« 06.08.1st week | トップページ | 06.08.3rd week »

06.08.2nd week

大快晴にて、ホテル近くの粥屋で朝食。
カラッと晴れていて、湿気も少なく、まるでLAのよう。
で、早くも香港より帰国。
やはり、日本のほうが蒸し暑い。
こんなことは初めての経験だが……。

往復の飛行機の中で、2本、映画を観る。
『インサイド・マン』
デンゼル・ワシントン主演、スパイク・リー監督ときた日には、絶対ハズれないだろうと思っていたら、まさしく。
ただ、ジョディ・フォスターだけが浮いていたのが残念。
『男を変える恋愛講座』
男のポジション、女の仕事、それぞれが面白い。
映画としては、恋愛映画の王道パターン。
ハッピーに観られる。

終日、溜まりに溜まった私用。
日本に台風が三つ同時に接近中とのニュース。
やれやれ。

従来は日本には棲息していないはずの動植物が増えているというニュース。
やはり、温暖化によって日本が熱帯化しているということ。
やれやれ。

夜、某所某店にて、"盟友"の監督のYさんと会食。
いろいろと近況並びに今後のことをお話しする。
ちなみに、ここの店、行くと必ず映画業界の関係者に会うのだが、本日は珍しく誰もいなかった。


小説家のN先生と、某会場にて、『ワールドトレードセンター』の試写。
ずっと試写には足を運んでいなかったのだが、この作品だけは、どうしても観たかった一本。
世界の歴史を変えたあの事件を、オリバー・ストーン監督がどのように切り取ったかに、ひじょうに興味があったのだ。
そして、これは、ジョン・カーペンター監督と組んで、数々の作品を作り出してきた名女性プロデューサー、デブラ・ヒルの遺作でもある。
終了後、N先生と、某レストランにて昼食。
ハヤシオムライスが美味。

終日、打ち合わせオンリー。
某社にて、プロデューサーのOさん、Iさん、某誌の副編集長のSさん、Oさんと。
某社にて、プロデューサーのOさん、Iさん、小説家のO先生、担当編集者のHさん、Nさんと。
終えた後、O先生、Nさんと、縁あっての秘密のよもやま話。
次いで、某社にて、某誌の副編集長のMさんと打ち合わせ。
続いて、別の某誌の副編集長のNさんと、某店にて会食。
帰路、次々とプロデューサー諸氏から電話。
それぞれ立ち位置が異なっているので、意見が千差万別。
一瞬、ドッと疲れ、もうすべてを放り出そうか、と思うが、これまたいつものことだ、と思い直す。
こういうプロデュースバトルが面倒で、俺はプロデューサー仕事を辞めたのだが。
さすがにグロッキーとなり、たちまちダウン。

ヤバい!
世間はお盆の帰省ラッシュというやつだった!
地方へ行く必要があり、混雑を避けるため、急遽策を練り、ある"エアポケット"を利用して、切り抜ける。
なにしろ、20年以上も"帰省ラッシュ"だの"人混み"だのと戦ってきたキャリアがあるので、それらの"抜け道"にも詳しくなった。
で、終日、私用。

CSで再放送されていた『必殺仕置屋稼業』全28話、すべてを観終わる。
総合的には、不朽の名作『新・必殺仕置人』を超えるものではないが、中村主水という不滅のキャラクターをより決定づけたという意味において、そして基本ダークなドラマを描きながらも、どこか突き抜けた明るさを感じさせる世界観を提示したことにおいて、記念すべきシリーズといえるだろう。

終日、私用と原稿。
外はクソ暑いので、座業にはちょうどいい。
合間に、次々とテレビでドキュメンタリーを観る。
勉強になる……というか、自分の無知振りに唖然。
早期引退した海外の友人達がやっているように、もっと"勉強"に時間を費やさないといかん。

自宅用のパソコンに続いて、事務所のパソコンまで崩壊。
予備のものがあるとはいえ、なんちゅうこっちゃ!

CSで再放送中の『キイハンター』を続けて観る。
第1話「裏切りのブルース」、第2話「非情の唇」の2本は、深作欣二の監督作。
リアルタイムで観ていて、我々前後の世代に多大な影響を与えたテレビドラマだが、まさか、40年近く経った今、ニュープリントで観れるとは、感激。
第3話「誘拐の城」、第4話「顔のない男」、第5話「必殺の瞬間」、第6話「影のメロディー」、第7話「ギャング同盟」。
推理作家が原案を担当している回も多く、見応えあり。

|

« 06.08.1st week | トップページ | 06.08.3rd week »

日記」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/61844/7410614

この記事へのトラックバック一覧です: 06.08.2nd week:

« 06.08.1st week | トップページ | 06.08.3rd week »