« 2007年9月中旬 パート2 | トップページ | 2007年9月下旬 パート2 »

2007年9月下旬 パート1

■9月×日
午前中は原稿を書きました。
久々の(笑)作家モード。

午後、四谷へ出て、いつもお世話になっているSさんと合流。
アトレの中のレストラン“PAUL”でかるくお話をしてから、僕の会社の顧問弁護士であるK先生の事務所へ。(しかし、このレストラン、店先で売っているパンは店内で食べてはいかんというのは、ちょっと……)
K先生にいろいろと御相談。
そういえば……。
大阪の友人であるK君も、先日、“大阪の破れ傘”と呼ばれている弁護士さん(わかる人にはわかると思いますが〜笑)の事務所に入って、本格的に弁護士としての仕事を開始しましたと。
東も西も頼もしい限りです。

終えた足で恵比寿へ。
これまた、いつもお世話になっている美容室へ行き、担当のHさんに髪を切ってもらいました。
仕事柄、しょっちゅう予約をキャンセルしまくっているので、Hさんには本当に申し訳ないと。

美容室にいる間に、ガンガン電話やメールが入っていたので、手近の“フレッシュネスバーガー”に飛び込み、もろもろ処理。
やれやれ。
しかし、ハンバーガーって、吉野屋の牛丼と同じで、たまに食べると美味ですね。

劇団ブギウギの座長である信ちゃんこと、小川信太郎君から連絡。
いよいよ次のお芝居の稽古が始まっているようで、今からかなり楽しみではあります。
差し入れに行かねば!

明け方まで、来月大阪で撮る自主映画のプロデューサー兼主演俳優でもあるTYOKI君と電話で打ち合わせをしました。
撮影が迫ってきたので、ここのところ連日ではありますが。
常に現場にいたい身としては、そして、新しい才能の力になりたい身としては、自主映画でも何でも“場”があることが大切なのであります。

『映画監督 田中登の世界』を読みました。
御本人のインタビュー自体はもちろんひじょうに興味深いのですが、やや過去の仕事の自画自賛的な発言が残念ではあります。
ただ、深作欣二監督とのエピソードにはグッときました。

「出演した役者さん達のインタビューがよいです」


■9月×日
朝から原稿を書きました。
今日も作家モードです。

近くのファミレスにて、プロジェクトアシスタントのT君と打ち合わせ。
例によって休日の表参道は無駄な賑わいで大変ですが、なんとか席を確保。
T君に、来月撮影に入る自主映画『なにわん』の付き人としての話など。

一旦戻って、原稿の続き。
なんとかアップして、担当編集者のFさんに送付。
新人漫画家のNさんは才能あるし、いい形で決まるといいのですが。

夜、代官山の“倖多”にて、金子修介監督、役者のKさん、女優のHちゃん、Tちゃん、マネージャーのSさんと会食。
金子監督の演出心得、Kさんのプロデュース理論、Hちゃんの変わらぬ読書量と映画鑑賞量に、いつもながら感嘆。
この業界にあっては珍しく、気心のおけない、同時にリスペクトしている人達なので、とても楽しい一夜でした。
金子監督、新作の『結婚詐欺師』、早く観たいです!


■9月×日
世間は休日。
しかし、こういう時こそ働かねば(笑)
いや、本当に!

表参道のファミレスにて、プロデューサーのSさん、キャスティングディレクターのAさんと打ち合わせ。
なかなかに難しい問題をば。

終えた足で、先日に引き続いて豊洲へ。
早く着いてしまったので、駅近くの喫茶店に入り、新しい漫画原作の企画を練りました。
しかし、注文したコーヒーゼリーがまずかったのと、入ってくるお客の層が、なぜかヤバかったです(苦笑)
しかし、そういう悪い環境のほうが仕事に集中できるのも事実。

勝手知ったる女優の斉川あいちゃんと待ち合わせて、またまたディファ有明へ。
小田井涼平君出演の舞台『Switch』を再び観劇。

なぜ、同じ舞台を二度も?
これには理由がありまして、以前からわかってはいたものの、先日自分で演出してみてさらに実感したのですが、初日と千秋楽との“芝居の差”を確認したかったからであります。
そして、やはり、千秋楽ともなると、初日とは雲泥の差で出来がよく、安定して、とても勉強になりました。
来年計画している“梶組舞台リベンジ”に向けて、燃えるものが!

会場で、いろいろ映画をプロデュースしたり、役者さんも擁している会社のTさんとバッタリ。
さらには、なぜか『犬神戦記』に出てくれた役者の金山孝之君とも。
なんでも、昼の回には、同じく役者の水野大君や伊東丈典さんも来ていたとのこと。
しかし、金山君は、常にいいタイミングというか、いや、バッドタイミングというか(笑)
終演後、再び涼平君を慰問。
本当にお疲れ様でした!

「涼平君を再慰問! 斉川あいちゃん、金山孝之君と」

涼平君から、今回の舞台のプロデューサーである三角大さんを御紹介いただきましたが、役者さんも兼ねているというだけあって、高身長に高ルックス、圧倒的にカッコよくて驚き。
斉川あいちゃんも、出演していた藤倉幸子ちゃん(プロポーション抜群で、個性的な美女!)が、偶然にもモデル時代の同僚ということで、再会を分かち合っておりました。
あいちゃん、金山君と、豊洲のお店で夕食を一緒して、帰りました。
しかし、あいちゃんの、昨日会ったHちゃんにも劣らぬ読書量に、また感嘆した次第。
いずれ、その勉強が実を結ぶ時がきっと来るよ!


■9月×日
早朝、人出があまりないうちに、さっさと、しかし、またまた久々に(苦笑)自宅に帰りました。
まったく、やれやれの生活であります。

自宅では、例によって、DVDで映画を観まくりました。
ちょっと今やっている仕事に関わりがあったりもするので、タイトルは記せませんが、やっぱり、映画はいいなあと。

そして、夜、また人出が少なくなってから、表参道にトンボ帰りであります。
表参道を拠点にしていると、とても便利なことのほうが多いのですが、休日の観光客の多さと、それ目当ての店舗の新築工事の音には、いつもながら閉口しますね。
その二つに悩まされない明け方まで、原稿を書きました。


■9月×日
昼間はまだ夏ですが、夕方はさすがに秋の風ですね。

午後から、青山の某社にて、二つの打ち合わせ。
合間に、紀伊国屋書店へ行き、仕事関係の資料本をチェック。
あっという間に夕方になり、表参道のいつものカフェにて、某誌の担当編集者のFさんと、もろもろの打ち合わせ。

明け方まで、ひたすら作家モードで原稿を書きました。
しかし、ふと……。

今のままでは、11月と12月に“現場仕事”がないことに、また思いが至り、「なんとかせねば!」と焦るオレ(笑)
長年、量産を強いられる漫画原作業界で生きてきたことと、もともとが量産型の作り手ゆえに、映像仕事についても、常に“撮影現場”にいないと落ち着かなくなってくるのです。
そんな監督は、僕にとっては大先輩に当たる三池監督と堤監督くらいだと思いますので、贅沢なというか、分不相応な悩みなのでしょうが……。
この悩みを解消するためには、超大変ではありますが、自らプロデューサーと監督を兼ねて動くしかねえなあ、と。

香港の友人から送ってもらったDVDで、香港映画の『WoHu』を観ました。
いわゆる黒社会を舞台にした映画ですが、基本、会話劇なので、おそらく日本では公開されない作品。
もちろん、僕も広東語はわからないので、英語字幕でなんとかおぼろげに。
しかし、この作品、僕の大好きな香港の渋い役者さん達が何人か出演していて(これが、みんな芝居が上手い!)、捨て難い魅力がありました。
特に、エリック・ツァン、フランシス・ン、ジョーダン・チェンの三人は秀逸!

「役者さん達が本物のように上手くて感心!」

|

« 2007年9月中旬 パート2 | トップページ | 2007年9月下旬 パート2 »

日記」カテゴリの記事