« 2007年7月中旬 | トップページ | 2007年8月上旬 »

2007年7月下旬

■7月×日
某スタジオにて、ドラマの打ち合わせ。
その後、場所を移して、衣装合わせのパート1。
僕的には、気心の知れたゲスト役者の皆さん。
だからこそ、今までとは違った魅力を、できるだけ引き出してあげたいと思っています。
その作業は、当たり前の話ですが、すでに衣装合わせの段階からスタートしているのです。
髪型ひとつ、小道具ひとつ、おろそかにはできません。

夜、ある役者さんと、渋谷にて、とても大事な会食。


■7月×日
クランクイン前の、たった一日の自由な日です。
しかし……。
あるC誌用に、新企画の漫画原作の原稿を書いて、担当編集者のSさんに送りました。明後日には、心身のすべてがドラマの撮影現場に集中しているので、今しか原稿を書いている時間がないのです。


■7月×日
衣装合わせのパート2。
また別のゲストの役者の皆さん。
もちろん、すでに気心は知れている方々。
今日は、引き続き、本読みを行いました。
今回のドラマの主役であるE君も参加してくれたので、とても助かりました。
みんな安定していて、きわめてスムーズで、安心しました。
終了後も、さらに打ち合わせは夜まで続きます。
そして、いよいよ明日から、梶組クランクインです!


■7月×日
本日、梶組クランクインです。
事務所を出る前に、脚本に刻んだ新田隆男さんの名前を前に、黙祷を捧げ、そして告げました。
「さあ、新田さん、一緒にやりましょう!」
外へ出ると、昨日までの天候が嘘のように、すごい大快晴!
かなり清々しい!
新田さん、やってくれるじゃん!

初日のファーストカットは、横浜にある某公園にて、レギュラーメンバーが勢揃い。
1カット撮ってみて、いきなり、彼ら3人のことが大好きになりました。
彼らの実に好ましい人柄がよくわかったからです。
主役のE君は若いながら侠気(おとこぎ)の人、T君は天然だけどピュア、Aちゃんも天然だけど素直。
(もちろん、3人とも美しく、そしてカッコよくて、画になる!)
プラス、スタッフとの連携もいい感触で、「これは楽しい現場になる!」と確信できました。
途中、E君やAちゃんから、アイスやゼリーの差し入れ。
強烈な暑さの折、かなり援けられました!
大感謝!

日中は予定通りこなして、陽が落ちてから、ナイターでの撮影です。
ゲスト主役のK君とは、久々の再会ですが、以前と変わらぬムードメーカー振りに、大いに助けられました。
(そういえば、彼も新田隆男さんに紹介された役者さんなのです)
ああ、しかし、初日はタイムリミットがきて、少し撮りこぼしてしまった……。
ま、これくらいなら、すぐ挽回できるけどね、と自分を励ましました。


「初日のナイター撮影。」


■7月×日
撮影2日目。
本日も天候は良好なれど、都内某所にあるスタジオにて、終日撮影。
レギュラーメンバー3人に加えて、準主役ともいうべきSちゃんも登板。
(アップで撮ると瞳が神秘的に美しいことを発見!)
さらにプラス、僕の長年の“盟友”であるR君もゲスト主役で初登場です。
R君とは、ほとんど“アイコンタクト”で意思の疎通ができるので、あまり時間のない現場では、まさに僕にとってのリーサルウェポンであります。

このスタジオでの撮影は、ロケハンに訪れた時に、ほぼ画がイメージできていました。
しかし、実際の現場となると、場所は同じでも、様々な条件状況が変更になり、瞬時にしてイメージの大幅な改変も必須になってきます。
これが、緊張をともなうけれど、メチャクチャ楽しいのです。
美術部さんが素晴らしく飾りこんでくれた場に役者さんを立たせてみて、厳しい制限時間と睨めっこしながら、それでも自分のテイストを出していく、キワキワの楽しさですね。
同時に、設定されたキャラクターの許す範囲内で、それぞれの役者さんの異なった個性=いいところを、可能な限り引き出してあげたいというのが、僕の最大のテーマともいえます。
本日は、脚本家のKさんが、弟さんと一緒に陣中見舞いにいらっしゃいました。
予定通りに撮り終えて、ホッと一息です。


「相性バッチリ! カメラマンのTさんと現場に向かう。」


■7月×日
某スポーツ新聞にて、今回のドラマの記事が初登場!
それをスタッフやキャストのみんなと見ながら現場へ向かいました。
撮影3日目。
都内にある例の映画の専門学校にて、ゲスト主役のK君と共にロケです。
脚本家のKさんも、特別出演。
滞りなく撮り終えたところで、別のゲスト主役のR君、そして今日が初登板となるもう一人のゲスト主役のSちゃんと合流して、次の現場へと向かいます。

その現場で、特別出演の女性ミュージシャンのHちゃんと初対面。
演技は初めてと言うわりには、なかなか勘がいい。
ゲスト主役のSちゃんについては、いろいろな反対を押し切っての独断と偏見の起用だったので、ファーストカットはこちらも少し緊張しましたが、難なくクリアしてくれて、よかった、よかった。
が……。
途中から、いきなり雨が!
それでも、なんとか奇跡的に撮り終えられたのは、まさに強靭なスタッフワークの賜物であります。
心より感謝!
そして、夜のシーンは、すっかり雨もあがり、初日に撮りこぼした分を無事に撮り終えたのでありました。
再び多謝!


■7月×日
大快晴!
今日は木更津でのロケです。
ゲスト主役のR君とSちゃん、完璧な画になるツーショットになってくれて、監督としては嬉しい限りです。
それにしても日差しが強く、あっという間に日焼けしました。
午後からは、レギュラーメンバーも参加しての大事なクライマックスの撮影。
そして、さらに大量のアクションシーンの撮影へ突入です。
さすがに時間が足らず、陽も落ちてきて、初めての大ピンチ!
キャストとスタッフの力で、重要なシークェンスはすべて撮り終えましたが、さすがに一部を撮りこぼしてしまいました……。
それにしても……。
主役のE君の動きと勘の良さには舌を巻きました。
同時に、ゲスト主役のSちゃんも、以前の彼女とは比べものにならないほど頑張ってくれて、思わず目を瞠りました。
終了後、E君とはいろいろ話す機会があり、より彼のことを心から信頼できるようになりました。
ヘビィな一日でしたが、それだけの余りある収穫がありました。


「木更津にて移動撮影。アチィ〜!」


■7月×日
またまた大快晴。
そして、本日は、これまた不思議なことに新田隆男さんとも縁の深かった、某出版社の敷地内での撮影でした。
(初めてロケハンに連れて行かれた時は、本当にビックリしました。やっぱり、新田さんと一緒に撮っている気がしてなりません)
午前中に、主役のE君とゲスト主役のSちゃん、レギュラーのT君、Aちゃん、Sちゃん達のシーンを、きわめて快調に撮影終了。
昨日のヘビィさが嘘のようです。

午後から横浜方面に移動して、とあるマンションにて、ゲスト主役のK君のシーンをナイター含め、撮影。
K君とは周知の間柄でツーカーだし、E君との間にも強い絆が感じられるようになって、これもまた順調に終りました。


■7月×日
本日は、僕がもっとも楽しみにしている撮影日。
日中はゲスト主役のSちゃんメイン、夜はやはり別のゲスト主役のNちゃんを撮れる“女優さん日和”だからです(笑)(早朝から明け方にまで渡るような過酷な撮影では、ある意味、現場に女優さんがいてくれるのといてくれないのとでは、テンションにかなりの差があるのです)
とはいえ、Sちゃんのシーンは、大勢のエキストラの人達が絡んだり、主役のE君もまじえたアクションシーンもあります。加えて、Nちゃんのシーンは、明け方までかかるオールナイトの撮影です。

ですが、結果的には、きわめて順調で、本当に楽しい撮影でした。
キャストやスタッフとの呼吸が、完全に合った感のある一日でした。
おまけに、突然の雨にやられたものの、本格的に降る前に撮り終えたり、待機している別場所で逆にいい画が撮れたり、その間にすっかり雨が上がったりと、まさに天国の新田さんに感謝です。
(ゲスト主役のR君とSちゃんは、お芝居をしながら、僕と同じく、天上の新田さんに語りかけてくれていたそうです)

オールナイト撮影となったNちゃんとK君のシーンも、スタッフ一同睡眠不足ながらも、完全に阿吽の連携で、とてもうまくいきました。彼らに絡む主役のE君も、自分なりのアイディアを出してくれたりして、最高の一夜でした。(おまけに、以前撮ったドラマの主役と準主役の二人が、いきなり乱入して来るという、懐かしく嬉しいハプニングもあり)肉体は疲労していましたが、精神は昂揚しっぱなしでした。
ああ、マジで現場から帰りたくなかったなあ。


「日焼けに懲りて、首にはタオル。」


■7月×日
本日は撮休。
しかし、監督は打ち合わせがあるのですよ。


■7月×日
今日も、天気は快晴。
レギュラーのT君、Aちゃん、そしてゲスト主役のR君と。
ここまでくると、キャストとスタッフとも、もはや“アイコンタクト”状態。
まったく滞りなく撮り終えて、夕方には終了。
スタッフから「梶監督を胴上げだ!」という言葉まで飛び出したりして、いやいや、監督冥利に尽きました。

余裕があったので、ロケ現場まで近い某街へ。
実は、10年以上前、僕も住んでいた街ですが、さすがにかなり様変わりしていました。
そこで、今回のドラマにとても縁の深いケーキ屋さんがあって、スタッフと共に買い物。
その昔、何度か来たことのあるケーキ屋さんで、まさかこういう縁で再訪することになるとは、まったく運命とはわかりません。

|

« 2007年7月中旬 | トップページ | 2007年8月上旬 »

日記」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/61844/7431051

この記事へのトラックバック一覧です: 2007年7月下旬:

« 2007年7月中旬 | トップページ | 2007年8月上旬 »