« 企画案2稿 | トップページ | 反省点多々 »

06.03.4th week

雑用。
この国で生きていくためには、あまりにも無駄な(あるいは他国にはない)、お役所関係の雑用が多すぎる。
(プラス、それぞれに人は皆、掃除やら洗濯やら育児やら何やらの私用をこなさなければならないわけで)
それこそ一日やっていても、ぜんぜん終わらない。
仕事だけでも、誰もが手いっぱいだというのに。
ホンマにひでえ国や。

なんとか肚立ちを抑えようと、仕事と雑用の合間に読書。
『五木寛之ブックマガジン〜夏号』、五木寛之著『僕はこうして作家になった〜デビューのころ』。
五木作品は、学生時代によく読んだが、改めて読み直してみて、その徹底したエンターテイナー振りに脱帽しきり。
おかげで、多少、肚立ちを忘れる。

WBC、日本優勝!
ああ、もう、嬉しすぎる!
こんなに野球に熱くなったのは、ガキの頃以来や!
イチロー、やっぱすげえよ!

某誌の編集長と打ち合わせ。
外へ出ると、雨。
そのまま、別の出版社の編集長と会食。
雨、さらにひどくなる。
やれやれ。

某誌の担当編集者と打ち合わせ。
話しているうちに、いいアイディアが出る。
それをフォローするため、近々、取材に行くことを約する。
その足で、某社の役員と会食。

『ウルトラマンメビウス』の打ち合わせ。
菊地雄一特技監督と。
ツーカーの仲なので、例によって話は早い。
八木毅監督が編集中だったので、見学させてもらう。
終えてから、都内某所にて、某局のプロデューサー氏、俳優のT氏、作家の松田美智子さんと会食。
その後、例によって朝まで飲む。

その足である仕事の取材出張。
出先でも、原稿を書き続ける。
合間に、読書。
岡留安則著『編集長を出せ!〜「噂の眞相」クレーム対応の舞台裏』、神林広恵著『噂の女』。
読んでない、読んでないと言いながら、なぜか、業界関係者ほど多く読んでいた感のある「噂の眞相」。
やはり、その舞台裏は雑誌以上に面白え!

|

« 企画案2稿 | トップページ | 反省点多々 »

日記」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/61844/7435181

この記事へのトラックバック一覧です: 06.03.4th week:

« 企画案2稿 | トップページ | 反省点多々 »