« 03.12.3rd week | トップページ | 04.01.1st week »

03.12.4th week

某製作会社に行って、映画の打ち合わせ。
もともとが小品の企画だが、すでに5年近くも暖めてきている作品なので、なんとか自分の手で監督して、映画化したいものである。
初めてといっていいほど、この企画に関して、好感触を示してもらえたので、そういう人達や会社のためには、こちらも何でもやってあげようという気になる。
要するに、すべては侠気である。
プロデューサー業を齧ってきてわかったことだが、"監督"になりたいがために、"監督"を志望する人達が多すぎる。
いや、日本では、そういう人達がほとんどと言ってもいい。
それは、"小説家"になりたいがために、"小説家"を志望している人達とイコールだ。(友人の小説家や編集者に聞くと、これまた多いらしい)
だが、"映画で自分が表現したい作品がある"からこそ、"監督をする"というところに結びつくのではないのだろうか。
今、アメリカの映画人達と『LoneWolf & Cub』の製作を進めていて思うことは、はっきりと断言できることだが、日本人の若手監督達よりも、海外の若手監督達のほうが、はるかに映画を勉強し、研究しているということ。
日本人としては、日本人の若手監督に撮らせてあげたいと思ったりもしたのだが、圧倒的に海外の若手監督達のほうが、あらゆる面においてよく勉強し、よく修行している。
何よりも、最も肝心な原作の「子連れ狼」、及び時代劇への理解度が、日本人の若手監督達と海外の若手監督達とでは、まさに雲泥の差があったこと。
(そういえば、黒澤明監督も、生前のインタビューで、日本の映画人よりも、コッポラ、ルーカス、スピルバーグといった人達のほうが、はるかに映画を勉強していると語られているが、今もその状況に変わりはないということだろう)
これは正直、日本人としては恥ずかしかった。
そのあたりに、ハリウッドに『ラスト・サムライ』を撮られてしまうという情けない現状の理由があるように思う。
決して資金の問題だけではないのだ。

某誌の編集者のN氏と、春くらいから始める予定の漫画の打ち合わせ。
この作品も、例によって、自分が組みたかったある大御所漫画家さんに画が決まっているので、気合も入る。

某アパレルメーカーのディレクターのT氏に会って、打ち合わせ。
自分が敬愛するある作家さんの作品を、服飾デザインに使用するという試みで、かなり話が具体化してきた。
何よりも、自分がそういうオリジナルな服を着れるというだけで、ビジネス抜きで嬉しい。

こもって原稿やら企画書やらを書き続ける。
合間に、溜まっていたDVDを観まくり、CDを聴きまくる。
これが、新たな発想に結びついてくれるから、"ながら"でもおろそかにできない。
しかし、第3者からみたら、単にタラタラと遊んでいるようにしか見えないんだろうなあ。
こっちは寝ても覚めても、ほとんどフル回転で、いろいろ考えておるわけだが。
というわけで、毎日最低1冊でも本を読んでいるのだが、はた万次郎著『北海道田舎移住日記』と、佐竹雅昭著『まっすぐに蹴る』が、ちょっと個人的な理由もあって、とても興味深く読めた2冊。
電車に乗っていたら、一人の老婆が、他人の足を踏み、他人を押しのけて、空いている座席へと突入。
さらに、タクシー待ちをしていたら、平然と割り込みをして、先に待っていた人を肩で押しのけ、さっさと乗り込むという老婆にも遭遇。
年齢をとったからといって、個人的欲望の赴くままに、何をやっても赦されるというわけではない。
ちゃんと節度を保って生きている人達もいるというのに、怒りを通り越して、醜いとしか言いようがない。
だが、いつも思うことだが、神様はどこかできちんと見ているのだ。
あの外道めいた老婆達は、いずれ手痛い天誅をくらうことになるだろう。

散歩の途中で、狸と栗鼠を見かける……というか、思いきり接近遭遇。
隠れ家のあるこのあたりでは、珍しくない出来事とはいえ、ついつい和んでしまう。
事務所のある表参道も、しかし、違った意味で和める場所ではある。
来年は、さらにその事務所と隠れ家の往復を徹底させたいと思う。

|

« 03.12.3rd week | トップページ | 04.01.1st week »

日記」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/61844/7385929

この記事へのトラックバック一覧です: 03.12.4th week:

« 03.12.3rd week | トップページ | 04.01.1st week »