« 脚本は後半戦へ! | トップページ | CG合成アップ! »

05.07.3rd week

テロ問題。
ヨーロッパほどではないにせよ、アメリカに比べると、サイバーテロへのカウンターも含め、日本の国内テロ対策はかなりの遅れをとっている。
つまり、そういうノーテンキな国に生きているということを自覚する必要があるということだ。

異常気象問題。
もはや世界規模なわけだが、やはり日本という国が、それに対してもノーテンキな対応しかしていないことを、皆さん、御存知か。
四季があるとはどういうことか。
風情風流があっていいというのは、"実は人間が住みにくい気候"であることをゴマかすための昔ながらの詭弁。
とりあえず、ヤバいことは先送りしてしまう日本人気質の表れか。
そのゴマかしが、今、現実的にきかなくなってきている。
つまり、今後日本は、もっとひどい自然災害に見舞われるということなのだ。
これまた自覚している必要がある。

税金の支払い。
税金払うために、借金せにゃならんって、どんな国じゃ?!

前歯を折る。
理由は秘密。
差し歯に。
トホホ。

午前5時起床。
溜まっていた雑務を片付ける。
ある映画監督のDVDを、一カットごと脱帽しつつ、再観。
一カットに込めるパワー、一コマに込めるパワー、映画と漫画は確かに侮れない共通項がある。
基本は同じ、しかし根本的に異なる。
そこが難しくも、面白い。
夜は、例によっての脚本書き。

"破壊王"橋本真也、逝く。
早い。
あまりにも早過ぎる。
一蹴りで相手の肋骨のすべてを叩き折るほどの重戦車キック、彼にしか使いこなせなかった"名人芸"とでもいうべき垂直落下式DDT。
それらを生で観ることは、もう二度とできない。
また、やはり若くして逝った冬木弘道の遺骨を抱き、有刺鉄線電流爆破のスパークの中に飛び込んでいった"侠気"。
小川直也との勝負も確かに見事だったが、眼前で観たこともあって、個人的にはロシアの"レッドブル軍団"との戦いが最も印象に残っている。
天国のリングでも永遠の"破壊王"であり続けんことを———。
合掌。

午前5時起床。
ずっと午後遅くまで、漫画の原作書き。
夕方から深夜まで、『ウルトラマンマックス』のCG合成チェック。
一刻も早く現場に出たい。
どんなに心身共に過酷であろうと。
書くという仕事よりは、はるかに健康的だよ。

午前5時起床。
ひたすら脚本。
夕方、プロデューサーのIさんと、スケジュールとキャスティングの打ち合わせ。
今年いっぱいはフル稼働だが、来年はまったく仕事がなかったりして(泣)

午前5時起床。
書類仕事を片付ける。
午後、このチャンスを逃したら、またしばらく行けないので、断髪に。
切ってもらっている間、ずっと寝ている。
この感覚、何かと似ていると思ったら、歯医者の椅子に座っている時と同じ。
治療中、よほど痛くない限り、よく寝てしまっている。

午前5時起床。
朝から、都内某社にて、新ドラマの脚本会議。
終えた足で某地へ出張。
車内、ノートパソコンにて脚本書き、そして送信。
例によって、身動きできない車内のほうが筆が進む。
しかし、揺れが心地よくて、すぐに寝てしまうことも多々。
たまに、マナーの悪い客が乗ってきたりすると、ケンカになったりもする。
やれやれポンチ。

午前5時起床。
トンボ帰り。
再び、脚本。

|

« 脚本は後半戦へ! | トップページ | CG合成アップ! »

日記」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/61844/7397407

この記事へのトラックバック一覧です: 05.07.3rd week:

« 脚本は後半戦へ! | トップページ | CG合成アップ! »