« 04.04.1st week | トップページ | 04.04.3rd week »

04.04.2nd week

午前中から赤坂にある東北新社へ。
今後は、同社を舞台にしても、いろいろと映画やテレビの企画を実現させてゆく。
しかし、あの「サンダーバード」をはじめとする一連のジェリー・アンダーソン作品で成長してきたといっても過言ではない自分が、それらの作品を提供してくれていた会社とリンクすることになるとは、やはり、人生は面白い。

ひたすら原稿を書き続け、合間に、切り絵アーチストの高木亮さん、そして前回、高木さんデザインのTシャツ製作を手がけてくださったTKのディレクターのTさんとお会いする。
高木亮デザインTシャツ企画の第2弾の発進が決まる。
今から楽しみである。
ちなみに、近々同じTKから、小池一夫&池上遼一の大名作「クライング・フリーマン」のTシャツも発売になる。
こちらも、ムチャクチャにカッコイイ出来である。

朝から必死に原稿を書いて、1本仕上げる。
その後、撮影監督のHさんと待ち合わせて、成城の東宝スタジオへ。
久々に来るが、相変わらず桜が美しい。
助監督のKさんとも合流し、今度、DVDの監督を務めさせていただくことになった、劇団新感線の舞台稽古を見学させてもらう。
今回の物語は、とてもとても自分の好みだし、役者さん達の出来上がりも最高で、かなり期待が持てる。
稽古を見ながら、ついつい一観客として感情移入してしまう。

プロデューサーのYさん、女性カメラマンのMさんと、今度一緒にやることになった若手俳優のDVDシリーズの打ち合わせ。
ちょっと従来とは異なったテイストとクオリティのDVDにできそうで、今から楽しみである。

今日も連続して打ち合わせ。
終わってから、少し遅れて、鈴木繭菓ちゃんのバンド、ピンクパンダのライブへ。
結成から一年ということだが、かなり腕前が上がっているし、CDも発売になるということで、また今後に大期待!
またまた打ち合わせの時間が迫り、残念ながらライブの途中で出る。
イラクで日本人の3人が人質に。
我々の同胞が命の危機にさらされているというのに、この国の対応はいったい何なのか。
建前、偽善、言い訳、逃避、弱腰…。
うんざりだ。
そういうことを繰り返しているうちに、命のカウントダウンは始まっているというのに。

午後2時から、夜中の午前2時まで、ず〜っと連続して打ち合わせ。
ひたすらしゃべり続ける。
途中、さすがに場所だけは変えるが、それにしても…鳴呼!
仕事とはいえ、何をやっておるのかと思う。

アメリカから映画関係のマネージメント&プロデュース会社を経営しているRさんとJさんが初来日。
プロデューサーのOさんの案内で、会食と打ち合わせ。
例によって、日本の漫画やアニメにとても詳しく、こちらが驚かされる。
あとは、これまた例によって、彼らの年齢の若さ。
若者率が圧倒的に少ない日本の映画界に比べると、これはうらやましい限りだ。

|

« 04.04.1st week | トップページ | 04.04.3rd week »

日記」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/61844/7390139

この記事へのトラックバック一覧です: 04.04.2nd week:

« 04.04.1st week | トップページ | 04.04.3rd week »