« 04.07.3rd week | トップページ | 04.07.5th week »

04.07.4th week

世間は連休最終日かあ。
クソ暑いし、すげえ人出だろうなあ……というわけで、夜中まで一歩も外に出ずにひたすら原稿。
特に外に出る用もないしね。
ただし、合間に電話で次々と打ち合わせ。
久々にチラリとTVでニュース。
世界各国で、豪雨、洪水、地震……。
以前にも何度か気象関係の仕事の友人と話したことだが、地球全体が温暖化現象などにより、ゆるやかにだが、確実に崩壊に向かっているのだ。
にもかかわらず、真剣にまともな対応策が打たれていないわけで、これは当たり前の話だが、自業自得の結果なのである。
日本も毎年夏が長くなっているが、熱帯化する日もそう遠くはないだろう。

午前中から、小池一夫先生の事務所へ。
うちに持ち込まれてきている複数の案件を先生に伝える。
先生とは、電話よりも、直接会って話したほうが早いのだ。
終えてから、プロデューサーのKさんと、先日の映画の追撮の打ち合わせ。
いろいろとアイディアがまとまってくる。
諦めないもんね。
終えた足で、自宅に戻る。
例によって、溜まりに溜まった日常の雑用を片付けつつ、原稿。

ん?
ちょっと喉が痛い。
ヤバイ、夏風邪か?!
暴れまくって汗を出しきり、アメリカから取り寄せているビタミンCの強烈タブレットをゴンゴン呑む。
来週、大阪で、小池先生が総長を務める星野仙一氏の"新仙組"のイベントがあり、久々に大阪に行くことになったわけだが、某ホテルに予約を入れると、"満室です"とつれない返事。
いや、満室は仕方ないが、従業員の吐き捨てるというか、面倒臭いというか、客をゴミ扱いというか、いったいその口の利き方はなんだ!
ホテルって接客業じゃねーのかよ、おい?!

朝から事務所で原稿の仕込み。
昼、久々に故郷の友人と昼食。
例の本物のオーガニックのレストラン。
しかし、いつも女性客ばっかだ(汗!)
故郷の友人と言っても、別に地元話に浸るわけではなく、実は仕事の話。
その後、連続して、担当編集者と「週刊漫画ゴラク」の打ち合わせ。
1本の連載を終了し、1本の新連載を起こすことで、話がまとまる。
うん、それがいいペースだ。
さらにその後、プロデューサーのIさんと打ち合わせ。
これは漫画の話ではなく、映画の仕事。
途中から撮影監督のHさんも合流して、いろいろと話す。
終えてから、事務所にとって返し、原稿の続き。
夏風邪が悪化。
ううむ、オッサンはこれだからな〜。

少し多めに寝る。
夏風邪、可もなく不可もなく。
六本木のグランドハイアットにて、プロデューサーのKさんと共に、某芸能事務所の社長と秘密の打ち合わせ。
ここのホテルは、店がいくつか入っているうえに、ちょっと迷路っぽく、また外人客がやたらと多く、適度に怪しい人種もいたりして、すぐに出入りをチェックできるので、この種の打ち合わせにはもってこいなのだよ。
その後、Kさんと、延々と仕事の打ち合わせ。
次いで、A社に行き、先日撮った『戦ガール』の追加撮影と編集の打ち合わせ。
協力な助っ人として、有名CMディレクターのAさんに来ていただき、テクニックをいろいろと教わる。
このAさんは、またしても俺の大学の先輩だが、いや〜、そのセンスの良さと、教え方のうまさに感激!
その後、プロデューサーのIさんと、二度に渡って、電話で打ち合わせ。
終わって帰り、事務所でメールをチェックすると、なんと50数通!
これでも朝一度チェックしてるんだぜ!
とりあえず、読むだけ読んで、急ぎのものだけ返事を返す。
うう…。
さすがに疲れて、バタン。

なんということだ!
朝起きると、けっこう咳がひどい。
あ〜あ、数年振りに本格的に夏風邪だよ。
薬とビタミンCのタブレット。
しかし、休む間もなく、ある密令をおびて(そんなカッチョいいもんじゃないんだけど)、新幹線に飛び乗り、某市へ日帰り出張だあ!
車内で本を読み、脚本をチェックし、原稿を書く。
某組織のお偉いさんと昼食会。
ちょっとビビる。
東京に戻るやいなや、その足で、久々に歯医者へ。
し…死む〜!!!
でも、ここの歯科医院は、今までかかった中で一番いい。
終えて、表参道へ向かい、プロデューサーのIさんと打ち合わせ。
一旦事務所へ戻り、書類などの整理をすませ、役者のK君と待ち合わせて、同じく表参道の某クラブへ。
以前、俺も1本監督させてもらった『ベイビースタイル』のクラブイベント。
ところが、ちょっと時間が早すぎて、俺もK君も"場違い"。
すぐに飛び出して、神楽坂で行われている脚本家のNさんの飲み会に乱入。
神楽坂自体が今日は阿波踊り祭り(?!)で大にぎわい。
Nさんの御宅で、様々な方にお会いして、さあ、これから…という時に、呼び出し。
K君を女優軍団に預け、表参道のクラブにとって返す。
先ほどとは大違いで、強烈なにぎわい!
う〜む、数年前に、西麻布でクラブの経営に関わっていた時代を思い出すぜ。
待っていてくれたプロデューサーのKさん、脚本家のIさん、女優のAちゃんと、シャンパンをゴンゴンいきながら、ものすごい大音響の中で怒鳴り合うように話していたら、すっかり声が嗄れてしまったよ。
イベント終焉間際、外へ出て、みんなで夜食。
夜中だが、暑いな〜。
帰って、さすがにダウン。
何やってんだか…。

ハッと目覚めると、う〜、二日酔いじゃ!
K君からも無事に帰ったが、二日酔いです〜とメールが。
しかし、手前なりのノルマがあるので、何があっても働かにゃならん。
うう…。
そういえば…。
先日、またまたある場所で、ケンカを売られた、それもまったく見ず知らずの業界人に。
あまりによくあることなので、もはや慣れっこだけどね。
つまり、おまえは原作者なのか、プロデューサーなのか、監督なのか、いったい何なんだ?! どうして一つのことに集中しない?! 漫画なら漫画、小説なら小説、映画なら映画一筋に! そんなにフラフラしてると大成しないぞ! うんぬんかんぬん。
いや、だからさ、なんで一つのことに集中せにゃならんの? なんで大成せにゃならんの? 
ワシはやね、好きなことがやれれば、それでええのんよ。
別に大成功を前提にしとるわけやないんよ。
その時その時で、好きなことがやれてれば、結果はどうでもええのよ〜ん。
のほほん。
二日酔いのせいか、夏風邪のせいか、呑んだ薬のせいか、まったく躰が動かなくなり、そのままダウン。
例によって、ハッと気づくと、夕方の6時!
慌てて飛び起きると、躰、動くようになっていて、二日酔いも消えている。
でも、夏風邪の咳はダメ。
ドドッと食事を採り、メールの返事を返してから、外へ飛び出す。
プロデューサーのOさんと打ち合わせ。
終えて帰ると、先の映画のスタッフの方から、クレームのメールが。
先のDiaryで記した文章が、かなりの不快感を与えてしまったらしい。
もちろん、そういう目的を持って書いているわけではないので、さっそく読み返し、プロデューサーのKさんとも協議して、問題の部分を削除し、お詫びのメールを入れる。
ただ、自分の正直な思いを、信念を持って書いている部分だけは、そのまま残させてもらう。
ああ、俺も、まだまだ修行が足りんなあ……。
その後も、今後の仕事に関しての、もろもろのメールの整理。
さあ、明日から、また密令を受け、某所へ出張である。

|

« 04.07.3rd week | トップページ | 04.07.5th week »

日記」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/61844/7390750

この記事へのトラックバック一覧です: 04.07.4th week:

« 04.07.3rd week | トップページ | 04.07.5th week »