« 06.07.4th week | トップページ | 06.08.1st week »

06.07.5th week

例えば。
朝、起きて、洗顔。
PCと携帯に来ているメールをチェックして、返事を書く。
同じく、電話連絡が必要なものには、電話で返答を入れる。
それだけで午前中いっぱいかかる。
昼食をなんとか30分で済ませ、今度は外へ。
銀行と郵便局を回って、光熱費や税金や保険や年金等の振り込み作業。
すでに午後3時を回る。
仕事に必要な文房具、食事のための食料品の買い物。
それで午後4時半を回る。
戻って、振り込み作業後の伝票や領収書の整理。
それで午後6時。
再び、PCと携帯にきているメールをチェックし、返信と返答。
午後8時を回る。
なんとか1時間で夕食を作り、食べると、すでに9時。
ようやく原稿に取りかかる。
午前2時近くまで。
すでに体力的には限界だが、半分眠りながら入浴し、無理やり眼を醒ましてから、資料用の本を読み、再びPCと携帯のメールをチェック、明日のスケジュールを確認。
それで午前5時。
ほとんど意識不明となり、ダウン。
打ち合わせが入った場合は、午後から夜までが完全に潰れるわけで……。
私生活入れる余裕なんて、ぜんぜんあらへんやん! あるいは、のっぴきならない家庭の私用や雑用をこなさなければならないことも、人にはあるやん!
みんな、どうしているんやろう……?!

久々に友人の映画監督のMさんとお話する。
なぜか、この国では、閉口するくらい同業者同士が仲が悪いことが多いですが(苦笑)、Mさんは数少ない友人の一人。
今、ある話題作を監督されていて、超多忙中にもかかわらず、親身に話してくださり、感謝あるのみ。

俳優のKさんと、秘密の企画のお話。
海外では、クリエイター同士が数々の利害を超えて、いろいろな局面で手を組み合っている。
それを日本でも実現させたいと思っているわけです。
(日本だと、なぜか、すぐにプライドとかゼニカネとかの話になっちゃうんだよな〜。なので、こういう名も実もあるKさんのような存在は、かなり貴重)

某レストランにて、プロデューサーのBさん、その友人の女性歌手のNさんと、そそくさと秘密の会食。
お二人が来るまで、隣席のサラリーマン諸氏の雑談を聞くともなしに聞く。
皆さん、疲れてはる。

歯がガッタガタで、なんとか必死に時間を見つけて、歯科医院へ。
案の定、呆れられる。
長年、歯を食い縛って原稿を書いてきたツケ。(クセなので、しゃーないのですが)
結局、個人病院ではなく、大学病院クラスを薦められる。
鳴呼!

某店にて、プロデューサーのTさん、Kさん、脚本家のKさんと会食。
秘密の打ち合わせ。
なかなかいい店やったけど、時間制限で区切るのだけは、やめてもらいたいもんや。
そない無理して客入れまくって、なんか、儲かってへんのかなあ、と思うで。
そやけど、いっちゃん腹立つんは、狭いスペースの中で、席と席とをギリギリまでくっつけて、できるだけ客を詰め込もうとする店や。
そういう客に対してケチくさい店は、今度から実名で書いたる。

友人の純文学の小説家のNさんと、久々にお会いする。
精力的に作品を発表されていて、尊敬に値する。
よもやま話、尽きず。

今まで書き続けてきたある原稿が、突如気に入らなくなり、すべて破棄。
単に自分の"思いこみ"なのかもしれないが、納得いかないものは納得いかないのだ。
編集者には申し訳ないことだが……。
何よりも、読者に対して、納得のいかないものは出せない。

某レストランにて、プロデューサーのHさんと会食。
秘密の打ち合わせ。
このレストラン、なぜか、いつもブラックな関係筋の方が多いなあ。

某社にて、プロデューサーのOさん、Tさんと。
秘密の打ち合わせ。
次の打ち合わせまでに、少し時間が空いたので、近所で穴場的ともいえる某ホテルのレストランに飛び込み、涼を取る。
そういえば、このレストランで、以前、近くに座っていた客のオバチャンが、突然奇声を発して暴れ出し、大騒動になった事件を思い出す。

某社にて、某誌の副編集長のMさんと、秘密の打ち合わせ。

再び、一から原稿をやり直す。
実は、これは、ある理由があって、自分のためにのみ、書いている原稿。
なので、何度やり直そうが、どこからも文句は出ないのであります。
もちろん、一銭にもなりはしませんが……。

録画した『特別機動捜査隊』を、仕事の合間に観続けている。
(昭和30年代から、すさまじい本数作られた連続テレビドラマ、そして刑事ドラマの嚆矢となる歴史的名作シリーズなので、放送が終了するまでに果たして何年かかるのか)
古いとはいえ、ドラマの基本パターンが、すべて詰まっている。
そして、変に情でゴマかすことなく、ハードボイルドに客観描写を積み重ね、的確に物語を構築してゆく。
お見事!

原稿を書きながら、F1。
あ〜、もう!
いつもながら、解説が鬱陶しい!
「俺たちだけが知ってるんだもんね〜」「俺たちプロだから教えてやるもんね〜」「俺たちだから、こーゆー会話ができるんだもんね〜」という感じが、ダメだ〜!
というわけで、音を消して、観る。
とはいえ、ワタクシ的には、セナが亡くなり、ミカ・ハッキネンが引退して以降は、正直、あまり注目できるドライバーがいないのが本音。

|

« 06.07.4th week | トップページ | 06.08.1st week »

日記」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/61844/7410483

この記事へのトラックバック一覧です: 06.07.5th week:

« 06.07.4th week | トップページ | 06.08.1st week »