« 2004年3月 | トップページ | 2004年5月 »

04.04.4th week

午前中から、会議と連続しての打ち合わせ。
これが毎日続く。
合間に、ず〜っと切りたいと思っていた髪を、いつもの恵比寿のHさんのところへ切りに行く。
そういえば、昔は"刈り上げ"にしていたが、最近はそういう人もいないらしい。
短いほうが楽だが、しょっちゅう切らなければいけないのが難点。
昔はそれだけのヒマがあったということか。

4月だというのに、真夏のような気温。
なんじゃこりゃあというわけで、いつもの気象関係の仕事をしている友人と話す。
「ニュースキャスターとか気象予報士はさ、嬉しそうな顔して、事実を伝えるだけだけどさ、ちゃんと裏の"真実"があるんだろ?」
「当たり前じゃん。完全にひどい異常気象で、確実に地球環境全体が滅亡に向かってることは、関係者一同はっきりとわかってるんだけどさ、正式に発表できないだけだよ。もうどれだけ努力したって、絶対に元には戻らないこともわかってるからね。たぶん、このままだと、日本の四季は消滅して、ほぼ熱帯と同じ気候になる日が近いな」
人類って、ひょっとしてバカ?

厚生年金会館で、『キル・ビルVol,2』のジャパンプレミア。
布袋寅泰の生演奏付き。
Vol,1よりも、映画的に完成されている感じがあって、良。
とはいえ、元々1本なわけだが。
しかし、久々に映画が観れた(感涙!)
またまた歯医者だ!
死む〜!!!

必死こいて打ち合わせを終わらせ、渋谷のオーチャードホールへ。
ジャクソン・ブラウンのソロライブ。
前回観たのは、もう十年以上も昔。
円熟味を増しまくったギター&キーボードテクニックに泣く。

朝から延々と打ち合わせ。
夜、某社のパーティ。
いろいろと知った顔、懐かしい顔にも会い、ちょっとまた面白そうなことができそうである。
終えて、戻って、また原稿(大泣)。

ある男から電話。
たまたまとってしまった俺がアホだった。
延々と、自分が今どんな仕事をしているか、自分が関わっている仕事先がどんなに凄いか、ひたすら吹聴と自慢。
途中で電話を叩き切ってやろうかと思うが、大人の会話にして我慢する。
どうやら、自分のやっている仕事のほうが凄いし、自分の関わっている仕事先のほうが凄いと、どうしても言いたかったらしい。
まったく。
私は、私自身と、自分の関わっている仕事以外には、いっさい興味ございません。
他人のやっていることはどうでもよござんす。

ある友人が死んだ。
ずっとフリーでやってきていた男で、最近、ある大きなプロジェクトに参加できることが決定しかけていた。
彼にとっては、一世一代の大仕事になるはずだった。
それを目前にしての死だ。
死因は急性心臓麻痺。
彼には交際している彼女が一人いた。
彼が多忙をきわめていたため、ほとんど会う時間がなかったらしい。
そのことに、彼女は不満を溜めていた。
それも、彼の周囲の友人達は知っていた。
彼と仕事の打ち合わせや会議をしている時に、彼女から頻繁に電話やメールがあったからだ。
その電話やメール攻撃に根負けする形で、不眠不休で働いていたにもかかわらず、彼は彼女と会った。
ベッドを共にした後、急に気分が悪くなり、救急車を呼んだものの、救急隊員が駆けつけた時には、彼の心臓は停止しており、二度と鼓動することはなかった。
事後、情交に関しては、彼女が彼に迫り、彼が断りきれずに行為に至った、ということが判明した。
なぜ女は、男を少しでも休ませてやらなかったのか。
なぜ女は、男の大きな仕事を理解し、バックアップしてやらなかったのか。
なぜ女は、自分の欲望のみを優先させたのか。
なぜ男は、そんな女を拒否できなかったのか。
なぜ男は、自分の本当の意志を極限までつきつめられなかったのか。
なぜ男は、孤独と孤高に徹せなかったのか。
男と女として、その恋愛感情とセックスが成立する以前に、人間として、もっと大切なものが世の中にはあるのではないのか。
もちろん、仕事や夢が人生のすべてだとは言わない。
男女の絆も、とても重要だとは思う。
だが、それに賭ける時が、人間にはあってもいいはずだ。
恋愛感情やセックスを超えて、なお。
ふと、思い出すのは、不朽の名作『あしたのジョー』だ。
パンチドランカーでボロボロの躰になりながら、戦えば一生廃人か死が待っていることを知りながら、それでもジョーは世界チャンピオン、ホセ・メンドーサが待つリングに上がる。
他の若者達と同じように青春を謳歌しようとはせず、ひたすら汗と鮮血が飛び散る戦いの中で、たとえ一瞬にせよ、真っ白に燃え尽きようとするジョーに、普通の女である紀子はついていけないと告げ、ごく普通の男である西と、ごく普通の結婚をし、ごく普通の幸せを手に入れる。
そして、紀子よりは、もっと深くジョーを、男の根源を理解していたはずの白木葉子も、最後の最後でリングに上がらないでほしいと、涙ながらに懇願する。
それでもジョーは…。
つきるところ、ある男が、ジョーなのか西なのかは、その男が持って生まれた資質だと思う。
そして、友人は、ジョーであり続けることができず、土壇場で西になってしまった。
その結果の死だ。
そんなことを考えていたら、F1レーサー達の記事を目にする機会があった。
アイルトン・セナは、イギリスへ渡る時に奥さんと別れてきた。
ジャン・アレジは、妊娠している奥さんを捨てて、家を出た。
ゲルハルト・ベルガーは、子供までいるが、決して籍を入れようとはしない。
片山右京は、「行かないで」と泣きすがる子供に、「おまえに親はいないと思え」と告げて、サーキットに向かった。
彼らの行動を真っ向から正しい選択だという気はないが、普通の人達が望む幸せや愛する者達にも背を向け、完全に切り落とさない限り、本当の仕事に120パーセント集中し、成功することは不可能なのかもしれない。
ごく普通の幸せを望む者には、凡人としての平穏な保証を与える。
その幸せすらも切り落とせる者には、一流としての栄光と勝利を与える。
神が与える代償は、たぶん誰にでも公平なのだ。
そして俺は、普通に、常識的に、形式的に行われるであろう友人の葬儀には出ないことを決めた。
そのことが、戦い続けていた友人に対する、せめてもの花向けだ。

| | トラックバック (0)

04.04.3rd week

テレビのニュースを見ていて気になることの一つに、現場から情報を伝える記者やリポーターの話し方がある。
ただひたすら記事を棒読みにする人、焦りまくってトチりまくる人、一方的にしゃべり続ける人…。
気持ちと状況はわかるが、少なくとも人に伝えるリポートなわけだから、もうちょいプロフェッショナルに徹してくれねえかなあ。

イラクで拘束された日本人3人、解放情報が流れたにもかかわらず、未だ所在と安否が確認できず。
これは決して他人事ではないはずだ。

今週は、スケジュールの関係で、1日に1本のペースで原稿をアップしていかなければならない。
まさか、また、こんな日々が戻ってきてしまうとは…。
しかし、どんなに多忙だろうと、仕事があることに、ただ感謝しかない。
とか言っていたら、全身に蕁麻疹が出て、痒いのなんの。
おかけで、地方出張の一つをとりやめるハメに。
なんてこったい!
痒い痒い地獄の中で、ひたすら原稿を続ける。

ああ、なんということだ!
小説家の鷺沢萠さんが…。
実は、かなりファンであり、パーティ会場で何度か言葉を交し、機会あればゆっくり呑みましょうと言っていたのに、その機会は永遠に失われてしまった。
あまりに惜しい。
合掌。

イラクで拘束された人質3人、無事に解放。
とりあえず、よかった。
今後は、彼ら自身の、一人の個人としての責任と対応が問題になることだろう。
しかし、また別の人達が2人拘束されたという。
これも連鎖か。

ああ、またまたなんということだ!
横山光輝先生が…!
「鉄人28号」「仮面の忍者赤影」「魔法使いサリーちゃん」「バビル2世」…。
心から感謝!
そして、合掌。
040419

憑かれたように原稿を書いて、そのまま新幹線に飛び乗り、京都経由で大津へ。
琵琶湖にある琵琶湖ホールにて、劇団新感線の公演を観劇。
先乗りしていたプロデューサーのSさん、撮影監督のHさん、助監督のKさん達と合流。
そして、ようやく脚本家の中島かずきさんとお会いできる。
お互いに存在を気にしつつ、今まで何度もニアミスがあっただけに、感激。
舞台は仕上がりも上々で最高だあ!
映像のほうも、例によってスタッフが優秀で、ほぼパーフェクト!
東京が楽しみになってきた。
というわけで、再びとって返して東京へ。
新幹線の中でも延々と原稿を書き続け、さすがにグロッキー。

| | トラックバック (0)

04.04.2nd week

午前中から赤坂にある東北新社へ。
今後は、同社を舞台にしても、いろいろと映画やテレビの企画を実現させてゆく。
しかし、あの「サンダーバード」をはじめとする一連のジェリー・アンダーソン作品で成長してきたといっても過言ではない自分が、それらの作品を提供してくれていた会社とリンクすることになるとは、やはり、人生は面白い。

ひたすら原稿を書き続け、合間に、切り絵アーチストの高木亮さん、そして前回、高木さんデザインのTシャツ製作を手がけてくださったTKのディレクターのTさんとお会いする。
高木亮デザインTシャツ企画の第2弾の発進が決まる。
今から楽しみである。
ちなみに、近々同じTKから、小池一夫&池上遼一の大名作「クライング・フリーマン」のTシャツも発売になる。
こちらも、ムチャクチャにカッコイイ出来である。

朝から必死に原稿を書いて、1本仕上げる。
その後、撮影監督のHさんと待ち合わせて、成城の東宝スタジオへ。
久々に来るが、相変わらず桜が美しい。
助監督のKさんとも合流し、今度、DVDの監督を務めさせていただくことになった、劇団新感線の舞台稽古を見学させてもらう。
今回の物語は、とてもとても自分の好みだし、役者さん達の出来上がりも最高で、かなり期待が持てる。
稽古を見ながら、ついつい一観客として感情移入してしまう。

プロデューサーのYさん、女性カメラマンのMさんと、今度一緒にやることになった若手俳優のDVDシリーズの打ち合わせ。
ちょっと従来とは異なったテイストとクオリティのDVDにできそうで、今から楽しみである。

今日も連続して打ち合わせ。
終わってから、少し遅れて、鈴木繭菓ちゃんのバンド、ピンクパンダのライブへ。
結成から一年ということだが、かなり腕前が上がっているし、CDも発売になるということで、また今後に大期待!
またまた打ち合わせの時間が迫り、残念ながらライブの途中で出る。
イラクで日本人の3人が人質に。
我々の同胞が命の危機にさらされているというのに、この国の対応はいったい何なのか。
建前、偽善、言い訳、逃避、弱腰…。
うんざりだ。
そういうことを繰り返しているうちに、命のカウントダウンは始まっているというのに。

午後2時から、夜中の午前2時まで、ず〜っと連続して打ち合わせ。
ひたすらしゃべり続ける。
途中、さすがに場所だけは変えるが、それにしても…鳴呼!
仕事とはいえ、何をやっておるのかと思う。

アメリカから映画関係のマネージメント&プロデュース会社を経営しているRさんとJさんが初来日。
プロデューサーのOさんの案内で、会食と打ち合わせ。
例によって、日本の漫画やアニメにとても詳しく、こちらが驚かされる。
あとは、これまた例によって、彼らの年齢の若さ。
若者率が圧倒的に少ない日本の映画界に比べると、これはうらやましい限りだ。

| | トラックバック (0)

04.04.1st week

また打ち合わせの連続週のスタート。
電車の中で、打ち合わせの合間に、終わってから、ひたすら原作だの脚本だのと原稿を打ち続ける。
ううむ、久々のライターズハイか。
しかし、呑むか、歌うか(笑)しないとやってられん!

ある企画があって、若い役者の何人かに会って、打ち合わせ。
この企画も、新しい力を映像業界に投入していくという意味において、ずっと継続していきたいものなのだが、果たして?!
しかし、日本の業界は、初期投資をなるべくせずに、雇用サイドだけが早めに儲けようとする体質が根本的に染み付いてしまっているので、よく指摘されるように、なかなかにいい俳優を育てることができない。
問題だ。
実際、これから俳優を目指す人達は、システム的に貧困な日本よりも、明らかに演劇や映画の伝統と経験の強みに裏打ちされた、イギリスやアメリカで勉強したほうが絶対にいいだろう。

香港から、いろいろとマルチに活躍しているCさんが突如来日。
互いにあまり時間がなかったが、今後の仕事の展開に関して、即決で具体的な話し合い。
そのパワフルさとアグレッシブさ、そしてリアクションの速さには、例によって感心。
会議にかけてみなければわからない、上司と相談してみないといけない…とかいう言葉を連発して、自分で決めることのできないどこかの国の会社の方々とは大違いである。

またまた歯医者。
死む〜!!!


先週監督した内田さやかちゃんと花井美里ちゃんのユニット"ミルキーレモン"のクリップの編集作業。
午後から夜中までスタジオ。
いつもながら優秀なスタッフの協力を得て、なかなかに面白い形にできたと自負する。
ちゅうか、趣味丸出しじゃあ!
現場も編集も楽しかったなあ!
で、帰ってから、また原稿(泣)。
で、そのまま寝ないで、久々に自宅に戻って洗濯(泣)。
で、洗濯している合間に、また仕事(泣)。

| | トラックバック (0)

« 2004年3月 | トップページ | 2004年5月 »