« 2007年10月中旬 パート2 | トップページ | 2007年10月下旬 パート2 »

2007年10月下旬 パート1

■10月×日
いよいよ撮影後半戦最終日。
本日も大快晴!
起きぬけは喉の調子が最悪でしたが、またまた現場に向かうや、痛みが薄らぐ不思議。
それでも風邪気味であることに変わりはなく、現場でも喉スプレーを手放さず、悪化させないためのケアに努めました。

最終日ということもあって、今日は、とにかくスケジュールに嵌めて、完全に撮りきることが最優先でありました。(僕も、これ以上は東京と大阪を往復できませんし、役者さん達とのスケジュールの契約もあるわけで)
それだけに現場は時間に追われるドタバタで、最後のほうは、たぶん僕とTOYOKI君の二人しか、何をやっているのかわからなかったはず。まったく申し訳ない!
たとえどんな状況化でも、必ず予算とスケジュールを守りきる自信はありますが、そのぶん、楽しさが薄れてしまうのは必然で、そこが難しいところです。
とはいえ、TOYOKI君3度目の“階段落ち”長回しワンカットで、なんとかマティーニショットを日暮れまでに撮了!
こんなにわがままでムチャクチャな撮影についてきてくれた皆さん、本当にありがとうございました! お疲れ様でした!
終わってみれば、いつものことながら、また決して忘れることのできない素晴らしい思い出が増えました。
心より感謝!

「無事にクランクアップ!」

で……先日、Risaちゃんと福井さんのバースディを祝ったお店“わらじ”にて、打ち上げ。
大人数が集まる常で、一人一人の皆さんとゆっくり話すことはできませんでしたが、僕は今回の若いキャスト&スタッフのみんなと共有した時間を人生の宝物の一つとして生きていきます。
解散後、今回ロケ場所のコーディネイトでお世話になったバー“ケルビン”のマスターに、TOYOKI君、福井さん、大山さん、そしてスタジオクランクインの顧問弁護士の瓦井先生と御礼の飲みに。

「大阪梶組、美人プロデューサーの福井さんと、美人スタイリストの大山さん」

その場で、みんなから最高のプレゼントをいただいて、大感激!
(ほしかったんですわ、これ! 東京ではほとんど売り切れになっていた一品であります)

「大阪梶組からの最高のプレゼント!」

久々に痛飲、その後、〆のラーメンをば。
TOYOKI君の御実家にて、さすがに爆睡。


■10月×日
昼前に一人だけ起き出して、昨日買っておいたパンをムシャムシャと。
深夜にラーメンとギョウザで〆たというのに、我ながら元気や(苦笑)
というか、体力を使ったので、躰がエネルギーを求めているわけですか。
で、音楽を聴きながら、再度ダウン。
まだ現場の夢うつつなのは、いつものこと(笑)
昼頃に起きると、風邪もかなりよくなっていて、やや安心。

駅前のモスバーガーにて、TOYOKI君、スタイリストの大山さんと昼食後、プロジェクトアシスタントのT君と合流し、一旦荷物を託してから、事務所へ。
忘れ物がないか確認しつつ、今回の小道具の中で特に気に入っていたサングラス(山下珠穂ちゃん着用!)とブーツ(島津健太郎さん着用!)を買い取らせていただきました。

「山下珠穂ちゃんと。このスタイルが抜群に似合っていました」

TOYOKI君に編集作業を託して、梅田へ。

また新阪急ホテル内のカフェで、ソウルメイトのRちゃんが仕事が終わるのを待って、美味しいと評判の焼肉店へ。(本当に美味しくて、値段もリーズナブルなそのお店は“本陣”といいます)
後から、Rちゃんのお母さんも合流。
大阪、とりあえずラストの夜は、美人母娘と会食できて、幸せでありました。

新大阪駅で、再びT君と合流して、一路東京へUターン。
車内では、ひたすら読書と睡眠。
ハッと気がつくと、もう東京で、T君と別れて、深夜の表参道へ。
わずか週末三日空けただけでありますが、処理すべき案件が死ぬほど溜まっていて、おちおち休んでもおれず、すぐに仕事(泣!)
さすがにエネルギーが尽きて、明け方には意識不明。
何やってんだか。


■10月×日
ほとんど虚脱状態……と言っている場合ではなく、ちゃんと朝起きて、書類仕事の続きをば。
なんとか午前中ギリギリで事務所を出て、一週間振りの自宅へと。
車中でパンにて昼食をすませ、舞台の脚本を読みました。
“盟友”小林雄次さんの手になる、“戦友”及川奈央ちゃんの舞台脚本の第3稿。

自宅に着いたら着いたで、またまた溜まりに溜まっている雑用の片付けであります。
無理やり一段落させた後、再度、脚本を読んで、演出プランを練りました。
舞台といっても、今回は全国の、それぞれ形状も環境も異なるライブハウスでの移動芝居ということもあって、その変則性に惹かれたわけです。
当然のことながら普通の劇場と違うわけで、そのマイナス部分をどうプラスに転化させ得るかが、演出の肝になると思っています。
……とかなんとか偉そうに言っていますが、結局は、役者さんを立たせてみないと、実際には演出も何も見えてこないワタクシです。
(ホラ、かのブルース・リーも「板は打ち返してこないからな」と言っているではありませんか。関係ないか)

いろいろ考えているうちに、例によって眠れなくなってきて、結局、またもやDVDで映画を観て、頭をクールダウンさせるはめに。
映画の脚本と漫画の原作も書かにゃならんのに。
ま、いいか。


■10月×日
早朝に起きるも、ちょっと疲れが残っていて、再びダウン。
が、午前中には飛び起きて、表参道へとUターン。
車中、ひたすらウトウト。

事務所に入って、書類仕事をば。
あまりに片付かないので、だんだん腹が立ってきて(いわゆるお役所関係の書類仕事なので、またぞろ日本という政治家がアホだらけの国に怒!)、外へ飛び出し、新宿までタクシーを駆りました。
東急ハンズに行って、秘密の買い物。
その後、高野フルーツパーラーにて(おそらく10年振りくらいでしょうか)、漫画家の小手川ゆあ先生、マネージャーのSさんとお話。
小手川先生から、とても珍しい和菓子をいただき、ひたすら恐縮!

その後、“梶組リーサルウェポン役者”の小田井涼平君と会い、“隠れ房”にて会食。
いろいろと二人して、来年に向けて企んでいることがあるのですが、まだ、秘密。
いずれにせよ、僕が関わる作品については、スケジュール含めた彼の諸条件が許す限り、必ず声をかけることにしているのです。
彼が現場にいてくれるのと、いてくれないのとでは、ぜんぜん“安心感”が違ってくるからです。
涼平君より、非売品のボイスサンプルCDをいただきました。(これはレア!)

「小田井涼平ボイスサンプル! もちろん非売品のレアグッズ!」

事務所に戻って、朝まで原稿を書きました。
いよいよ明日からは(正確には今日から)、及川奈央ちゃんの演劇ツアー『ナイトメス』の稽古が始まります!


■10月×日
午前中、いろいろと雑用を済ませているうちに、アッという間に午後!
今回のプロジェクトアシスタント兼出演役者でもある金山孝之君に迎えに来てもらい、荷物運びを頼みつつ、青山にある某稽古場へ。

及川奈央演劇ツアー2007『ナイトメス』の稽古初日。
主演の及川奈央ちゃんは言うに及ばず、共演の唐橋充君も金山孝之君も、僕にとってはとても気心が知れている人達なので、特別な緊張もぎごちなさもなく、和気藹々とスタートできました。
初日の今日は、脚本家の小林雄次さんにも立ち会ってもらいつつ、ひたすら本読み。
役者さん三人、いきなり息もピッタリで、とても楽しい本読みとなりました。

「及川奈央ちゃんを挟んで、金山孝之君と唐橋充君」

Photo_7
「及川奈央ちゃん、脚本家の小林雄次さんと。僕に取ってはベストの女優さんと脚本家です」

途中、奈央ちゃんのマネージャーのKさんから、なんと、僕の大好物のシュークリームの差し入れが!
これは幸先いいです!
6時間がアッという間に過ぎ去りました。

「奈央ちゃんのマネージャーKさんからの差し入れ! 美味やった!」

終了後、プロデューサーの元倉さん、マネージャーのKさんと簡単な打ち合わせをしてから、僕はあたふたと近くにある某社へ。
プロデューサーのSさんと合流して、某社のプロデューサーのHさんと秘密の打ち合わせ。

事務所に戻ってから、夕食を摂りつつ、そそくさと頭を切り替えて、映画の脚本を書き始めました。
これは、僕の監督作品ではなく、“盟友”Cプロデューサーの製作になる、N監督の映画の脚本です。
脚本を書くのは、テレビドラマの『牙狼〜GARO』以来なので、おのずと気合が入ります。
しかし……このN監督の作品、いろいろな意味で、おそらく僕以外には脚本を書ける人はいないでしょう(笑)

女優の満島ひかりちゃんの敏腕マネージャーのSさんから御連絡。
ひかりちゃん、NHKの朝の連ドラのレギュラー、映画の準主役と、勢いに乗ってますなあ。
ま、若手の中では、数少ないホンマもんの女優だから、当然といえば当然ですが。
実は、来週、彼女と会食予定なのですが、いつか僕の映画にも出て下さいね(笑)
こちらは映画の準主役に!
「こちらは映画の準主役に! やるね〜!」
※画像をクリックすると大きい画像がでます

NHK朝ドラのレギュラー
「ひかりちゃん、NHK朝ドラのレギュラーに!」
※画像をクリックすると大きい画像がでます

|

« 2007年10月中旬 パート2 | トップページ | 2007年10月下旬 パート2 »

日記」カテゴリの記事