« 06.10.4th week | トップページ | 06.10.5th week »

麻薬的魅力

来年の春からスタートする新連載用の原作原稿の作業と平行しつつ、何本かの企画案を作っています。
企画案なので、稿を重ねても、最終的には様々な事情(漫画家さんが見つからない、編集部的に合わない等)で没になるかもしれません。
しかし、その企画案が没になったとしても、また新しい企画案を考えればいいだけの話なのです。
また、没になった企画案も、いつの日か、別の形で実現できる可能性もあります。
というわけで、今現在、5本の企画案が動いています。
1本は、漫画家さんがすでにネームを切ってくれていますが、そのネームが通れば、雑誌掲載が実現します。
1本は、原作企画自体が通り、今、編集部で漫画家さんを探してくれています。
残る3本の企画案は、まだまだ検討段階です。
そして、『お天道さん』に次いで、某雑誌用に、読み切り用の原作を書いています。
やはり、『お天道さん』と同じく、どうしてもコンビを組みたかった漫画家さんが決まっているので、嬉しい仕事の一つです。
しかし、これまた、結果的に読者の期待に応えることができなければ、読み切り1本で終わってしまうこともあり得るわけです。
そういう意味では、漫画というのは、やはり作り手にとって、サバイバルでスリリングなメディアだと思います。(だからこそ、大きな報酬が約束されているのだといえます)
ワタクシも、その麻薬的魅力から逃れられない一人なのですが。

|

« 06.10.4th week | トップページ | 06.10.5th week »

漫画原作」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/61844/3987566

この記事へのトラックバック一覧です: 麻薬的魅力:

« 06.10.4th week | トップページ | 06.10.5th week »