« 2007年10月上旬 パート2 | トップページ | 2007年10月中旬 パート2 »

2007年10月中旬 パート1

■10月×日
午前中、例によって、ひたすら書類仕事を。
アッという間にタイムリミットとなり、あたふたと飛び出して、歯科医院へ。
今日の治療はちょっと痛かった(泣!)

表参道へとって返し、ファミレスにて、舞台のプロデューサーのYさんと打ち合わせ。
とりあえず、3月と9月で、思いきりリベンジしてやろうと(笑)画策しているわけですが、かなり大変な闘いになりそうな予感。
望むところではありますが。
“梶組”として、必ず呼ぶ役者さん達は決まっていますが、スケジュールやギャランティーの問題をリアルにクリアできるかどうかにかかっています。
それでも残った役者さん達に、僕は前回以上に全力を捧げるつもりです。

ものすごく久々に、役者の小沢仁志さんと話しました。
昨日お電話をいただいていたのですが、打ち合わせの連続でとれなかったのです。
小沢さんとは、「週刊ヤングジャンプ」で対談して以来のお付き合いで、ゆうばり国際ファンタスティック映画祭の際、店がどこもかしこも満員で、なんと、ホテルの風呂場で“小沢軍団”と共に盃を傾けたことが、メチャクチャ楽しい思い出です。
以降、次々と作品を主演兼監督されているスタミナには、まったく頭が下がります。

夜、表参道にて、スウェーデンの梶組、モニカに久々に再会。
ファッションモデルとして、今は世界中を飛び回りつつ、将来はゲームのプロデューサーとなるべく勉強しているパワフルガール。
毎回、モニカと並ぶと“人間と猿”みたいになってしまいますが(苦笑)、漫画や映画やゲームといった共通の話題があるので、僕の“なんちゃって英語”でも、かろうじて会話が成立するのです。
いろいろと積もる話ができて、楽しい一夜でした。
レストランから外へ出ると雨。
お店のやさしいおネエさんが、モニカとのツーショットを撮ってくれたうえに、立派な傘をプレゼントしてくれました。
この素敵なレストランは青山の“Suginoko”といいます。

「スウェーデンの梶組、モニカと」


■10月×日
早朝に起きて、脚本のチェックと原稿書き。
久々に健康的であります。
その後、恵比寿へ。

アトレの中にある店をいろいろと回って、誕生日を迎えるスタッフやキャストがいるので、バースディプレゼントを購入。
その後、プライムスクウェアにて、某社のO社長と待ち合わせ、別の某社の役員のHさんもまじえて、“筑紫楼”にて会食。
Hさんとも、初対面のようでいて、話しているうちに、どこかのパーティか何かで出会っていることが発覚、やはり、業界は狭いです。
それにしても、このレストランのフカヒレのランチは、なかなかに美味!

終了後、O社長と共に、久々に渋谷の“すみや”へ。
わかってはいたのですが、レアなサントラをいくつも見つけてしまい……鳴呼! またまた衝動買い。
ただし、抑えに抑えて、あの『スペース・バンパイア』の完全版と、スピルバーグの爆裂的傑作『1941』のみに。
O社長と別れてから、またまた“ルノアール”に入り、脚本チェックの続きをば。

その後、東急インの地下にあるいつものカフェレストランにて、某社の映画プロデューサーのCさんと、僕の監督映画の打ち合わせ。
遅れてN監督も合流して、N監督の映画の脚本打ち合わせを。
実は、この“特殊才能”に溢れたN監督の作品も、僕はある映画祭で観ていることを思い出して、微妙な縁を感じた次第です。
主演女優が決まっていないということで、いろいろと僕なりに思案。
次いで、タクシーをブッ飛ばして、青山にある某社へ。
引き続き、プロデューサーのHさんと、秘密の企画の打ち合わせ。

終了後、発作的に蕎麦が食べたくなり、近くの老舗蕎麦屋へ飛び込みました。
それなりに堪能。
さて、明日から、また大阪にて、映画『なにわん』の撮影中盤戦であります。


■10月×日
午前5時に起きて、東京へ。
新大阪までの新幹線の中では、例によって、音楽を聴いて、ひたすら爆睡。
新大阪の駅で、出迎えに来てくれていたプロジェクトアシスタントのT君と合流して、撮影現場となる町(親愛をこめて、明らかに“街”ではなく、“町”です。そして、僕も田舎者なので、“町”のほうが好きです)へと移動。
駅前のモスバーガーにて朝食後、迎えに来てくれたTOYOKI号で“スタジオクランクイン”の事務所へ。

本日から撮影参加となる梶組大阪女優のRisaちゃんと再会。
彼女が舞台を観に東京に来てくれた時以来ですが、僕にとっては最愛最強の“ソウルメイト”なので、ただただ頼もしい限り。
というわけで、『なにわん』撮影中盤戦のスタートであります。
何といっても、前半戦に比べると、とにかく気候が涼しくなってくれたおかげで、体力的にかなり楽です。
加えて、キャストやスタッフとも、もはや気心が知れているので、ひたすらスピーディに撮影。
事務所近くでの撮影を予定通り終えて、前回も全面的にお借りした駐車場へと移動。

昼食後、撮影を再開。
この駐車場、いろいろと面白い空間があって、ひじょうに絵心を掻き立てられます。
Risaちゃんと堀川龍文君、TOYOKI君と堀川龍文君のアクションシーンなどを、滞りなく撮影。
クライマックスのTOYOKI君と、かの“最強女優”山下珠穂ちゃんの、いよいよこれから! という段階にて、本日はタイムアップ! 残念! 
オレ自身がそこから先を一番見たかったです!(笑)

夜、TOYOKI君、プロデューサーの福井さん、スタイリストの大山さんと、今回ロケ弁を作ってくださったり、お店を貸してくださったりしているもつ鍋屋さんの“わらじ”支店にて夕食。(本店のほうは、明日、撮影で使わせていただくのですよ、ありがとうございます!)
ここのもつ鍋の塩スープは、いや、マジでめちゃくちゃ美味い!!!
特に、〆のラーメンは、おそらく今まで生涯の中で、最高の味!!!
親しい友人達を連れて、必ず再訪しようと心に決めました。
超満腹にて、二つ目の〆の雑炊は、お腹に入らず! 残念無念!

「見た目よりもさらに美味しいよ!」


「この塩ラーメンは、マジで生涯一番美味かったです!」


「いろんな友達を連れてきてあげたい"わらじ"」

事務所にて、後から合流してくれた今回ドライバー担当のヒデちゃんこと、吉本君もまじえて一服。
吉本君が差し入れてくれたシュークリームが、またまた美味でした!
(実は、ガキの頃から、シュークリームには目がないオレです! もしも、死ぬ間際に一番最後に何が食べたいと問われたら、シュークリームと答えるでありましょう)
本日は、例によって、TOYOKI君の御実家にてダウン。


■10月×日
早朝起床にて、TOYOKI号でRisaちゃんをピックアップして、事務所へ。
役者さん達のメイク終了後、本日は、まずは某工場を貸していただいての撮影。
ここもまた、普段はまず目にすることのない機械とかがあって、ひじょうに絵心を刺激されました。御協力、感謝であります。
本日は、いつものカメラマンのF君がお休みで、F君の盟友である、もう一人のT君にカメラをお願いしましたが、やはり、若者は変なこだわりがなく、フレキシブルでとてもよいです。
予定通りに撮影を終えて、事務所近くの路上へと移動。
事務所のアイドル犬のインディー、本日はそれなりに出番が多く、すっかりお疲れ様モードであります。

「『なにわん』の主演の一匹、お疲れです」

昼食は、事務所近くの素敵なバー、“ケルビン”のマスターの御厚意に甘えて、お店にて。
またまた感謝です! なかなか飲みに行けなくてすんません!
昼食後、路上での移動撮影の一部をTOYOKI君に任せて、僕は次のシーンの仕込みであります。
で……昨晩のもつ鍋屋さんの本店“わらじ”をお借りして、本日最後の撮影を敢行。
なんとか滞りなく撮り終えて、ここで、アシスタントのT君に言って仕込んでおいたバースディケーキで、Risaちゃんと福井さんの誕生日を合同祝福。
なんだかんだで、撮影現場でのこういうお祝いが一番好ましく思える自分です。

「合同バースディミニパーティ! 年齢はトップシークレット!(笑)」

夜、TOYOKI君、大山さん、そしてRisaちゃん、福井さんと、事務所近くのいつもの居酒屋にて、誕生日祝いの会食をば。
撮影中盤戦も無事に終了して、僕はまた、一旦東京へとリターンです!

「『なにわん』、撮影中盤戦も無事に終了!」


■10月×日
TOYOKI君の御実家で起床後、アシスタントのT君と合流して、駅前のモスバーガーにて朝食。
撮影したくなるような快晴。
T君に事後を託して、新幹線にて、一路東京へとUターン。いつものように車内爆睡。
その足で、またもや久しぶりに、なんとか自宅へ戻ったものの、処理することが多すぎて、とにかく限界までやるだけやって、あえなくダウン。

いろいろと世間では起きておるようですが、まったくテレビとかを見る時間がないため、すべてネットとかのニュースで知るというていたらく。
それでも、テレビはあまり見る気にならず、DVDにていろいろ映画を観ました。
その後、しばし、楽しい大阪のことは忘れて、仕事(泣!)
いやいや、こっちの仕事も楽しいんだけどね。

|

« 2007年10月上旬 パート2 | トップページ | 2007年10月中旬 パート2 »

日記」カテゴリの記事