« 05.01.4th week | トップページ | 05.02.1st week »

05.01.5th week

午前5時起床。
ひたすら資料用の本の読み込みとDVDのチェック。
合間に、チラチラとテレビを見るが、う〜ん、ドラマもバラエティも、なんかつまんね〜。
結局、いつもながらのニュースとドキュメンタリーに落ち着く。
しかし、税金の異様な無駄使いをはじめとして、やはり、この国は末期的症状か。

午前5時起床。
夕方、プロデューサーのIさんと共に、青山のI社に出向き、もろもろ打ち合わせ。
終えた足で、ある作品の編集チェックに向かうが、ううむ、納得がいかん。
ちょっと頭を切り替える意味もあって、渋谷にて、某局のディレクターのSさん、脚本家の渡辺千穂さんと会食。
渡辺さん、漫画の原作も始められるということだが、その言葉の端々に独特の才気が感じられて、期待大である。
脚本家から漫画の原作者としてサバイバルできた人は数少ないが、彼女のような新世代が参戦してくることで、その歴史も塗り替えられるかもしれない。
よいことだ。
再び、編集チェックに戻る。

午前6時起床。
午後、久々に神谷町へ。
ちょっとここの街には、穴場の店がいくつかあって、実は重宝しておるのだ。
で、そのうちの一つに入り、原稿チェック。
本屋も小ぶりながら悪くない店があるので、ちらりと覗いて、鳴呼! また何冊か買ってしまう。
プロデューサーのIさんと合流し、テレビ東京内の喫茶店にて、ある女優さんと、そのマネージャーさんと打ち合わせ。
終えた足で、ホテルオークラ別館へ向かい、某俳優事務所の社長さんと面談。
たちまちタイムリミットになり、慌しく飛び出し、さる重要な打ち合わせへと向かう。
地下鉄に乗ったわけだが、暖房と満員の人いきれで、ほとんどサウナ状態。
池波正太郎先生もその著書で書いてみえるが、例えば、デパートでも、暖房をガンガンかけまくり、その中で従業員は半袖で働いているが、寒い外から入ってきた客のほうは、すぐ汗だくになり、そのまま、また寒い外へと出なければならない。
これでは風邪をひいたり、体調を壊すのも当然ではないか。
電車の状況もまた然りで、つまりは、客のことを何も考えていないのだ。
ま、この国の特徴だが。

午前6時起床。
午後から、某出版社へ行き、重要な契約の打ち合わせ。
終えた足で、プロデューサーのIさんと合流し、赤坂のT社に行って、同社のプロデューサーのHさんと打ち合わせ。
さらに、表参道にて、プロデューサーのOさんと合流し、さらに打ち合わせ。
終了午後11時半。
ひたすら打ち合わせに明け暮れた一日。
その間に、香港とやりとりし、大阪で開かれる有名ファッションブランドのパーティにカメラマンと通訳を派遣する手配。
ワシゃいったい何をやってるんだか。
嫌いじゃないけど。

午前5時起床。
原稿。
以下、ず〜っと原稿。
合間に、資料本読みとDVDチェック。
うぐぐ、ニュースをチェックしていると、議員年金だの役人高待遇だの何だのと、国民の血税をこの国は何だと思ってるんじゃい! という話が次々と。
ホンマに腹立つな〜!!!
あっと思い出し、ある人から見ておくように言われていたカトリーヌ・ブレイヤ監督の『ロマンスX』をDVDで観る。
う〜む……。

|

« 05.01.4th week | トップページ | 05.02.1st week »

日記」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/61844/7395867

この記事へのトラックバック一覧です: 05.01.5th week:

« 05.01.4th week | トップページ | 05.02.1st week »