« 04.10.4th week | トップページ | 04.11.1st week »

04.10.5th week

早朝、渋谷駅へ。
プロデューサーのOさんと待ち合わせ、成田エクスプレスにて、成田空港へ向かう。
車中、精神を失調した若い女性が乗っており、大声で男への怨みを叫ぶ。
こういう女性の姿は、以前にもカフェなどでも見かけたことがあるが、本当に気の毒だと思うものの…。
香港へ。
実に数年振りか。
当然、機内では、Oさんと共に爆睡状態。
空港まで、某企業のドライバーが迎えに来てくれていたのだが、ちょっとした行き違いから、なかなか巡り会うことができず、いきなりいつもの俺の旅と同じく、やはり珍道中と化す。
なんとか邂逅できて、車でワンチャイにあるホテルまで。
しかし、こちらは日本に比べて、まだまだ暑い。
が、あまり湿気を含んでいなくて、ちょうどいいくらい。
ちょっと通りを歩くと、ううむ、ヤバイ、例によって、異様にピッタリくるこの感覚。
香港とNYが、どういうわけか、東京よりも俺っちの膚に合っておるのだよ。
旧知の香港人の親友のTさんと待ち合わせ、先日彼女が開いたばかりの日本語学校へ。
すでに会社化もしていて、やっぱり、先日のパティシエ修行の友人といい、女性のほうがしっかりしておるのは、どこの国も同じか。
タクシーに乗って、セントラルにある香港に三軒しかないという、オープンしたばかりのロシアンレストランへ。
(なんと、下の階はまだ工事中! こういうラフさが香港らしい)
まるまる完全貸切にしていてくれて、驚く。
ここのオーナーが、やはり俺の香港人の"酒マスター"であるSさんの友達なのだ。
そのSさん、同じく香港人の俺の親友のIさん、そして、今回何よりも会いたかった撮影監督のアーサー・ウォンさんと奥様のアイビーさん、香港だけでなく、今世界的トップモデルのヴァネッサさん、香港のTVシリーズで活躍中の若手男優のラムさん、Sさんの会社のシンガポールの総責任者Kさんと、一瞬にして、大飲み会へと突入!
またもや、飲めない人は友達じゃないとばかりに、イッキイッキイッキ! の大嵐!
気がついたら、フェイ・ウォンの専属スタイリストだの、香港でも有数の大企業の幹部だの、なんだか凄い人達が次々と乱入!

そんな中、超大先輩のアーサー・ウォンさんと意気投合できたのは、なんとも夢のよう。
彼が撮影監督を務めた何本もの映画のうち、『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・チャイナ〜天地大乱』『ドラゴン・イン』『宋家の三姉妹』は、俺の中でもかなり特別な作品である。
今彼は、ハリウッドに呼ばれて、ミラ・ジョゴビッチ主演の最新作を撮り終えたばかりだという。

そこから先は、彼の大好物の葉巻をもらいつつ(ああ、十数年振りに禁煙の誓いを破ってもうたよ!)さっそく秘密の企画会議。
ハッと気がつくと、すでにプロデューサーのOさんは轟沈して、また日本人は俺一人で、全員へべれけ。
俺も足下がヤバかったが(こんなことは、親友の永澤俊矢さんの結婚報告会食以来だよ)、なんとかかんとかホテルまで帰りつく。
この明るさ、アグレッシブさ、ムチャクチャさは、日本人の業界にはないもので、俺ァやっぱりこういうののほうがいいなあ!

爆睡の後、早朝に起きる。
復活したOさんと、近くのカフェで朝食。
Oさんも、かなりの仕事を抱かえており、日本とのやりとりで忙しい。
その後、フェリーに乗って、チムサァチョイに移動。
いつも香港に来ると立ち寄る飲茶屋で昼食を摂りつつ、Iさんと待ち合わせ。
Iさんの案内で、モンコク近辺で、いろいろと買い物。
それでまた夜は、Sさんのコネクションで、会員制の上海料理店とカラオケクラブをハシゴと相成る。
アーサー・ウォンさんと奥様のアイビーさん、Sさんの義理のお兄さん、某映画会社の副社長のDさん、監督のAさん、さらに後から、Sさんの友達のモデルだの、Aさんのガールフレンドの女優だの、次々と押し寄せる。
そしてまたまた、今日もアーサー・ウォンさんといろいろ話しているうちに、周りは前後不覚の人だらけに(笑)
今日はOさんも轟沈しなかったものの、かなりへべれけで、振り出した雨の中を、二人してフラフラとホテルへ帰投。
あ、そーいや、香港でこれだけの雨に降られたのは初めてのことかも。

朝、Oさんとカフェで打ち合わせ。
お互いに仕事を抱かえていたので、空港で落ち合うことにして、別行動に。
ホテルをチェックアウトし、タクシーでセントラルへ。
このタクシーの運転手のオッサンの英語が、俺の英語よりもさらにひどく、もうメチャクチャ。
それでも、なんとかTさん、Iさんと合流して飲茶、今日はいろいろと仕事の企画の話。
Tさんは仕事に戻り、Iさんと一緒に仕事の話をしつつ、エアポートエクスプレスで空港まで。
空港で無事にOさんと合流し、一路日本へ帰国。
着くやいなや、俺もOさんも、その足で仕事先へ。
飛行機で少し寝た分、朝まで溜まりに溜まっていた仕事の処理に費やす。
そこへ、フランスに留学中のパティシエの友人よりメール。
早くも逞しくやっているらしい。

さすがに、いつもより少し多めに寝る。
が、9時には起き出して、仕事。
午後、渋谷にある制作会社のS社に行って、プロデューサーのIさん、ラインプロデューサーのYさん、撮影チームのKさんとMさん、キャスティングディレクターのTさんと打ち合わせ。
終えて、即攻で事務所へ。
原稿、ひたすら原稿。
香港で大暴れした分のツケが。

朝、山のような書類仕事に追われる。
午後、赤坂の某レストランにて、H社のプロデューサー、Hさん、Yさんと定期打ち合わせのランチミーティング。
終えて、一旦事務所に戻り、書類仕事の続きで、メールのチェックと返信、契約書類の確認、電話とFAXへの返信、もろもろ。
が、終わらずで、タイムリミット。
美人マネージャーのNさんから急遽御招待いただいていたので、慌しく飛び出し、渋谷のパルコ劇場へ。
弟分の涼平君が出演している舞台『夜叉が池』を観劇。
おお! 涼平君、二役なわけだが、双方共にハマり役で、成長著しい。
が、後ほど彼とも話したのだが、ナマの丹波哲郎先生の舞台姿を観れたことが、これは一番の収穫である。
ハネてから、代官山の某店で涼平君と合流し、久々にややゆっくりと話す。
彼とは、映画『Bird,s Eye』以来組んでいないので、またぜひ一緒にやらねば!
しかし、テレビのレギュラーも抱かえているし、お互いのスケジュールを合わせるのがひと苦労だな、こりゃ。

午前中から、表参道にて、アメリカから来日中のハリウッドのプロデューサー、TさんとPさん、Oさんと映画『LoneWolf & Cub』の打ち合わせ。
今週は東京国際映画祭、来週からLAでのAFMと、映画関係者は大忙しである。
終えた足で、渋谷のS社に向かい、プロデューサーのIさんとYさん、助監督のMさんと、スタッフミーティング。
またまた終えた足で、小池塾の講義へ。
今日は、第一期でもやった"抜き打ちキャラ起て原稿書き"。
う〜む、とどこおりなく全員が書けているところは、なんとも優秀。
合間に、第一期OBのMさんと、仕事関係の打ち合わせ。
実は、漫画の原作の作業に関して、以前よりずっと考えていたプランを実行に移そうと思っているのだ。
またまたまた終えた足で、表参道に戻り、プロデューサーのOさんと打ち合わせ。
Oさんが来週からLAなので、託すことがいろいろとあるのだ。
本当は俺も行きたいのだが、行っている場合じゃないわけで(泣)
雨足がひどくなる。
さらに、またまたまたまた、今度はA社の社長のKさんと、神谷町にあるロイヤルホストで打ち合わせ。
初めて入るファミレスだが、お! 表参道の同店と比べると、店の作りも悪くないし、ウェイターの態度も少しレベルが上。
(表参道の同店は、オーダー取りを忘れることがしょっちゅう、さらにひたすらマニュアル通りにしか話せないウェイトレスが多い)
終了午前4時。
さすがに心身共にクッタクタで、そのままダウン。

朝から、例によって、日課の書類仕事。
メール、契約書、支払い関係……ああ、ああ、ああ、もう!
六本木に向かい、バッグのデザイン展に顔を出す。
過日、香港の親友TとIさんから紹介されたバッグデザイナー、米澤里絵さんの作品を観る。
そのまま、近くのカフェで、脚本家の林壮太郎さんと打ち合わせ。
慌しく私用と雑用を済ませ、トンボ帰りで事務所へ。
ああ、ああ、ああ!!
そーいや、今日はハロウィンだったのか。
やたらといろいろな場所で、扮装した親子の姿を見かける。
しかし、ハロウィンって、日本は関係あんだっけ?
ハロウィンっていやァ、ジョン・カーペンターの映画しかない俺だが。
とかなんとかいいながら、合間に、本を読み、DVDを観ている俺。
しかし、本当に面白い小説にはめっきり出会うことがなくなり、買ってはみるものの、話題作もベストセラーも、ほとんど途中でつまらなくなり、ブックオフへ直行! 
結局、ハメットとかヘミングウェイとか丸山健二とか村上龍とかを読み返し、新しいものはすべてノンフィクション一辺倒に。
(あ、友人の中島たい子さんの、すばる文学賞受賞作『漢方小説』は、お世辞抜き、最近唯一面白かった小説だ! あと、島田荘司先生の新作とか)

|

« 04.10.4th week | トップページ | 04.11.1st week »

日記」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/61844/7395526

この記事へのトラックバック一覧です: 04.10.5th week:

« 04.10.4th week | トップページ | 04.11.1st week »