« 麻薬的魅力 | トップページ | 06.11.1st week »

06.10.5th week

イジメ問題やら必修科目履修洩れ問題やら、日本の教育現場は、今さらながらメタメタですが、その大きな原因の一つとして、いろいろな人達が指摘している"教師の質の低下"。
それは、別に今に始まったことではない。
表面化しなかっただけで、我々が小学校の時代から、子供ながらに「これはひどい……」と思われる教師は多数、存在していた。
なので、それをはっきりと自覚した瞬間から、「こいつらの言うことをきくのだけはやめよう」と、強く強く強く! 決意した。
また、あまりにひどい教師の所業に対しては、今現在も決して許す気はないし、機会あれば告発公表していく意志を持ち続けている。

倒れそうになるほどの雑用をこなす。
まったく終らない。
う〜。

某社にて、ドラマの打ち合わせ。
主演の泉明日香ちゃんと、事務所の社長で明日香ちゃんのお母さんのKOTOMIさんに会う。
終えた足で、別場所へ向かい、某事務所のマネージャーさんのTさんと、秘密の打ち合わせ。
その後、いよいよ我慢できなくなり、美容院へ行って、担当のHさんに髪を切ってもらう。

某地某所にて、アメリカから来日中の、映画プロデューサーのRさんと会食。
秘密の打ち合わせ。
Rさん、まったくの偶然だが、ワタクシがかつて関わったある日本映画のハリウッドリメイクに着手していて、その出来上がりが楽しみである。

某社にて、漫画家のTさんと、久々に会う。
積もるよもやま話。
来年あたりから、お互い、また少し本腰を入れて、仕事をやりますか、という話で盛り上がる。

二日間、ドラマの撮影。
好天に恵まれまくって、楽しい、楽しい。
撮影の仕事だけではなく、帰ってから原稿も書いていたので、ずっと徹夜ゆえ、さすがに爆睡。

ひたすら原稿を書き続ける。
何の原稿かは、まだ秘密。

エドガー・アラン・ポー著『黒猫/モルグ街の殺人』の新訳版を読み始めたら、これが止まらなくなる。
すでに何度となく読んできた作品だが、この新訳版はなかなかに味がある。

アンドリュー・ラウ監督『デイジー』
とにもかくにも、チョン・ジヒョンに尽きるわけだが、この作品、役者達の一瞬の表情の捉え方がよい。
ルイ・レテリエ監督『トランスポーター2』
コーリー・ユンの振り付けアクション、そろそろ限界か。
スティーブン・スピルバーグ監督『マイノリティ・レポート』『ミュンヘン』
なんといっても、いずれも撮影監督のヤヌス・カミンスキーの映像が素晴らしい!

また、イジメ自殺の報道。
そして、未だに、明らかな事実を隠蔽して、事なかれ主義に徹しようとする薄汚い学校側の対応。
恥知らずとは、奴らのことを言う。

|

« 麻薬的魅力 | トップページ | 06.11.1st week »

日記」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/61844/7410856

この記事へのトラックバック一覧です: 06.10.5th week:

« 麻薬的魅力 | トップページ | 06.11.1st week »