« エリーはこうして生まれた | トップページ | ゼットンとキングジョーの八木組を見学 »

本編と特撮をドッキングさせる

昨日は、ワタシクが監督した本編部分と、菊地雄一さんが監督した特撮部分の、いわばドッキング作業。
特撮部分を映像として目の当たりにするのは、昨日が初めて。
板野一郎さんのデザインになる”スターキラー”ケサム(第7話)、”吸命宇宙生物”バグダラス(第8話)が、ウルトラマンマックスと死闘を繰り広げる様は圧巻!
バトルの隋所に、菊地監督ならではの、おおッ! といういい意味での”遊び”が盛り込まれ、これが面白いんですわ、ホンマに!
わかってまんなあ、というやつ。
さらに、このドッキング映像に、板野サーカスと鹿角マジックがプラスされて、いよいよ完成へ向けてGO! となるわけです。
早く見たいよお!←駄々っ子

|

« エリーはこうして生まれた | トップページ | ゼットンとキングジョーの八木組を見学 »

映像監督」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/61844/7373139

この記事へのトラックバック一覧です: 本編と特撮をドッキングさせる:

« エリーはこうして生まれた | トップページ | ゼットンとキングジョーの八木組を見学 »