« 2005年7月 | トップページ | 2005年9月 »

05.08.4th week


今週はず〜っとブッ通しで『GARO−牙狼−』の撮影。
台風の影響で、一日だけ撮休になるも、脚本作業で潰れる。
好きなことやらせてもらってるんだから、感謝しかないっす。

奥山貴宏著『31歳ガン漂流』、読了。
熱い。
香取俊介著『今村昌平伝説』、読了。
濃い。
いずれも小説などケシ飛ぶクールさ。

| | トラックバック (0)

台風の中の超美少女三人

GARO特設スタジオにて、雨宮組、横山組と共に並行シュート。
まだ詳しくは書けないが、レギュラーキャラクターとなるとびっきり美少女三人(いや、決してオーバーではなく!)を撮影。
コスチュームとメイクも雨宮ワールド全開で、これはマジで完成が楽しみなシーンの一つ。
ん〜、しかし、美少女三人、ワタクシにとっては、さすがに孫とは言いませんが、年遅く生まれた娘といってもいい年齢の子ばかりなんよね、おそろしいこっちゃ。
かたや、台風接近で撮影スケジュールがメタメタ。
鳴呼!

| | トラックバック (0)

あの山中へ

よみうりランド近くにある某山中にて。
ここは、まだ『ウルトラマンマックス』第7話の撮影で来たばかり。
それでも盛夏ということで、木々が生い茂っていて、悪くない風情。
が、照明部さんは大変である。
本日は、アクションシーンのみの撮影なので、かるいイメージ打ち合わせのうえ、全面的に横山アクション監督にお任せする。
アメリカ仕込みの横山監督のアクション設計は、かなりワタクシ好みで、全幅の信頼を置いているのだよ。
今日もカッコイイ小西君のアクションが撮れた。
0823

| | トラックバック (0)

隠れ家的名店

渋谷近くの某店を借り切っての撮影。
このお店、知る人ぞ知る隠れ家的名店で、情報誌などにも決して正確な所在地を明かさないことで有名。
ワタクシは以前にも別の作品の撮影で使わせてもらっているが、とにかく雰囲気が独特。一度くらい客として来てみるか。
激しく売れっ子のNちゃんを先出ししなければならなかったので、またまたドトウの撮りに。
とはいえ、Nちゃんとは旧知の仲なので、ほとんど阿吽。
Nちゃん、疲れも見せず、とてもよい表情を披露してくれた。
その後も、今度はお店の開店時間が迫ってきて、再びドトウ。
終了後、別場所に移動して、雨宮総監督と共に、新しい役者さん達の衣装合わせや。
さすがにややグロッキー。

| | トラックバック (0)

『DASH壊滅?!』ウラ話

本日は『ウルトラマンマックス』第8話のオンエア日。
オールナイト撮影から帰着後、そのまま寝ずにオンエアを見る。
今だから言える裏話をば。
オープニングのバースディシーンは、脚本ではショーンの正当英語(?)の下、みんながハッピーバースディを歌って現れる……ということになっていたのでありますが、バースディソングが権利問題で使用できず、突如ああいう演出に変更してしまいました。
宍戸さんや桜井さん以下、隊員達もノリノリで演じてくれて大助かりでした。
コバをレスキューに向かうエリーは、今後のエリーの“成長”を占うという意味でも重要だと考え、コバとの会話を現場でかなりプラスして、さらにラストで、ロウソク点火用に指に炎を点すという”遊び“までやらせてもらいました。
もろもろの独断な演出を寛大にも許してくださった脚本の林さん、プロデューサーの八木さんに心から感謝です。

| | トラックバック (0)

オールナイトロング 2

オールナイト撮影の2日目。
今日は、まず6話のゲストキャラで、旧知のNちゃんのシーンから。
やっぱり、よく知っている役者さんだと、ある意味ツーカーで楽。
しかし、こちらも寝ていないが、売れっ子のNちゃんも1時間睡眠とのこと。
それで、その後、横山アンション監督の指揮下、それなりの本人アクションもこなしてくれたので感謝。
プラス、本日も小西君、藤田君、美佳ちゃん三人の揃い踏み。
特に今日は美佳ちゃんの“走り”が美しかった。
そして、オールナイト撮影の一番の特権は、明け方、信じられないほど美しくなる大空の一瞬を見られること。
黄金色の月が沈みかかったコバルトブルーの天空に、その天空からの光を浴びて、幻のように白い鳥が飛ぶ―――。
082002

| | トラックバック (0)

オールナイトロング

本日はオールナイト撮影の1日目。
撮影でもない限りは入ることができない、とある埠頭にて。
雨宮総監督も立会いの下、6話のラストシーンとクライマックスのアクションシーンの撮影。
小西大樹君、藤田玲君、肘井美佳ちゃん、メインキャラクター三人の揃い踏みで、なんともいい“画”になる。
徹夜撮影でも、この三人の初々しいパワーと、兄弟……いや、素では漫才トリオ(笑)のように息の合ったチームワークが、こちらの疲労を吹き飛ばしてくれる気がする。
それにしても、撮影のライティング効果もあり、夜景が美しかった。
ジャン・ピエール・ジュネ監督の『ロスト・チルドレン』のワンシーンの如く。
082001

| | トラックバック (0)

05.08.3rd week


日々、撮影。
(特筆はナイター撮影の美しさ!)
合間に一日だけ撮休があるも、ロケハン。
帰着後は、脚本執筆とその調整。
オッサン、寝ないで働いとります。

しかし、その分、どんどん世事に疎くなってゆく。
世の中の出来事が、接触する人を通じてしか入ってこなくなる。
そして、接触する人も基本的にはスタッフ関係者。
ま、人が死ぬ時は死ぬし、地球が滅ぶ時は滅ぶわけだから、いいけどね。
そーいや、世間はお盆であり、お盆休みとかか。
また、今年も、何の関係もなく過ぎてゆくなあ。

ようやく、また撮休。
といいつつ、本日は、小池一夫キャラクター塾の講義。
前回、アホアホで30分早く終わってしまったので、前後15分ずつの質問コーナー。
正規講義は課題の返却と講評。
第3期生諸氏も、皆、なかなかに才能豊か。
期待!

ん〜、しかし、今週は一週間通して、6時間くらいしか寝られなかったのう。
こうしていても、頭がクラクラするわい、ふふふ。

| | トラックバック (0)

都内高級住宅街ロケであります

都内某高級住宅街にてロケ。
暑いが、今日は比較的空気が乾燥して、少し楽。
美術部が作ってくれた、いわゆる“GAROワールド”のタクシーのディティールが素晴らしい。
(ゲストのR君、F君、Nちゃんがタクシーに乗っているシーンなのだよ)
その後、場所を移動して、さらにタクシー内を撮るも、こちらはさすがに炎天下直射日光直撃のスーパーサウナ状態で、役者さん達やカメラマンのNさんは大変。
一旦、横山監督の組が入り、ワタクシは夜まで待ち時間。
その間に、久々にR君とゆっくり話したりする。
夜になってから、先日撮れなかった一カットをば。
081802

| | トラックバック (0)

そして、合間にロケハン

撮休だが、メインスタッフと共に遠方までロケハン。
2日間、徹夜でナイター撮影を行うことになる。
久々の強行軍か。
しかし、間違いなく体力の限界に挑みつつ、スタッフはよりよい作品を作ろうと燃えているのであった。
終えてから、いろいろと打ち合わせして、帰着後、崩れ落ちるようにダウン。
大丈夫か?! → 自分
081801

| | トラックバック (0)

またもや一人酸欠状態! 鳴呼!

横浜の某所にてロケ。
今までにも、いろいろな映画やドラマで使われている場所。
今日は、例によって旧知のNちゃんやSさんがゲストで来てくれたので、ある意味、かなり安心。
プラス、本日はレギュラーである涼邑零を演じる藤田玲君が初出演。
零の基本的キャラは雨宮総監督の頭の中にしかないので、総監督のフォローも受けつつ、撮影。
藤田君とゲストのNちゃんのツーショットは、かなり画になる。
そして、肘井美佳ちゃんとSさんのツーショットも、微妙におかしくていい。
とはいえ、先の『ウルトラマンマックス』の司令室の時に続いて、狭い空間内での撮影だったので、またまたワタクシ、酸欠状態に(汗!)
現場グリーンバックの特撮の時に、フッとボケボケ状態に陥り、監督NGを出してしまいました!
何やっとるんじゃあ! →自分

| | トラックバック (0)

室温45度強の中でのアクション

本日も、サウナ地獄のロケセットにて、主にアクションシーンを撮影。
横山アクション監督に、ほとんど場をお任せして、こちとらはそのアクションチームの巧さに、ただただ感激、そして勉強。
そこへ雨宮特撮がプラスされて、なんとも独特のGAROワールドが形作られてゆく。
しかしそれにしても、室温はかるく45度を超える中で、次から次へとアクションをこなすスタントのプロフェッショナル達は大変きわまりない。
その後、本編部分を撮らせてもらうも、時間制限いっぱいで、ついに押しゃいました。
スタッフ&キャストの皆さん、すんません!

| | トラックバック (0)

サナギ女

本日は、監督させてもらった『ウルトラマンマックス』のオンエア日ではありますが、朝から『GARO』のロケ。
さいたま市にある某ロケセットにて、雨宮総監督特撮部分を、横山アクション監督がアクション部分を、そしてワタクシが本編部分を、それぞれ主に監督する形で撮影が進行する。
今日の目玉は、なんといっても、雨宮総監督自らがキャラクターデザイン&メイクをほどこした通称“サナギ女”。
これが、今回ゲストのR君、F君、Nちゃんに絡みまくるわけだが、“サナギ女”を演じるEちゃんが、素顔のキュートさとは違って、ホラーキャラがハマるハマる。
こりゃ、仕上げがなんとも楽しみであります。
しかし、今日のロケセットも、またまたサウナ地獄じゃ。

| | トラックバック (0)

05.08.2nd week


午前5時起床。
終日、ガロスタジオにて、衣装合わせと打ち合わせ。
帰着後、ダウン。

午前5時起床。
『GARO−牙狼−』第5話と第6話の撮影。
2日間。
帰着後、ダウン。

午前6時起床。
撮休だが、早起き躰。
2日間。
脚本チェックと原稿書き。
なので、本当の休みにはならない。
限界までやって、ダウン。

日航機墜落事故から20年。
あの日のことは、未だに昨日の出来事のように記憶している。
当時、自分はまだペーペーの原作者だった。
近所に、小池一夫劇画村塾の先輩で、今も『軍鶏』で気を吐くたなか亜希夫さんも住まわれていて、よく会っては食べたり飲んだりしていた。
当日も、近くの店でたなかさんと食事をしていた。
その時、店のテレビに速報のテロップが流れ、やがて燃える山の遠景映像が映し出された———。
未だに事故の原因が完全解明されていないとは、いったい何ということだ。
国家と企業というものに犠牲にされ続ける数多くの人命。
国民一人一人が本気で怒らない限り、その悲劇はこれから先も止まることなく繰り返されるだろう。
合掌。

午前5時起床。
撮影。
2日間。
監督した『ウルトラマンマックス』第7話のオンエア日だが、リアルタイムで見れず。

| | トラックバック (0)

生活者としてのコイシカワミズキ

何度も書いてきたことだが、明日オンエアの第7話は、長谷部“ミズキ”瞳ちゃんの初主役回。
やりたかったことの一つが、ダッシュの隊員達に、普通の生活者としての匂いを少しでも出すことだった。
淡い恋話の中に、対怪獣防衛チームのメンバーとしてだけでなく、コイシカワミズキという一人の若い女性の“素”をできるだけ出したいと思った。
言葉、身振り、そして初私服と、限られた時間の中で可能な限り“画”になるようにやってみたつもりだが……。
至らない点あれば、すべて監督であるワタクシの力不足のせいであります。
081202

| | トラックバック (0)

菊地”ケサム”謙三郎

いよいよ明日オンエアになる第7話。
ゲストで出演してくれたのは、『仮面ライダー龍騎』で、ライダーバトルを仕掛けた男、神崎士郎を演じていた菊地謙三郎君。
同じく龍騎に出演していた高槻“東條悟”純君の舞台を観に行った時に、“北岡秀一”涼平君から紹介されて以来の付き合い。
“スターキラー”ケサムという異星の人を演じてもらったわけだが、こういうミステリアスでクール、しかしどこかに人間の香りを感じさせる役は、菊地君はまさにハマリ役。
それから、ライダーでは変身しなかった彼を、ウルトラで変身させるというのが、ワタクシのテーマの一つでもありました。
板野一郎さんのデザインになる変身後のケサムもカッコいいので御覧あれ!
081201

| | トラックバック (0)

サウナ地獄 2

本日も昨日に続いて、サウナ地獄での撮影。
今日は逆で、梶組が先で、横山組が後に控えている。
さすがに心配になられたらしく、雨宮総監督の“教育的指導”が合間に入る。
とはいえ、そもそもこの作品自体、基本的には雨宮総監督と横山アクション監督の才能と情熱の結晶体であるわけで、それをアシストさせてもらっているという観点のワタクシは、ある意味、楽なのだよ。
昨日もドトウだったが、本日もドトウのうちに、なんとか微妙な押しで先行逃げ切り。
主役の小西大樹君と一緒にプロデューサー氏の車で送ってもらうも、仕事の話もそこそこに、そろって瞬間爆睡。
081102

| | トラックバック (0)

サウナ地獄

某所にある歴史的建造物でロケ。
外も暑いが、建物内はもっと暑い……というか、ほとんど高温のサウナ状態。
ここが主役である冴島鋼牙の屋敷のロケセットなわけだが、地獄の熱気と湿気がキャストとスタッフの体力を容赦なく奪ってゆく。
全員が、できるだけいいものを作ろうという精神力だけで保っている。
例によってのまとめ撮りのため、まず先に横山組、次いで梶組という順番。
本当はもっと細かく役者さん達と詰めたいところではあるが、建物からの完全撤収時間が厳格に定められているので、まさに秒を刻む時間との戦いと相成る。
なんとかギリギリで逃げ切り。
キャストとスタッフの皆さん、ホンマにお疲れ様です!
081101

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ガロスタジオ

特設の“ガロスタジオ”にて、終日、雨宮総監督と横山監督の現場を見学させてもらいつつ、梶組の衣装と、そしてキャラクターデザインのチェック。
早朝、撮影隊の定番集合場所で、『ウルトラマンマックス』のロケ隊とバッタリ!
ワタクシ、数か月後に再参戦させていただく身だが、今は『GARO』に全力集中である。
雨宮総監督自らのデザインと、自らの手になるメイクで、まずは『GARO』史上最強に美しい女キャラクターが現出!
そして、藤田玲君演じる涼邑零の衣装も、鋼牙の衣装とはまた対照的なデザインながら、これがさらにカッコいい!
撮るのが楽しみだ。
081002

| | トラックバック (0)

梶組、正式クランクイン!

『GARO−牙狼−』の梶組、事実上のクランクイン。
(先日の“プチクランクイン”では、京本政樹さん演じる龍崎駈音のクリニックでのシーンの撮影のみだった)
ワタクシ、まずは、第5話と第6話の監督をば担当させていただく。
初日は、主役の小西大樹君演じる冴島鋼牙と、蛍雪次朗さん演じる執事の倉橋ゴンザとのシーンと鋼牙の修行アクションシーン。
蛍さんは『ウルトラマンマックス』にも御出演されているが、ワタクシは初のお手合わせ。
アンソニー『日の名残り』ホプキンスをイメージして作ってきてくださったというゴンザのキャラクターは、いきなりのハマリ役でさすが!
そして、小西君は、おお! スタッフからも溜息が洩れるほどカッコイイ!
特設スタジオ内の室温が40度(!)を超える中、上下革のスーツでの大熱演に大感謝!
ちなみに、全体では雨宮総監督、アクションシーンでは横山アクション監督がついていてくださるので、こんなに楽チンなことはないのであった。
(写真は、特設スタジオで申し合わせ中の雨宮総監督と横山アクション監督)
081001

| | トラックバック (0)

ラッシュを見て、おお!

雨宮総監督が手がけられた回のラッシュを、肘井美佳ちゃんやプロデューサー諸氏と一緒に見る。
おお!
のっけから雨宮ワールド全開!
さすがや!
横山誠アクション監督指揮下のホラーアクションも、いきなり爆裂!
これで音と音楽が入ったら、ホンマに凄いことに!
すっかり堪能してから、美佳ちゃん、プロデューサー諸氏とワタクシが監督する回のディスカッションを行う。
(う〜む、そんなにカッコええもんか?)
0806

| | トラックバック (0)

05.08.1st week

午前5時起床。
都内某所にて、『GARO−牙狼−』の自分の監督回である、第5話と第6話の衣装合わせ。
"盟友"であるR君やSさん、Nちゃんに出演してもらえることになり、気持ちはとても楽。
もう一人、女子高生役で、現役女子高生のこれまたNちゃん、またまた三重県出身。
う〜む、本当に美少女美女が増えたもんだ。
本日、「特撮ニュータイプ」等で『GARO−牙狼−』情報が解禁になっているので、助監督に頼んで雑誌を買ってきてもらう。
お〜、金ピカですなあ。
終えるや、とって返して、脚本書き。

午前5時起床。
都内某スタジオにて、『ウルトラマンマックス』第8話のMA。
菊地雄一特技監督と。
スタジオスタッフの優秀な力もあって、前回第7話の恋愛話とはガラリと変わって、ホラーテイストアクション。
視聴者の方々が、え?! お?! わ?! と言っている間に観終わってくれるといいのだが。
終えてから、次回の梶組の脚本打ち合わせのため、八木毅プロデューサー、脚本の大倉崇裕さん、林壮太郎さんと近場のファミレスへ。
帰着後、ダウン。

午前5時起床。
ひたすら脚本書き。
夕方、銀座へ行き、あまりにも時間のない中、即攻で買い物。
それにしてもクソ暑い。
都内某社に行き、役員の某氏と打ち合わせ。
とって返して脚本書き。
ひたすらダウンするまで。

午前5時起床。
午前中にざざっと雑用って……もう勘弁してくれい!
午後から、都内某社にて、ロングネットシネマの役者さんの面接とオーディション。
みんな若くてキレイでキラキラ!
いいなあ。
そして、またまた三重県出身の女優さんが!
ホンマにどないなってんや?!
終わってから、別の某社に移動して、『GARO』のもろもろの打ち合わせ。
その後、呼び出しがあって、とある飲み会に途中参戦!
帰着後、ダウン。

午前5時起床。
終日、溜まりに溜まった、この国に住んでいなければやらなくていいはずの雑用。
アホらしくなって、フテ寝。

午前5時起床。
なんとかかんとか、だましだまし雑用を片付ける。
夕方、某社にて、『GARO』の美打ち……にしては、人数が多いなあ。
終えた足で、西麻布へ向かい、A社の社長さんと久々にお話。
さらに終えた足で、別の某社へ向かい、またまた別の打ち合わせ。
帰着後、ダウン。

午前5時起床。
終日、ガロスタジオにて、『GARO』の第5話と第6話の撮影。
帰着後、ダウン。

| | トラックバック (0)

面接とオーディション

9月から撮るロングネットシネマの役者面接とオーディション。
主役の女優さんもバッチリ決まって(イメージにピッタリ!!)、あとは戦闘準備に専念するのみ。
それにしても、最近の若い役者さん達は、我々の時代と比べると、みんな例外なくルックスとスタイルが抜群にいいなあ。
羨ましい。
そして、またまたわが三重県出身の女優さんが登場!
『GARO−牙狼−』の福井未菜ちゃんも、ワタクシの監督回のゲストのNちゃんも、共に三重の出だし。
ええことや。

| | トラックバック (0)

第8話、ブッ飛ばして完成!

終日、第8話のMA。
今回は、前の恋愛譚の第7話と打って変わって、走り出したら止まらないジェットコースター作りの、ホラーテイストアクション回になっているので、音楽も派手めに入れて、えッ?! あッ?! おッ?! と言っている間に観終わってしまうくらいの勢いでブッ飛ばす。
お客さんにも思いきり楽しんでもらいたい。
完成後のプレビュー終了後、プロデューサーの八木毅さん、脚本の大倉崇裕さん、林壮太郎さんと、次回の梶組の内容打ち合わせ。
もちろんまだ解禁前なので、公表できないのが残念ではありますが、2本ともかなり意外な話になります。
0803

| | トラックバック (0)

GAROロケ隊が行く!

主人公である冴島鋼牙役の小西大樹君と、その相手役である御月カオル役の肘井美佳ちゃん。
やはり、どこに行っても、いや〜、目立つ目立つ。
雨宮総監督の意向により、極力日本的な背景は避け、横浜や横須賀をはじめとした異国テイストを醸し出す土地で、連日ロケが行われている。
(現時点で、GAROロケ隊は関東地区全制覇か?!)
この写真もやはり横浜ロケのものだが、写ってはいないカメラのこちら側、実は下校途中の女子高生軍団でいっぱいです。
「カッコいい!」と「かわいい!」の嬌声に、車止め人止めの他に、声止め対策にも追われるスタッフの面々。
ううむ、ロケは楽しいけど、本当に大変です。
0801_2

| | トラックバック (0)

本日解禁! 『GARO−牙狼−』

めでたく本日より解禁になりました『GARO〜牙狼〜』!
雨宮慶太総監督以下スタッフ一同、小西大樹君、肘井美佳ちゃん以下キャスト一同、ものごっついハードスケジュールにも負けず、新しい作品作りに燃えまくってます!
というわけで、本日、ワタクシが監督を担当させていただく第5話と第6話の衣装合わせ。
“盟友”とでもいうべき男優のR君、女優のNちゃんの出演が決定し、個人的にもかなり勇気づけられる現場に。
ブッ倒れそうなほどムチャクチャ暑いっすが、今から撮影が楽しみであります!

080102

| | トラックバック (0)

« 2005年7月 | トップページ | 2005年9月 »