« 07.03.1st week | トップページ | 役者さんと話せる”普通” »

贅沢な理由

某誌の読み切り原稿、ついに第4稿にて、めでたく最終稿に。
とりあえず、あとは、漫画家さんのネームの仕上がりを待つことになります。
で……。
間髪入れず、その待ち時間に、別の某誌の企画案を作りました。
これは、すんなりと一発OKが出て、またまた読み切り用のプロットを切ることに。
なんといっても、どれもこれも、すべてまったく新しい内容や方式であることを、自分自身に義務付けているので、読み切りテストスタートは当然のことであります。
先日、各誌の担当者諸氏と話していたら、新人の原作者志望の方々は、たいてい、この段階で落ちていくとのこと。
つまり、書き直しに耐えられない、読み切りに耐えられない、その二点の理由が多いそうなのですが……。
例え、100回直しても、100回NOと言われても、ぜんぜんあきらめる気のないワタクシにとっては、なんとも贅沢きわまりない脱落理由であります。

|

« 07.03.1st week | トップページ | 役者さんと話せる”普通” »

漫画原作」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/61844/5561253

この記事へのトラックバック一覧です: 贅沢な理由:

« 07.03.1st week | トップページ | 役者さんと話せる”普通” »