« 05.03.2nd week | トップページ | 05.03.4th week »

05.03.3rd week

午前4時半起床。
脚本書き。
夜、プロデューサーのIさん、I社の広報のMさんと、明日の『マギー's犬Jr.』記者発表試写イベントの打ち合わせ。

御多分に洩れず、連日、花粉症がひどい。
毎年使用している薬と点鼻薬の併用で、とりあえずは治まる。

ライブドアVSフジテレビ。
部外者には面白い。
いわゆるIT関係の友人達から裏話を聞いている限りでは、きっと意外な結末を迎えるはず。

午前5時起床。
脚本とプロット書き。
時間ギリギリまでやって、日比谷の東京商工会議所ビル内にある東商ホールへ。
プロデューサーのIさんと合流して、控え室へ行くと、及川奈央ちゃんと白川裕二郎君が、『マギー's犬Jr.』主題歌の振り付けの練習中。
おお! なんだか予想外に面白いぞ!
二人と一緒に記者発表に臨むも、睡眠不足と花粉症の薬のチャンポン効果で、眠くて眠くて仕方なく、席上で意識を失うまいと必死。
いつぞや師匠の小池一夫先生から、「記者会見っていうのは眠くなるぞ〜」と言われたことを思い出すが、まさに。
次いでの試写イベントには、思ったより大勢の人達に来ていただいて、感謝。
一緒にやった役者さん達や小池塾の塾生諸氏の顔もあり、嬉しい限り。
しかし、あくまでもネットシネマという、PCの画面上で見る作品に特化して撮った作品だけに、大画面で観てもらうというのは、ちょっとアラが目立つ感じで恥ずかしいよお。
チャリティオークションでは、劇中で使用したマギーの煙管に17万の高値が! ううむ。
終わってから、プロデューサーのIさん、俳優の伊東丈典さんと、ちょいと茶をしばく。
その足で、都内某所へ向かい、秘密の打ち合わせ。

午前6時起床。
終日、脚本書き。

午前5時起床。
都内某所へ向かい、今日も秘密の打ち合わせ。
さらに夜、別場所にて、秘密の会議。

午前6時起床。
脚本書き。
スパイラルホール前で、俳優の塩野勝美さん、作曲家のまついえつこさんと待ち合わせて、編集マンのFさんのスタジオへ。
去年、若い役者さん達と撮った自主映画の編集チェックと音楽打ち合わせ、並びにアフレコ。
終えた足で、表参道の"パピヨン"にて、プロデューサーのIさんと一緒に、脚本家のTさん、Sさんと、ある企画の脚本打ち合わせ。
一旦事務所にとって返し、脚本の続き。
夜、神保町へ向かう際、電車の中で、脚本家の三宅龍太さんとバッタリ。
プロデューサーのIさんと再合流し、某出版社の方と企画の話し合い。
終えてから、某誌の副編のNさんと、鮨屋にて会食し、漫画原作の打ち合わせ。

午前5時起床。
プロットと漫画の原作書き。
夕方、タクシーで新宿御苑へ向かうと、このコースで初めて遭遇する大渋滞。
途中、逆ギレした後列の若いニイちゃんが、わざわざ車から降りてきて、タクシーのボンネットを拳でぶっ叩いたのには驚く。
そんなことしたって、ず〜っと前から詰まってるんだから、渋滞は解消しないんだよ、ッたく。
小池一夫塾第2期の修了式。
やっぱり、時が経つのが速い。
そして、早くも6月には、第3期がスタートする。
終えてから、第1期OBの人妻作家であるMさん、Tさんと会食して、いろいろと話す。

午前6時起床。
終日、脚本書き。

地下鉄サリン事件から10年。
あの日のことは、未だに忘れられない。
個人的には、第一報を聞いた時は、西村寿行先生の小説「いざ去りなん、狂人の国を」にそっくりだと思った。
そして、これまた西村先生の小説と同じく、この国は、例によって、未だに被害者に対して後手後手のままだ。
情けない。

『「仁義なき戦い」をつくった男たち〜深作欣二と笠原和夫』、読了。
監督と脚本家の幸福なバトル。
『明日のジョー』における、原作者と漫画家のバトルに似ている。

|

« 05.03.2nd week | トップページ | 05.03.4th week »

日記」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/61844/7396236

この記事へのトラックバック一覧です: 05.03.3rd week:

« 05.03.2nd week | トップページ | 05.03.4th week »