« 05.04.3rd week | トップページ | 05.05.1st week »

05.04.4th week

DVDで『恋愛適齢期』。
なんだ、これは!!!
とにかく、わかってはいたことだが、役者陣の圧倒的な演技レベルの高さに、思わず何度も何度も何度も何度も何度も観返す。
ジャック・ニコルソンとダイアン・キートン、この男優女優の演技ステージに並べる、彼らと同い年の役者は日本には皆無だろう。
特に若い役者諸氏は、この二人の珠玉の音声解説を心して聞け!

情報公開が解禁になったというわけで。
7月よりスタートするTVドラマ『ウルトラマンマックス』、自分が監督を担当する回のコスチューム打ち合わせを東宝コスチュームにて。
今回はプロデューサーを務める八木毅さん(『ウルトラマンコスモス』の時は、俺が書いた脚本を監督してくださった熱血の才人!)、メイン監督である金子修介さん達と、ずっとブレストを重ねてきた新しいウルトラマンが、ついにそのベールを脱ぐ時が来た。
とにかく、金子監督だけではなく、三池崇史監督、実相寺昭雄監督も参加予定で、脚本チームも新しい才能が参画して、現場も熱い。

実は、もう一つ、別のTVドラマのシリーズにも関わっていたりして(こちらはまだ情報公開厳禁!!)、都内某所でその打ち合わせ。
延々日付が変わるまで。
しかし、こちらも各業界の才人が結集していて、かなり面白い作品になるはず。
が、ずっとまともに寝られない日々だけど。

終日、『ウルトラマンマックス』の監督ロケハン。
スタッフがひじょうに優秀なので、監督としてはとても楽チン。
探してきてくれたロケ場所も、なかなかによくて、イメージが膨らむ。

昨日に続いて、終日『ウルトラマンマックス』のメインスタッフロケハン。
チーフ助監督のOさんはじめ、各パートのリーダーがプロフェッショナルなので、今日もまたまた楽チン。
毎度のことながら、本当にスタッフに恵まれて自分は幸せ者だと思う。

終日、別のTVドラマシリーズの女優オーディション。
終わると、さすがにグロッキー。
同郷の若い女優さんが何人かいて、おお、俺っちの田舎からも、こんな可愛い女の子達が出るようになったのかと感慨深い。

ある若者向けの雑誌のインタビュー。
"フック"がないと、仕事は面白くならないし、受ける意味はないという話をする。
あくまでも自分だけの"フック"なので、それが他人に当てはまるかどうかはわからない。
例えば……。
『ウルトラマンマックス』では"ウルトラマンを初めて書く脚本家、初めて撮る監督が集結して、史上最強のウルトラマンを創造する"というテーマ、『マギー's犬Jr.』では"今後未知数の可能性を秘めたネットシネマという媒体で、連載漫画のように映画を引きで展開する"というコンセプト、『劇団新感線ライブデジタルシネマ〜髑髏城の七人(アカドクロ)』では"劇団☆新感線の舞台を、単なる舞台中継ではなく、新国立劇場にカメラ13台を入れて映画のように撮る"という初の試み、ブログ小説では"まったくの新人女性作家の人達を、ブログ小説という媒体でプロデュースする"という自分にとっては未知の領域の体験、それが"フック"なわけである。

『ウルトラマンマックス』、第3話と第4話の村石組の撮影現場を覗きに行く。
村石監督、もはや芸術的とも云えるスピーディかつ細かい演出でお見事。
途中、金子修介監督や三池崇史監督も見学に現れ、なかなかに豪華かつ楽しい展開に。
錚々たる監督達に囲まれていると、俺なんか、当たり前だけど、まだまだ、ただのチンピラです(汗!)

|

« 05.04.3rd week | トップページ | 05.05.1st week »

日記」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/61844/7396478

この記事へのトラックバック一覧です: 05.04.4th week:

« 05.04.3rd week | トップページ | 05.05.1st week »