« 2007年8月中旬 パート2 | トップページ | 2007年8月下旬 パート2 »

2007年8月下旬 パート1

■8月×日
本日も、祖師ヶ谷大蔵の稽古場にて、稽古。
女優のSちゃん、Kちゃん、そしてK君と近くのカフェでお話。

その後、稽古。
役者の皆さんの進境それなりで、本日は、夕方までに終了。
一時はどうなることかと思いましたが(笑)とりあえず、よかった、よかった。
もちろん、まだまだやけどね。

Sちゃん、K君とかるく食事してから、駅でバッタリ出会った女優のIちゃんと一緒に新宿まで。
Sちゃんを連れて、シアターサンモールへ。
漫画家のヒロモト森一先生、小説家の大倉崇裕先生、某局のプロデューサーのSさんもまじえて、満島ひかりちゃんの朗読劇「苦情の手紙」を観劇。
例によって、いろいろと知り合いに会って、しばし歓談。
朗読劇は、ひかりちゃんのキャラクターに合っていて、とても面白い!
終了後、ひかりちゃんに挨拶してから(次々と仕事が決まっていて、さすが!)、一同で夕食。


■8月×日
青山にて、某会社のプロデューサーのHさん、Nさんと打ち合わせ。

夕方、今日は武蔵小山に移動した稽古場へ。
う〜む、もうじき本番だというのに……いきなりダメだ。
脚本家の小林さん、女優の秋本つばさちゃんが陣中見舞に来てくださるも、どことなく心が晴れず。
稽古終了後、主だったメンバーと近くの居酒屋にて会食。
しかし、ますます心は晴れず、なんとかせねばと。
結局、梶組の“リーサルウェポン”たる役者のR君と共に、渋谷のパスタ店で、今回の舞台や芝居について、朝まで真面目に話しました。
帰ってからも、もちろん、眠れるはずもなく、舞台のことを考え続けた次第です。


■8月×日
本日は、目黒でK君と待ち合わせ、タクシーにて西小山にある稽古場へ。
さすがに一睡もしていないので、炎天下を歩いて体力を消耗したくなかったのです。
稽古前に、役者のみんなにお話。
100パーセント、間違っていることを言ったつもりはありません。
「私生活を犠牲にしてでも、努力して勉強して、舞台に芝居に命を賭けろ」ということです。
当たり前のことですが、これがわかっていない人、理解できない人が多くて、こっちが倒れそうになります。
どこかに逃げ場がある奴、どこかで楽している奴が、ギリギリの立場で勝負して、いつも完全燃焼している人に、気迫で気合で勝てるはずがないのです。
それは、舞台上の芝居に如実的確に反映します。
努力しています! といくら口で言っても、芝居を見れば、それが本当の努力か、単なるマスターベーションか、明確にわかります。
……ということを発見したのが、かなりの収穫でした。

早退して、急ぎ砧へ。
ドラマのCGのチェックを行いました。
とてもいい出来でした。
帰ってから、原稿仕事。

アメリカから、デビッド・リンチ監督の新作、並びに大監督達のデビューフィルムを集めたDVDが届きました。
果たして観ているヒマがあるのでしょうか?!


「デビッド・リンチの新作DVD!」


「大監督達のデビューフィルムDVD!」


■8月×日
本日も西小山にある稽古場。
役者のみんなに僕なりの“檄”を。
今回、僕なりにとった演出方法は、“ほとんど演出せず、ヒントだけを与えて、役者さん自身に自発的に考えてもらう”ということでした。
つまり、他人の演出意図に沿って“芝居”をするのではなく、役者さん自身が“役を生きる”ことで、自分なりのキャラクターを創造する、という方法です。
それが、アウェイから来ている自分にとっても、まだまだこれからの役者さん達を理解するうえで、もっともベストな手法だと考えたからです。
そして、やはり舞台は、最終的には役者さん達のものだというテーマに尽きます。


「稽古風景」

というわけで、稽古を中抜けして、タクシーをぶっ飛ばして、新宿の京王プラザホテルへ。
ホテル内のレストランにて、「コミックチャージ」の担当編集者のFさんと、定期打ち合わせ。
その後、女優のNちゃん、彼女の事務所の社長のHさんと、引き続き打ち合わせ。
やっとこさ満足な食事にありつきました。
ここしばらく、ろくに食事ができていなかったのです。
終えるやいなや、即攻で銀行に立ち寄り(銀行に行っているヒマがなくて、ほとんど無一文状態だったのです)、再びタクシーをぶっ飛ばして西小山へリターン。
稽古に戻り、終了後、役者さん有志と共に居酒屋に流れました。


「居酒屋にて R君、天井より高いです」


「居酒屋にて R君、こんな感じです」

明け方近くに帰って、それから原稿仕事。
いったい何やってんだか。


■8月×日
早いもので、本日で、稽古最終日。
武蔵小山の稽古場。
とりあえず、役者の皆さんに、最後のダメ出しと最後の檄。
役者さんのレベルというか、ボルテージに圧倒的な差があって、プロ劇団と学芸会芝居を並列で観ているような気分に。
完全燃焼度の差。
どうしても決まらないシーンがあり、リミットの問題もあって、禁を破り、そこだけは“演出”を行うことを決意。
……と言いつつ、脚本家の小林雄次さんに後を託して、またまた中抜けして、砧へと向かわねばならぬ後ろ髪。

スタジオにて、CGのチェックの最終。
すべてよい出来で、監督としては満足。
道中、カメラマンのTさんとお話。
こちらも早いもので、来月頭には完全撮影終了とのこと。
ラス日は行かなければ。
……と思いつつ、再び、武蔵小山へリターン。
電車の乗り継ぎにさすがに疲れました。
役者の皆さんが集っている居酒屋へ。
役者のR君の肝煎りで、なかなか面白いオリジナルTシャツができてきていて、驚き。
いい意味で、みんな居酒屋の店員さんみたいになっていましたが(笑)
で、またまた、いろいろと話し倒して、結局、朝まで。
久々に始発で帰りました。

|

« 2007年8月中旬 パート2 | トップページ | 2007年8月下旬 パート2 »

日記」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/61844/7692067

この記事へのトラックバック一覧です: 2007年8月下旬 パート1:

« 2007年8月中旬 パート2 | トップページ | 2007年8月下旬 パート2 »