いろいろな意味で考えさせられる佳作。
ドイツ人でない我々には、血肉的に明確に捉えられないスピリットが作品の根底に流れている。
が、親子や家族は、どこの国にあっても、それ以上でもそれ以下でもないのだ。
某ゲーム会社の人と打ち合わせ。
来年の夏くらいに、ちょっとしたゲームを世の中に提供できそうである。
続けて、某誌の編集者のT氏と、萬画原作の打ち合わせ。
ここの雑誌では、ほとんど初めて挑戦するジャンルを描くことになっているのだが、仕込み自体は長年やってきたので完璧である。
漫画家さんが誰になるか、それが楽しみだ。


試写。
『ドッグヴィル』
完全にKOされる。
3時間の尺がまったく気にならない。
圧倒的!
やはり、やはり、やはり! ラース・フォン・トリアーは天才だ!
神賭けて断言するが、彼と同じ年齢の日本人の監督で、彼のレベルに達している人材は皆無である。それは、作品そのものが完全に証明している。
ドフトエフスキーと同じく、神との対話に彼は入っていくのかもしれない。
プロデューサーのO氏と、アニメ映画の打ち合わせ。
監督は、いくつかの作品で一世を風靡した方で、実現すれば累世の大作になる。
しかし、実現までには、まだまだかなりのハードルを乗り越えなければならない。

打ち合わせと原稿書きの間に、新宿のロフトプラスワンで行われている、白川裕二郎君のイベントに、ほんの少しだけ顔を出す。
ラジオのトーキングヒーローにキャスティングしたものの、実はまだ白川君とは会っていないのである。
楽屋で、久々に酒井一圭君、柴木丈瑠君達に会えたものの、時間切れで白川君には会えず、雨の中、次の打ち合わせの場所へ向かう。

|

« 03.11.3rd week | トップページ | 03.12.1st week »

日記」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/61844/7387291

この記事へのトラックバック一覧です: 03.11.4th week:

« 03.11.3rd week | トップページ | 03.12.1st week »