« 05.06.1st week | トップページ | 怪獣に吸われちゃった脚本家 »

ミポリンに救われる

いつものことながら、面白ければいいんじゃあ! と、いわゆる”つながり”というやつをほとんど気にせずに撮ってしまう奴なのだが、今回の『ウルトラマンマックス』は合成カットも多く、”暴走”は許されなかった。
(基本的には、どういう撮り方をしても、映画はカットさえあれば必ず繋がるというのが、偉大なる先輩諸氏からも教えられたワタクシの持論なのだが)
そこで、生まれて初めてスクリプターという人に救われた。
今回のスクリプターは、スケジュールの都合で梶組だけを担当してくれた”ミポリン”こと、飯塚美穂さん。
今までさんざんスクリプターに関してはバトルってきたワタクシにとって、初めて安心してすべてをお任せできた貴重な存在。(さすがは平成ゴジラシリーズを担当してきたキャリアの持ち主!)
現場では”女親分”呼ばわりしてすんませんでした→ミポリン
というわけで、写真は、カイトとミズキに”芝居のつながり”を説明してくれているミポリンの勇姿!
0604

|

« 05.06.1st week | トップページ | 怪獣に吸われちゃった脚本家 »

映像監督」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/61844/7371914

この記事へのトラックバック一覧です: ミポリンに救われる:

« 05.06.1st week | トップページ | 怪獣に吸われちゃった脚本家 »