« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »

困ったことにどちらも

映画のほうも、舞台のほうも、脚本の上がりを待つ日々です。
別にプレッシャーかけているわけではないですよ(笑)→脚本家の皆さん。
監督商売も、役者さんと同じく、待つのも仕事の一つでしょう。
とはいえ……。
この貴重な待ち時間の間に、プロデューサー諸氏と複数の企画の打ち合わせを行い、漫画の原作を書き、取材がてら色々な人々にお会いし、本やらDVDやらで勉強するわけですね。
う〜む、そう考えると、時間がいくらあっても足りんぞ。
最近よく思うことは、食べることと、寝ることがなければ、かなりの時間を稼ぐことができるのだが……ということです。
でも、困ったことに、どちらも大好きなのですが(笑)

| | トラックバック (0)

07.03.4th week

東京ではない某地にて、原稿とDVDと読書の日々。
今、映画のほうも、舞台のほうも、脚本を待っている時機なので、こちらとしては、その間に、できるだけ他の仕事をこなし、可能な限り勉強をしておくしかない。
なにしろ、一生かかっても、すべてチェックできるかどうかわからない量の本とDVDの山に囲まれているのだ。
そして、それが日々増殖しつつある。(ある意味、アホです)

あ、先週に日記で、「桜が散り始めている」と間抜けなことを書いてしまいましたが、まだ、咲いてもいなかったのですね。
咲き始めの桜だったわけですわ……ホンマにアホや。

イーライ・ロス監督『ホステル』を観る。
噂に聞いてはいたが、この監督、変に気取ったり、妙に戦略的にホラーを撮っていないところがいい。
確かにエログロがありながらも、低級に堕ち過ぎないセンスは、デビッド・リンチの短編映画のプロデューサーを務めてきた経験がものをいっている感じである。
フランソワ・オゾン監督『スイミング・プール』を観る。
今、フランスでもっともお気に入りの監督である。
淡々としていながらも、人間の心の内部に浸透してくる、すでに老成感さえ漂わせた演出力は、相変わらず、さすが。

原稿の合間に、一部本の整理。
泣く泣く売ることにする。
本当は売りたくないのだが、自分専用の図書館を建てられるような身でもないので、やむをえない。

マーカス・ニスペル監督『テキサス・チェーンソー』を観る。
プロデューサーのマイケル・ベイ監督よりも、このマーカス・ニスペルのほうが、はるかにいいセンスを持っている。
しかし、この監督に、マイケル・ベイのような大作を撮らせたら、やはり失敗してしまうに違いない。
そういうタイプの監督である。
映像のタッチが素晴らしくいい。

フランソワ・オゾン監督『まぼろし』を観る。
韓国のキム・ギドク監督と並んで、真の"天才"を感じさせる一作。
巧い。

原稿仕事が一段落したため、終日、読書とDVD。
学生時代は、DVDの代わりに名画座(死語!)通いの日々だったが、他人に気を遣うことなく、自由気ままに映画が完全版で観られるようになるとは、いい時代になったもんだ。

録画してあった『極道の妻たち〜情炎』を観る。
役者が全員いい。
中でも、前田愛と杉本彩の二人は、役もおいしいが、存在感が際立っている。
同じく、録画してあった『日本暗黒史〜血の抗争』を観る。
安藤昇先生が主演で、工藤栄一監督が演出とくれば、これは絶対に観なければなるまい。
二人を支える伴淳三郎先生が出色。
DVDで、遅ればせながら、ジョナサン・フレイクス監督『サンダーバード』を観る。
あまりに評判が悪かったので、ずっと観る気を失っていたのだが……まったく評判通りでありました。
この監督、役者としてはそこそこかもしれないが、『サンダーバード』が、なぜ、あそこまで世界的に大ヒットしたTVシリーズになり得たのか、まったくわかっていない。
そういう人に監督を任せるスタジオのプロデューサーもわかっていない。


DVDにて、ウェス・アンダーソン監督『ザ・ロイヤル・テネンバウムズ』を観る。
こういう作品は特にだが、公開から時間を経て、観るに限る。
つまり、お祭り騒ぎ的にではなく、冷静に観る必要がある作品ということだ。
……にしても、傑作!

友人の作家のOさんとお話。
最初から最後までオフレコ話のオンパレード。

立花隆著『ぼくの血となり肉となった五○○冊、そして、血にも肉にもならなかった一○○冊』を読了。
立花さんの本を読んだ後は、いつものことながら、自分の残学さに、ひたすら呆れ返る。
もっと勉強せねば。

映画は劇場で観るべきものである、あんたはどこかの部屋でばかり観ている、そんなのは邪道だ、と、ある方からお叱りを受ける。
しかし、だ。
昔から比べるとかなりよくなったとはいえ、相変わらず、日本の映画館は設備的な不備が目立つ。
マナーの悪い観客の存在に至っては、年々、増加しているとしか思えない。
試写状もいただいているが、どうも、あの"業界然"とした雰囲気になじむことができず、また、知った顔に出会って話でもしようものなら、それだけで映画への集中力が殺がれてしまうので、よほどのことがない限り、最近は出かけない。
正直、映画を観ている時のワタクシの集中力は、本を読んでいる時と同じく、"異常"なのだ。
あ、あと、DVDに付いている映像特典。
実は、これが大好きなのです。
なので、それを観たいがために、基本、DVDはレンタルでなく、すべて買うことになってまうわけでして。

ジェームズ・ワン監督『ソウ』を、ある事情により、再観。
アイディア一発勝負とはいえ、よく考え抜かれているよなあ、やはり。

例によって、人が少なくなる夜中に東京へ。

夕方、某誌の副編集長のFさんと打ち合わせ。
夜、連続して、またDVD。
アルフレッド・ヒッチコック監督『私は告白する』を観る。
ヒッチコックの、この異端の名作が、わずかワンコインの値段で観れるとは……感激!


アレクサンドル・ソクーロフ監督『太陽』を観る。
重厚なる傑作。イッセー尾形はじめ、出演役者の全員の至芸が見事。

ある企画を練る。
夜、DVD。
ジョナサン・リーベスマン監督『テキサスチェーンソー〜ビギニング』を観る。
前作より劣る。が、意欲は買える。
録画してあった藤田敏八監督『ダイヤモンドは傷つかない』を観る。
今や大ベテランとなった田中美佐子のデビュー作。大学時代に劇場で観て以来。
テーマがほとんど古びていない。つまり、人間という存在は変わらないということか。

あいにくの雨模様。
監督のKさんと待ち合わせて、"元"俳優の菊地謙三郎君の結婚式へ。
教会での式が終わる頃には、雨も上がり、よかったよかった。
原宿での二次会に、Kさん、俳優のSさんと共に顔を出してから、散会。
菊地君、素晴らしい奥様、末永くお幸せに!


DVDにて、『マーダーボール』を観る。
傑作ドキュメンタリーだということは、もう観る前からわかっていたのだが、これを劇場で観なかったのは、もちろんDVD特典映像のため。予想通り、ジャッカスの特番が最高でした!

| | トラックバック (0)

07.03.3rd week

ひたすら原稿。
ひたすら読書とDVD。
ドスエフスキー著『カラマーゾフの兄弟』の新訳版の第1巻を読了。
ドストエフスキー作品の中では、やはり通説通り、これが一番の傑作だと思う。
今までに様々な版で、何度も読み返しているが、その深さの印象が薄れることはない。
倉本聡著『あなただけ今晩は』を読了。

実は、まだ、このドラマを一度も観たことがない。観たことがないのだが、このシナリオを読むだけで、その構築力の確かさ見事さに舌を巻く。

打ち合わせがあるので、夕方目指しで、東京に戻る。
平日なので、表参道近辺の人通りもまあまあ。
渋谷の某店にて、某社の映画プロデューサー諸氏と密談。

久々に某社に行き、某誌の副編集長のFさんと、ある大切な作業。
終えた足で、某誌の担当編集者のHさんとお話。
その後、ついフラフラと書店に入ってしまったのがイケマセン、ノンフィクションの気になる新作が多数出ていて、すべて衝動買いしてしまう。

脚本家のHさんと共に、某社にて、プロデューサーのダブルKさんと、脚本の打ち合わせ。
終えた足で、某誌の副編集長のRさんと、久々に打ち合わせ。
そのまま、自分の会社の顧問弁護士のK先生を訪ね、いろいろと御相談。

プロデューサーのSさんと、某社を訪ねて、ある企画のお話。
ある突発的な企画の話が浮上したため、その足で、某社に出向き、先日に続いてプロデューサーのダブルKさんと密談。

プロデューサーのSさんと、某社を訪ねて、ある企画のお話。
ある突発的な企画の話が浮上したため、その足で、某社に出向き、先日に続いてプロデューサーのダブルKさんと密談。

多賀祥介著『ATG編集後記』を読了。
大学時代にATGの映画は死ぬほど観まくったものだが、そのノスタルジーを掻き立てる。

土曜日ではあったが、某誌の副編集長のFさんと打ち合わせ。
表参道近辺は人の群れなので、最近ではたばかりの穴場のカフェへ。

ハークブム・ウォンブム、パンジャン・ピサンタナクーン共同監督『心霊写真』を観る。わりと想定内。
続けて、ニール・マーシャル監督『ディセント』を観る。この監督は才能がある!


CNNで、また"季節外れ"の異常寒波のニュース。
もちろん、地球温暖化が原因である。
異常寒波→空港閉鎖で飛行機が飛ばない→ビジネスマンが動けず、貨物が運べない→経済に悪影響→市民生活に悪影響。
簡単に言うと、そういう図式がひたすらループすることになる。
今年の夏は、去年以上に世界各国で大変な気候になるらしい。
これまた、もちろん、日本も例外ではありえない。
そして、まだ、ギリギリ手遅れではない。

 

脚本家のKさんと待ち合わせ、夏にやる舞台の役者さん達が、いつも殺陣の練習をしているという世田谷の公園へ。
桜が散り始めているが、まだまだ寒い。
プロデューサーのTさんと話し、役者さん達に挨拶し、Kさんと某店に入って、かるく打ち合わせ。
終えた足で、今週は遅くなりましたが、またそそくさと東京を離れる。


ひたすら原稿。
合間に、キム・ギドク監督『春夏秋冬そして春』を再観。
何度観ても新しい発見がある傑作。
渋谷で上映されたキム・ギドク映画特集も、連日大入り満員だったらしいが、韓国映画業界的にみると、監督の映画は赤字と負債で大変らしい。
う〜む、なので、監督が韓国映画界に見切りをつけて、海外へ移住するという発言も、わかるような気がする。

| | トラックバック (0)

主演女優決定

プロデューサーのTさんより連絡があり、主演の女優さんが決まったとのこと。
名前を聞いて、少なからずビックリ、以前から、自分がけっこう注目していた舞台女優さんだったからです。
(同じく、彼女が所属している劇団にもまた注目していました)
アクションがこなせて、お芝居もできて……となると、我々の世代は、どうしてもあの志穂美悦子さんと引き比べてしまうのです。
実際、客観的にみて、万人が認めるという意味において(つまり、業界人だけでなく、世間一般の人々、同時に海外にまで広く認識されているという事実において)、志穂美さん以降、日本に本格的なアクション女優は出現していません。
ですので、「これは……」と思う女優さんには、常々注目していたのですが、今回の彼女はまさにその一人であり、なんとも先行きが楽しみではあります。

| | トラックバック (0)

脚本初稿

脚本家のHさんより、映画の脚本の初稿が届きました。
まだ、情報は公開できませんが、とにかく長年の企画だけに、脚本も気合が入っていて、Hさんの手になる作品の中でも、かなりの出来です。
これからまた、長〜い、でも、つきるところは楽しい闘いが始まります。

| | トラックバック (0)

リ・スタート

某誌の企画原稿も、ついに第4稿目にして、担当編集者の方のOKが出ました。
しかし、これまた、ようやく、ここからが本当の勝負(笑)
編集長のOKが取れなければ、結局は没であります。
はてさて、結果は如何に?!
かたや……。
もう一つの企画原稿のほうは、上層部判断が出て、あえなく“討死”に。
が……。
そんなことは数限りなく体験してきたワタクシとしては、だからといって、終わりではありません。
そもそも企画というもの、採用になるものより、没になるもののほうが多いのは常識中の常識。
しかし、核となるネタさえよければ、形を変えての“再生”や“復活”もあり得るのも、また常。
では、どうやって再生復活させるのか?
それは、まずは、担当編集者から没理由を聞き、それを分析するところからリ・スタートするのです。

| | トラックバック (0)

されど意義あり

大阪へ行ってきました。
自主映画2本の準備のためであります。
1本はプロデューサーなので、脚本の上がり待ち。
もう1本は、監督と脚本なので、主演を務めてくれるT君と共に、もろもろの打ち合わせを行いました。
今の自分は、もう一つの仕事である漫画の原作でもそうですが、とにかく、これまでとは違ったアプローチで、ものを作りたいと思っています。
その一点にしか興味がないといっても過言ではありません。
今回の自主映画制作についても、いろいろな人達から「アホちゃうか」と言われていいますが、ここまで食って生きてくる過程でも、死ぬほど浴びせられてきた言葉なので、「ああ、ホンマやな〜」と(笑)思うだけであります。
そんな中にあっても、さる大かがりなイベントのゼネラルプロデューサーを務められているHさん、某メジャーテレビ局の要職にあるKさんは、数少ない応援者であり、人間的にもひじょうに魅力に富んだ尊敬できる人達です。
そういう方々と出会えただけで、始めた意義はあるというものです。

| | トラックバック (0)

07.03.2nd week

引き続き、大阪。

先週あたりから、花粉症の症状が出始めているが、長年の経験から、なんとか抑え込むことに成功しつつある。

そういえば……。
関西のいくつかの大学が、東京駅周辺の再開発地域に、拠点を構えるらしい。
つまり、関西にいては、正直、ビジネス的に「やってられへん」ということだろう。
結局は、一極集中化は避けられないのか。
大阪にいてみて、ひじょうに実利的にわかることは、やはり、東京よりも"不便さ"が目立つということだ。
人は、哀しいかな、より便利なほうへと流れる。

日々、T君と自主映画の打ち合わせ。

T君に案内されて立ち寄ったオタク店にて、かの『謎の円盤UFO』のメカ、インターセプターを発見!
シャドーモービルはあきらめたものの、インターセプターは……! もう辛抱たまらんということで衝動買い!
鳴呼!

某地某店にて、敬愛する某局のプロデューサーのKさんとお話。
あまりにも興味深い作品作りの裏話の数々。
が、残念ながら、公表はできない内容。

東京に戻る。
車中、内田春菊著『作家は編集者と寝るべきか』を読了。
スキャンダラスなタイトルとは裏腹に、実に読ませる私的創作論。
あ、あと、タクシーの運転手について言及しているくだりは、まったくその通りだと思う。

ある著名な大学の先生とお話。
つきるところ……。
100年のタームで考えると、今から100年後には、あなたのことも、私のことも、誰も覚えてはいない。
もちろん、何百年経とうと、残っていくものもある。
だが、ほとんどの人や物は、時間の彼方へと消え去ってしまうのだ。
だからこそ、今を、自分の好きなように生きる意義がある。
だからこそ、地位や名誉や金に固執することの愚かさがわかる。
が……。
どうしてもわからないのが、また、人間ゆえ、なのだろうね。

某地某店にて、信頼する友人のプロデューサーのTさんと会食。
秘密のお話。
明日が、久々に朝から打ち合わせなので、かるく飲んで帰る。

午前中から、某社にて、プロデューサーのYさん、そして社長のRさんと久々にお会いする。
映画の打ち合わせ。
その足で、某店に向かい、プロデューサーのSさんと打ち合わせ。
すでに週末だったので、終了後、早くも東京を離れる。
さて、今週はどこへ行くべえか。

というわけで、今週末も、ある場所へ人ゴミを避けて避難。
その地で、原稿を書いて、編集者に送付。
合間に、例によって、持参したアメリカのテレビドラマのDVDを片っ端から。
どれもこれもよくできている。
やはり、制作費だけではない。
企画の志(こころざし)の問題だ。

| | トラックバック (0)

Mさんと話す

昔から、ワタクシがもっとも注目している映画プロデューサーのMさんに、久々にお会いして、お話ししてきました。
このMさん、タイトルを言えば、特に我々の前後の世代は、「おおッ!」という名作を何本もプロデュースされていて、何を隠そう、ワタクシもそれらの作品に接してしまったがために、今、映像の世界に首を突っ込んでいると言っても過言ではないのです。(あとは、ブルース・リーのせいですね)
いろいろと言う人達もいますが、とにかく、「これぞ映画プロデューサー!」という方で、少なくともワタクシは、いつも会うたびに前向きなパワーをもらっています。
まず「できない」と口にする人達がとてつもなく多いこの国にあって、「絶対にできる」と言って、本当にやってしまう姿勢には、学ぶべき点多しであります。
さてさて、ワタクシも頑張らねば!

| | トラックバック (0)

役者さんと話せる”普通”

夏に公演予定の舞台ですが、今回、ワタクシが出演を熱望した女優のIさんと、彼女のマネージャーさんにお会いしました。
Iさんとは、ある作品で御一緒させていただいたことがあるのですが、現場に入る前にも、撮影中にも、ちゃんと話す機会がなく、今回初めてまともにお話ができた次第です。
(本来は、撮影中は当然のことながら、撮影前にも役者さんと、役について話し合うのが普通ですが、件の作品は、そのどちらもできなかったのです。これは、なぜかというと……敢えて書きませんが、監督であれば誰でもわかる理由に拠っています)
今後も、こういう形で、役者さん達との顔合わせが行われるわけですが、ワタクシの場合、その役者さんの個性によって、脚本も演出も、場合によってかなり“壊す”タイプなので、とにかく、ひじょうに楽しみであります。

| | トラックバック (0)

贅沢な理由

某誌の読み切り原稿、ついに第4稿にて、めでたく最終稿に。
とりあえず、あとは、漫画家さんのネームの仕上がりを待つことになります。
で……。
間髪入れず、その待ち時間に、別の某誌の企画案を作りました。
これは、すんなりと一発OKが出て、またまた読み切り用のプロットを切ることに。
なんといっても、どれもこれも、すべてまったく新しい内容や方式であることを、自分自身に義務付けているので、読み切りテストスタートは当然のことであります。
先日、各誌の担当者諸氏と話していたら、新人の原作者志望の方々は、たいてい、この段階で落ちていくとのこと。
つまり、書き直しに耐えられない、読み切りに耐えられない、その二点の理由が多いそうなのですが……。
例え、100回直しても、100回NOと言われても、ぜんぜんあきらめる気のないワタクシにとっては、なんとも贅沢きわまりない脱落理由であります。

| | トラックバック (0)

07.03.1st week

例によって、例によっての時間帯に東京に戻る。
深夜の人気のない表参道は、やはり、悪くない。
人が多いと、悪いのみだけど。
帰京する前に、ついつい再観し始めてしまった降旗康男監督『極道の妻たち〜三代目姐』が止まらなくなり、東京に着いてから、最後まで。
何が魅力なのかと問われると、よくはわからないのだが。

原稿。
合間に、野田幸男監督『不良街』を。
歴史に残る大名作『0課の女〜赤い手錠』を超える作品は、ついに生み出せなかった監督だとは思うが、このあたりの作品は、まだまだハイテンション。

某社にて、関係者各位にて、ある映画の秘密の打ち合わせ。
夜、原稿の続き。

『"殺し"〜活字プロレスの哲人 井上義啓 追悼本』を読了。
"プロレスは死んだ"といわれる現在の状況において、決してノスタルジックな感傷には浸れない、おそろしく挑発的な一冊。

クァク・ジギュン監督『プライベートレッスン〜青い体験』を観る。
おいおい、この日本版タイトルはないぜ!
ペ・ドゥナの熱演も素晴らしい青春映画の佳作なのによお。

某誌の副編集長のSさんと共に、某社へ。
秘密の会合。
Sさんと寿司店にて昼食後、次の打ち合わせ場所へ。
某誌の副編集長のFさんと、いつものカフェで。
終えるやいなや、さらに次の打ち合わせ場所へ。
舞台のプロデューサーのTさんと。
終えて帰ろうとすると、ある作品の若手男優女優諸氏とバッタリ!
積もる話だらけで、ついつい長時間喫茶店トークをしてしまう。

完全に予約注文していたことを忘れていた『謎の円盤UFO』の、限定生産ムーンベースセットが届く。
やれ、懐かしや!
みごとに"往年商法"にハマっておるわけですが。

ある情報がもたらされて、その情報をくださった方々と、秘密の昼食会。
終えて、夜中まで原稿。
合間に、キム・ギドク監督『魚と寝る女』を。
この監督は、やっぱり凄いよ!

朝から原稿。
午後、某社にて、社長兼プロデューサーのMさんとお話。
次いで、先日に引き続き、舞台プロデューサーのTさんと。
今日は、出演依頼を行った女優のIさん、マネージャーのAさんと顔合わせ。
Iさんは、ずっと、ある種の"華"を感じていた人なので、出演していただけるといいのだが。

瀬川昌治著『乾杯!ごきげん映画人生』を読了。
日本映画が、本当に"映画"であった時代の、とても羨ましいお話。

朝から原稿。
合間に、またまたキム・ギドク監督『弓』を。
またもや傑作!
夕方、某所にて、友人の小説家のNさんとお話。
共通の話題があるので話尽きず。
が、互いに次の打ち合わせへ。
夜、原稿。

いつものように、人の合間を縫って、東京を離脱。
で、原稿。
そして、合間に、キム・ギドク監督『受取人不明』を。
これも凄い!

原稿のケリをつけてから、一路、大阪へ。
……と、その前に、またまたキム・ギドク監督『コースト・ガード』を観る。
これに限らず、魂に重く訴えかけてくる作品には違いないが、こりゃ、客入らんだろうなあ……。
新幹線、混んでいないだろうとタカをくくっていたら、これがけっこう混んでいて、驚き。
とはいえ、チケットが取れた号は空いていて、ゆっくりできる。

どの土地でもそうだが、電車の混雑には"エアポット"が必ず存在する。
うまくそれを見つけ出して、なるべく人ゴミに煩わされずに移動する方法を、長年の旅の勘で掴んだ。
車内で、見城徹著『編集者という病い』を読了。
先日お会いしたプロデューサーのMさんもそうだが、この世代の人達は、なぜか異様なまでにパワフル。

それにしても……。
この本の中にもあったが、死は平等に人間に訪れるもので、その瞬間は、結局はたった一人で迎えなければならない。
どれほど多くの人々が看取ってくれようとも、共に旅立つことはできない。
もちろん、地位も名誉も家も金も、何も持っていくことはできない。
生まれてきた時と同じく、裸一貫、きわめてシンプルである。
にもかかわらず、その事実をすっかり忘れ果てて、増長しまくりの輩のなんと多いことよ。

夜、到着。
友人の監督のT君、弁護士のK氏と合流。
居酒屋にて、さっそく飲む。
よもやま話の数々。
明日の朝も早いK君と別れ、さらにT君と共に、行きつけのバーへと流れる。
マスターとは久々。
常連客の議員諸氏を紹介いただき、お話。
T君の事務所に泊まり、久々にアイドル犬のインディーと眠る。

| | トラックバック (0)

« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »