« エリーの舞台 | トップページ | 悪いことはできまへん »

20年振りの再発見

某誌の読み切りの第2稿を脱稿して、編集者氏に送付しました。
自分自身でも、初稿よりは、当然のことながら、よりブラッシュアップされた感触があります。
これでよしとなるか、さらに稿を重ねるこになるのか、編集者氏の意見如何です。
締め切りに追われることなく、しかし、毎日少しずつ着実に、一つの作品に磨きをかけてゆく過程は、飽きっぽいワタクシには、ひじょうに合っていることを再発見しました……約20年振りに。
(が、これが、例えば、長編小説とかになると、きっと持続しないでしょうな、性格上。漫画原作や脚本というのは、やはり“短距離走”なのです。なので、書き下ろしで大作をモノにされる小説家の先生方を、とても尊敬しております)
……というわけで、編集者氏に送付後、続いて、別の某誌のパイロット版2稿の構想にとりかかるワタクシでありました。

|

« エリーの舞台 | トップページ | 悪いことはできまへん »

漫画原作」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/61844/5281731

この記事へのトラックバック一覧です: 20年振りの再発見:

« エリーの舞台 | トップページ | 悪いことはできまへん »