« 2005年11月 | トップページ | 2006年1月 »

05.12.4th week

倒れるように眠って、体調回復。
例によってのジジイ時間で、午前4時には起床。
撮影のある日に毎朝見ていた「JNNニュースバード」と「朝ズバッ!」。
早起きした日は、いつもこのコースで見ている。
別にTBSシンパというわけでもないのだが。
もちろん"ながら"。
以降、一日を通して基本的にテレビは見ない。
なるべくテレビを見ないことで、いかに貴重な時間が得られるかは、以前「週刊文春」が特集記事で取り上げていた通りっスよ。

アリコジャパンの俳優T・K出演のCM。
なんだかキャラが保険向きでないというか、怖いんですけど……。
そーいや、もう一つのアリコのCMで、プロの役者そのものが、素人を装って保険の良さをしゃべくるやつも、なんだか映画館から出て来た客に感想語らせる映画の宣伝と同じくらい気持ち悪いぞ。

『ウルトラマンマックス』の本篇合成の打ち合わせ。
その後、ある飲み会があったのだが、急遽呼び出しを受け、打ち合わせへ。
なんてこったい!

耐震構造偽造問題。
住民の人達の怒り、苦しみ、悲しみのやり場はどこへ行くのか、どこへぶつければいいのか。
それらを解決できない、解決する意志もない国家とは何か。

終日、ある企画の仕込みと、秘密の打ち合わせ。
夜、編集のFさんのスタジオに行って、『ハツカレ』のチェック。
あ、そーいや、今日は朝から夜中まで、何も食べてねーや。

連日、『ハツカレ』のMA。
グロッキー。
また、片眼が見えない。
それでも続けねばならぬ。
うう。
終わったら、誰が何と言おうと休ませてもらおう。

来年の仕事の件で、秘密の打ち合わせ。

「ふざけるな! 1」
事実を知りもしないで、想像と妄想で話されることに、心底肚が立つ。
特に毎年のクリスマスイブの日。
ここ20数年というもの、恥ずかしい話ながら、俺は毎日仕事なのだ。
(それは大晦日だって同じや!)
女と一緒にいたりとか、楽しいパーティを開いていたりとか、家族団欒だったりとか、そんな夢のようなことは皆無なのだ。
なのに、いろいろと言いやがって〜!!!
やれるもんなら、やってみたいで、そんな絵に描いたみたいなクリスマスイブ、ホンマに!
というわけで、嫌気がさして、もっとマトモな男のところへ女は去ってゆく。
当たり前か。

「ふざけるな! 2」
耐震構造偽装問題等を引き起こしているオッサン達の心理は、以下の、以前あった事件が象徴しているような気がする。
あるボクシングの世界タイトルマッチ。
そのオッサン達には、ある金儲けの計画があり、どうしても日本人のボクサーを勝たせる必要があった。
ところが、試合は実力伯仲し、このままでは日本人ボクサーが負けるという可能性が出てきた。
オッサン達はどうしたか。
なんと、試合終了時間より先にゴングを先に鳴らしてしまったのだ。
そんなことをすれば、バレるに決まってるし、後で大問題になることは、ガキにだってわかる。
しかし、金儲け計画しか頭の中にないオッサン達には、そういう当たり前のことが、なぜか見えなくなってしまうのだ。
バレないと思い、バレたとしてもなんとかなるだろう、あるいは自分だけは安全だと考えてしまうらしいのだ。
はっきり言って、アホだ。
だが、特定の欲望に支配されきってしまった人間の脳は、ある一定の方向でフィックスして、どうにもならなくなる。
(これは、前出の妄想に捉えられてしまう人達とベクトルは同じことだ)
それを防ぐ方法は、自分という人間をわきまえた謙虚な心以外にない。

ヤバい!
ネットサーフィンしてたら、リック・スプリングフィールドの完全ベスト盤を発見してしまう。
即注文。
リック・スプリングフィールドと云うと、ロック界の貴公子と呼ばれたルックスとの相乗効果で、バブルガム・ロックということでバカにする人も多いだろうが(だいいち最近の人々は知らんだろうが)、我々の世代は彼の大ブレイク時期と、その多様な音楽的才能を知っている人は知っている。
そーか、メチャクチャ久し振りに来日ライブもやったのか。
健在でよかった。

山形で列車の脱線事故。
NHKのニュースを見ていたら、現場のSという記者の対応が酷い。
「はい」と「わかりません」だけ。
NHKに限らず、現場からの記者リポートというのは、対応やしゃべり方が酷いことが多い(とにかく早く言い終わりたいとか、やたらと興奮気味とか、白々しく同情的とか)が、今回のはまた特別に酷かった。
やれやれ。

奥山貴宏著『32歳ガン漂流〜Evolution』、立原正秋著『果樹園への道』、長谷邦夫著『赤塚不二夫〜天才ニャロメ伝』、望月三起也著『続・新ワイルド7〜野獣の紋章』等。

石井輝男監督『黒線地帯』、ポール・トーマス・アンダーソン監督『パンチドランク・ラブ』、ドン・ケンプ&ジェームズ・D・スターン著『マイケル・ジョーダン・トゥ・ザ・マックス』、ポール・シード監督『コナン・ドイルの事件簿〜ドクター・ベルの推理教室』等。

| | トラックバック (0)

オールアップ!

ついに撮影最終日。
都内にある某スタジオのセットにて、コバのアクションシーンの続き。
敬愛する松田優作ばりのディティールアクションをコバこと小川信行君には課してしまったのだが……結果は画面にて!
もはや全貌は完全に見えていたので、ささっと手際よく進めて、午前中にてオールアップ!
スタッフ&キャストの皆さん、どうもお疲れ様でした!
またまた楽しい現場で大満足でした! 

| | トラックバック (0)

リミット渦中のエリー

本日は、またまた横浜の某施設。
例によって例の如く、極端に短い制限時間の中で、みんなの力を借りて、ひたすら必死こいて撮る。
とはいえ、ある意味、エリーのとてもとても重要なシーンなので、それがリミット内でどこまで表現できたか……エリー役の満島ひかりちゃんは慌しい渦中でよく頑張ってくれた。
(ちなみに”ロボット三原則”に則ってる……はず)
そして、連続するコバのアクションシーンの続き。
ああ、もう少し時間があれば!
それでも勢いを得つつ、明日へと突入!

| | トラックバック (0)

暑いのよりははるかにいい

撮影10日目。
今日も朝から東宝ビルト。
ダッシュのメディカルルーム、ダッシュアルファの車内、そして再びカイトの変身シーン等の撮影。
今回は、エリーがかなり活躍するわけだが、「『謎の円盤UFO』のエリス中尉みたいな雰囲気の女性アンドロイドを登場させたい!」と、企画起ち上げ当初に八木Pに騒ぎまくった俺っちとしては、ある意味、感慨深いシーンの連続!
それにしても、この季節になると、スタジオの中はすごく寒いです。
でも、暑いのよりはいいです。(真夏のスタジオ撮影は最悪で、マジで意識不明になったりする)
本日の撮影にて、今回のダテ博士役、二瓶正也さんの出演シーンはオールアップ!お疲れ様でした!
ラストに物撮りをやって終了。

| | トラックバック (0)

ナパーム!

撮影9日目。
早朝より関東の外れにて、ナパームの爆破シーンの撮影。
爆発炎上の中でカイトが飛ぶ!
こういうシーンを撮るのは久々だが、いつもながら全面的にプロに任せておけばいいので、スタントシーンと同じく安心。
それにしても、寒い〜!!!
東宝ビルトにとって返して、再びダッシュのフルメンバーで、司令室のシーンを撮る。
苦手を克服して、むしろ好きなシーンになってしまったのは、今回の撮影での収穫か。(もともと、異様に閉ざされた空間に、キャラクターがゴチャゴチャいるシーン自体は大好きなんや)
続いて、通路及び臨時セットを組んでもらって会議室のシーン。
本日にて、今回のトミオカ長官役の黒部進さんの出演シーンはすべて撮り終えたことになる。
お疲れ様でした!

| | トラックバック (0)

05.12.3rd week

例によって、日本国に住んでいるがゆえの、狂ったような雑用。
そして、鬱陶しいので、なるべく人の多い場所と時間帯は避けて、穴場、抜け道、隠れ家的店を多用。
時節柄、パーティやら忘年会やらのお誘いを多々受けるも、極力、そういう華々しい場所からは身を遠ざけ、本を読み、DVDを見て、自分自身の生活と仕事のみに徹する。

『ハツカレ』のメイキングのチェック。
自分でも覚えていないシーンが続出。
あの頃は、髪が長く、茶髪だったんだなあ。
(今は短髪で赤毛や)
そして、やっぱり暑かったんだなあ。
(今はお気に入りのバーバリのコートとジャンバーや)

『キングコング』の完成披露試写に行けず。
いや、正確には行かず、か。
理由は上記の通り。

推理作家の中嶋博行先生、中嶋先生の担当編集者のIさん、友人のディレクターのSさんと会食。
少数精鋭が一番や。

朝から『ウルトラマンマックス』の監督ラッシュ。
もちろん、夜まで。

『ハツカレ』のMAとメイキングのチェック。
もちろん、深夜まで。
帰ってから、朝まで別の企画案を作る。
結局、寝られへんやん。
でも、少しは寝ないと、頭グラグラなんで、ヤバイ。

今日も『ハツカレ』のMA。
さすがに疲労が……うう。
とか思っていたら、目が覚めるような肚立つニュースが飛び込んで来る。
"耐震強度偽装問題"、なんと、あの茶番の証人喚問をもってして、政府与党はすでに幕引きを考えているとのこと。
明らかに政府与党の政治家にブラックマネーが流れ込んでいるのを公にしたくないという意図がミエミエやないけ!
ここまで小馬鹿にされまくっても、この国の民は本気では怒らない。
未来はねえよなあ……やっぱり。

今日も『ハツカレ』のMA。
グッタリ。
ついに片眼が見えなくなってくる。
ヤバイ……。

とかいっていたら、加えて全身の関節が痛くなってくる。
また、風邪かも……鳴呼!
さすがにブチ切れて、すべてを捨てて、寝る。

花村萬月著『あとひき萬月辞典』、森達也著『悪役レスラーは笑う』、森博嗣『100人の森博嗣』、笠原和夫著『実録・共産党/日本暗殺秘録』、笠原和夫著『破滅の美学』他。 山下耕作監督『緋牡丹博徒 鉄火場列伝』、ジミー・ウォング監督『吠えろ!ドラゴン 起て!ジャガー』、ジョセフ・カーン監督『トルク』、リチャード・O・フライシャー監督『マジェスティック』他。

| | トラックバック (0)

粘らず遅れずすみやかに

撮影8日目。
大快晴大晴天だが、ちょっと寒いお台場にてロケ。
今日はダッシュのフルメンバーはじめ、トミオカ長官、ヨシナガ教授、ダテ博士と、全員揃い踏み。
順調に終了後、今度は、ダッシュアルファとダッシュドゥカの走りのシーンの撮影。
いつもながらカースタントの高橋レーシング、素晴らしい。
そのおかけでささっと終えて、東宝ビルトへ。
今回の話で、事実上の主役とも云えるトミオカ長官の飛行戦闘シーンの撮り。
大ベテランの黒部進さんなので、難なく進行。
やはり、撮影は、粘らず遅れず、すみやかに終わるに越したことはないよなあ。

| | トラックバック (0)

タイムアップとのバトル!

撮影7日目。
今日は、また、時間制限大ありの横浜の某施設。
(でも、場所としてはかなり面白いんだけどね)
前回の残も含め、怒涛のように撮りまくるが……鳴呼! またしても無情のタイムアップ!
撮り足りねえよ〜、え〜んえ〜んと、泣きながら帰る。
ひたすら悪いと思うのは、やはり役者さん達に対して、演出の会話があまりできないこと。
ほとんど一発OKで次々とカットを稼いでいかないと、スケジュール内に撮りきれなくなってしまうからだが、いきおい役者さん達に対する負担が重くなる。
そんな中でも、とにもかくにもギリギリいい画が撮れました。
ただただ感謝!

| | トラックバック (0)

ダッシュ、商店街を駈ける!

撮休を挟んでの撮影6日目。
(撮休前日には、メインスタッフ他の錚々たる面子で痛飲して、楽しかったです! その後、多くの方々が風邪をひいたみたいですが、不覚にワタクシもです)
晴天快晴の多摩川の土手で、ダッシュのフルメンバー&30数名のエキストラの皆さんに全速力で走ってもらう。
さらに、場所を都内某商店街に移して、ギャラリーが唖然呆然の中、ぶっちぎりロケを敢行!
(この商店街、実は先の『ハツカレ』の撮影でもお世話になっておりまして、本当に感謝あるのみです)
ダッシュのアルメンバー、そしてまたしてもエキストラ30数名が全力疾走のシーンを撮る。
いやいや、とても楽しい撮影でした。
関係者の皆さん、お疲れ様でした!

| | トラックバック (0)

またもタイムリミット!

撮影5日目。
本日も横浜にある某施設。
昨日から撮っているのは、推理作家の大倉崇裕さんの手になる脚本で、とにかくアクションシーンが満載!
アクションコーディネイターの秋永さんの大いなるフォローの下、必死こいて撮りまくるが、ああ、またしてもタイムリミットが!
今回は、ひたすら時間が足りず、役者さん達と演出面での話をする機会があまり取れないのが残念至極や。
しかし、ゲストの異星人、エリー、コバが絡む重要なシーンはほぼ押さえることができて、少しだけホッとする。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アクションシーンで撃沈!

撮影4日目。
本日は横浜にある某施設をお借りしてのロケ。
(横山誠アクション監督の『仮面ライダーFIRST』でも使われている場所らしいです)
ダッシュのメンバー全員が異星人の基地に駈けつけるシーンからスタートして、コバのダッシュドゥカでの走りを撮る。
スタントの高橋レーシングのWさん、相変わらずの凄いテクニックに感激!
加えて、今回のカメラマンの岡さんが、危険も顧みずバイク二人乗りでよい画を撮ってくださったのにも感謝!
その勢いに乗って、カイトと異星人役の小田井涼平君の変身シーンを撮る。
しかし、鳴呼、しかし!
この施設、お役所関係の場所ゆえに、5時には完全撤収ということで、大量にあるコバのアクションシーンを撮りこぼしてしまいましたあ!(泣!)

| | トラックバック (0)

ヨシナガ教授とダテ博士

撮影3日目。
本日も、東宝ビルトにて撮影。
ダッシュの研究室と司令室、そして今回初登場の隔離室。
研究室といえばヨシナガ教授こと、桜井浩子さんとも久々に再会。
いつもながら明るくパワフルで現場のムードメーカー。
プラス、今回はダテ博士役の二瓶正也さんも登場。
二瓶さんといえば、我々の年代では、なんといっても科捜隊のイデ隊員!
その二瓶さんと“アキコ隊員”桜井さんの申し合わせは、演出していて、とてもとても感慨深いものが。(恥ずかしくてお二人には言えませんでしたが)
勢いづいて、苦手だった司令室、そして隔離室の撮影も滞りなく終了したのでありました。

| | トラックバック (0)

燃えよ、コクピット

撮影2日目。
今日は、終日東宝ビルトにて、ブルーバックの一部と、ダッシュマザー&ダッシュバードのコクピットの撮影。
宍戸開さん、長谷部瞳ちゃんと、久し振りの再会。
みんな元気で何より。
初めての時は、司令室と同じく、ちょっと苦手な撮影だったが、経験後の今はむしろ好きなくらい。
ささっと撮り終える。
中島かずきさん脚本のヒジカタ隊長、とにかく大活躍で、今日はその一端。

| | トラックバック (0)

05.12.2nd week

ひたすら『ウルトラマンマックス』を撮り続ける。
無事に撮影終了!
いつもながら、スタッフ&キャストの皆さんに感謝!
本当にお疲れ様でした!

『ウルトラマンマックス』のスタッフジャンバーができてくる。
惜しくも、今回の現場では着る機会がなかったなあ……残念!

思い出したが、早朝の撮影隊の集合時間までに、漫画の原作を書いたな。
もちろん、ほとんど寝る暇はなし。
クタクタになるのも当たり前か。
でも、現場に入ると眠気はフッ飛ぶ。
我ながら現場向きや。

もう、本当に、溜まりに溜まった、死ぬほど溜まった日々の雑用を、渋々片付け始める。
ひじょうに面倒には違いないが、いざ始めてみると、いつもながら没頭。
これで「主夫」なら何も問題はないのだが。

事務所の顧問弁護士の先生と、定例の打ち合わせ。
あまりにも法律のことを知らない人達だらけで、やれやれと思うことしきり。

音楽のMさんのスタジオに行って、『ハツカレ』の音楽チェック。
編集担当のFさんのスタジオに行って、『ハツカレ』の編集チェック。

役者で友人の涼平君改め、小田井涼平君より連絡。
『ウルトラマンマックス』で撮った"ケサム"というキャラクターが、何かのランキングで堂々の一位になっていたとのこと。
それはめでたい。
しかし、事実上の功労者は、デザインの板野一郎さん、特技監督の菊地雄一さんのお二人だろう。

ヤバイ!
久しぶりに本屋を覗いたら、丸山健二先生の新刊が何冊か!
慌てて購入。

小池塾、年内最後の講義。
例年、異様に慌しいが、今年はまた特に。
終えるやいなや、課題作品を返却する時間すらなく、打ち合わせ場所へと駆ける。
それでも遅刻や。
鳴呼!

昨日に続いて、都内某所のスタジオにて、朝から『ハツカレ』のMA。

升本喜年著『テレビドラマ 伝説の時代』、松宮康生著『最強格闘技伝〜猛者たちの系譜』、山下耕作&円尾敏郎著『将軍と呼ばれた男〜映画監督 山下耕作』他。

チェン・チャンホー監督『キング・ボクサー 大逆転』、ヤン・ユノ監督『風のファイター』、スティーブン・スピルバーグ監督『宇宙戦争』、ダグ・リーマン監督『ボーン・アイデンティティー』他。

あまり締め切りというものに追われなくなって、ようやく人間らしく、本を読み、DVDを観ることができるようになった。
とはいえ、やっぱり"ながら"だけど。

| | トラックバック (0)

晴天の撮影初日!

撮影初日。
都内某所の公園にてのロケ。
(実は、偶然にも『ハツカレ』を撮ったのと同じ場所!)
例によって、天候に恵まれ、晴天。
古巣に戻ってきた感じではあるが、今回はスタッフが新しい人達がほとんどで、かなり新鮮な気分。
遠足に来ていた子供達に、カイト役の青山草太君、たちまち取り囲まれる。
いきなりヤマ場のウルトラマンマックスへの変身シーンを撮り、場所を今度は某スタジアムに移動して、コバ役の小川信行君、エリー役の満島ひかりちゃんとアクションシーンの撮影。
役者のみんなとも久々の再会で、アッという間に厳しくも楽しい時間が経つ。

| | トラックバック (0)

05.12.1st week

ひたすら『ウルトラマンマックス』を撮り続ける。
天候には完璧に恵まれる。
多謝!

ハッと気がついたら、もう12月。
毎年これや。
そして、すぐに暑くなり、またすぐに寒くなり……。

| | トラックバック (0)

« 2005年11月 | トップページ | 2006年1月 »