« 04.01.4th week | トップページ | 04.02.1st week »

04.01.5th week

まだ、駆け出しの友人の小説家、O君へ。
君の彼女が、君が仕事に集中していて、電話に出なかったり、メールに返信しなかったり、行く先を告げずどこかにこもっていたりすると、怒るのだと言っていたね。
断言しよう。
そんな女とはさっさと別れろ。
たとえ別れたとしても、そういう女には、きちんと電話に出て、きちんとメールに返信して、常に自分の動向を連絡する、いわゆる"普通の男"が似合っている。
ものを創る仕事に従事している者にとって、忠誠を尽くすべき相手は、その仕事そのもの=作品、ただ一つだけだ。
(『世界の中心で愛を叫んだけもの』の著者、ハーラン・エリスンもそう言っている!)
そして、作品創りをほんの少しでも邪魔するものは、親だろうが子だろうが妻だろうが恋人だろうが愛人だろうがペットだろうが何だろうが、すべてが敵だ。
たかが、電話に出なかったり、メールに返信しなかったりしたくらいで怒る女は、クリエイターの仕事の真剣さ誠実さ本気さをまるで理解していない。
だから、とっとと切り捨てろ。
当たり前だ、そんなことは。
一旦作品創りに集中したら、他の事に気が回るはずもない。
回るようなら、それは集中力が欠如しているということだ。
その代わり、真のクリエイターは、誰も自分が畳の上で死ねるとは思っていない。(逆に、まっとうに死のうとか思っているクリエイターがいるとしたら、そいつは詐欺師だ)
君の先輩諸氏を見ろ。
母上が危篤状態で、周囲のほうが慌てている時に、いつも通り原稿を書き続けた池波正太郎氏、亡くなられた父上の棺の横で、黙々とペンを握られた北方謙三氏、最愛の祖父の葬儀会場を通り過ぎつつ、坂東玉三郎氏に自らの原稿を自らの手で届けた夢枕獏氏。
君には、そういうプロ中のプロになってほしいと思う。
そして、そういう君を理解する賢明かつ聡明な女性に出会ってほしいと。
あ、それからもう一つ。
仕事に個人的私的な感情=憎悪、恋愛、嫉妬、羨望などを持ち込む連中にも気をつけなければならない。
奴らは、自身がプロに徹しきることができない、プロの作品創りを阻むだけのクズだ。
ただ、心配せずとも本当に力のある作品が、そういうクズに阻止されることは稀だ。
作品より先に、クズのほうが瓦解することは、歴史が証明している。
そういうクズもとっとと切り捨てること。

春に発売になる梶芽衣子版『修羅雪姫』『修羅雪姫〜怨み恋歌』DVD用の、小池一夫先生の雑誌の取材に立ち会う。
真剣を携えての"小池節"横溢の取材。
取材記者の一人の方が、当時の映画のポスターを持参されていたのだが、これがよかった〜!!
雑誌の出来上がりが楽しみである。
ずっとコンビを組みたいと思っていた漫画家のHさんと、数年振りに再会。
K社の編集者のNさんも加えて、映画の話やら何やらで盛り上がり、ムチャクチャいい感触!
今年の秋以降には、手ごたえのある新作が発表できているはずである。

歯医者へ。
死む〜!!!

今から数年前の夏の盛りに、もちろん冷房を切り、密閉されたデパートの中で撮影したホラームービーが、ようやく陽の目を見ることになり、当時のプロデューサーであったKさん、Oさんと打ち合わせ。
今や大活躍中の、若き日の涼平君や高槻純君が出演してくれていて、ここまで封印されていたことに関しては、まったく申し訳ない限り。
いや、しかし、だからこそ、彼らは世の中に出られたのかもしれないが(笑)。

いつものことながら、やにわに仕事が重なりまくり、当然の結果として量が増えて、アップアップ状態。
ああ、またこうして寝る時間が失くなってゆく…。

200億円勝訴!
当然の結果だろう。
しかし、海外に出ると思うことは、戦後かなりの年数が経っているにもかかわらず、日本という国は、島国でしか通用しない常識や体制、固定化されきった価値観、さらには理不尽な税金によって、個性や才能を封殺しているということだ。
ゆえに、こりゃたまらん! と考えた才能ある人々は、どんどん日本を捨てて、海外へと流出してゆく。
また、外から才能を受け入れることで成長発展してきた諸外国は、そういう才能の移植にきわめて寛大だ。(この点も日本とは違う)
いずれ、日本には、欲望と因習に染まったジジイババア以外、何も残らなくなり、滅び去るだろう。
自業自得だけどね……と言ってすませれば簡単だが、真剣になんとか手を打つべきではと考える今日この頃。

|

« 04.01.4th week | トップページ | 04.02.1st week »

日記」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/61844/7389271

この記事へのトラックバック一覧です: 04.01.5th week:

« 04.01.4th week | トップページ | 04.02.1st week »