« 06.12.4th week | トップページ | 07.01.2nd week »

06.12.5th week

ニー・スコット監督『ドミノ』を観る。
例によって、独特の撮影手法と編集方法。
かなり興味深いが、一般の観客には受けないだろうなあ。
そして、上辺のルックだけをアホな"業界人"が猿真似する、と。

それにしても、日々DVDの山が築かれてゆく。
壁面の棚がすべて埋まり、ついには床にまで……!
果たしてすべて観れるのだろうか、オレ。

東京へ戻る。
なるべく人の少ない時間帯とルートを使う。
人が集中する時間や場所は決まっているので、その間隙を縫って動くのがもっとも合理的かつ効率的。

某地某所にて、漫画家のM先生、撮影監督のHさんと合流。
以前より約束していた焼肉。
食と話が進み、外へ出ると、雨。
タクシー移動で、某店へ。
またまた話が進み、結局、明け方まで。
いやいや、楽しい一夜でした。

雨。
隠れ家カフェに行って、原稿を書く。
その足で、某地某所にて、某社のプロデューサーのHさんと密談。
終えて、外へ出ると、ますます雨が激しい。
さすがにタクシーつかまらず、電車にて、某地某所へ。
監督のKさん主催の忘年会。
監督、脚本家、デザイナー、男優女優、揃い踏みで、この飲みのメンバーで映画が撮れるやん。カメラマンのKさんが風邪で欠席だったのが残念。
ますます雨、激しく。
二次会移動で、またまた全員ズブ濡れ。
残ったメンバーで、結局、今日も明け方まで。
帰りは、雨が熄んでいて、ホッとする。

某地某所にて、某誌の副編集長のSさんとお話。
夜、某地某所にて、某制作会社の忘年会。
いわゆる"戦友"諸氏ばかり。
終えて、本日は、電車のあるうちに帰る。

原稿を書く。
電話で打ち合わせをいくつか。
某地某所にて、小説家のNさんに会う。
この人にお会いすると、いつも話題が尽きず、例によって時間が経つのを忘れて話してしまう。
おそらく近年中にさらに注目される逸材であることは疑いない。
終えて、続いて、漫画家のKさんにお会いして、会食。
この人とも、同業ということもあって、話題が尽きなく、楽しい。
とてもよい店を紹介していただく。
終えて、その足で、某事務所の忘年会に、監督のKさん、俳優のK君と共に出席。
部外者であるにもかかわらず、とてもアットホームに歓待していただき、社長のNさん以下、皆さんに大感謝!
久々に俳優の島津健太郎さん、山崎勝之君達に再会できて、いやいや、ひじょうに楽しゅうございました。
結局、朝まで。

仮眠をとってから、様々な事務関係の雑用を済ませる。
夜、某地某所にて、漫画家のNさんの仲介にて、詩人の三代目魚武こと濱田成夫さんに、約十年振りの再会。
相変わらずパワフルで、十年の歳月は瞬間的に埋まってしまう。
後から、写真家のHさんも合流して、数時間話し込む。
さらに忘年会に向かう諸氏と別れ、帰路に。
年末から、隠れ家行脚を行うので、そのための準備。

台湾で起きた地震の影響で、香港では諸々の回線が繋がらなくなっているらしい。
しかし、日本へのメールの送受信はなんとかできていて、仕事に支障をきたすことはなく、ひと安心。

DVDにて、ブライアン・シンガー監督『スーパーマン リターンズ』を観る。
後半の盛り上がりにやや欠けるキライはあるが、さすがブライアン・シンガー監督、シリーズのカラーをしっかり踏襲しつつ、無難にまとめている。とはいえ、ファンは、ジョン・ウィリアムス作曲のあのテーマ曲をきいただけで、もう完全KOなのですが。(ヒッチコック監督の名作『北北西に進路を取れ』のブロンド美女、エヴァ・マリー・セイントが、クラーク・ケントの育ての母役で出演しているのが嬉しい。歳月は残酷ではあるが……)

年末や新年をあまり意識しない。
意識すると「ああ、もう一年経ってしまった……」となって、そのぶん、心身共に年をとってしまうからだ。
365日でいちいち区切ったりせず、延々と同じ日々が続いているだけのことだと考える。
というわけで、いつも通り、東京を離れる。
これから約一週間の行動は秘密なので、公表せず。

|

« 06.12.4th week | トップページ | 07.01.2nd week »

日記」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/61844/7411216

この記事へのトラックバック一覧です: 06.12.5th week:

« 06.12.4th week | トップページ | 07.01.2nd week »