« 2007年11月上旬 パート2 | トップページ | 2007年11月中旬 パート2 »

2007年11月中旬 パート1

■11月×日
早朝に飛び起き、久々に自宅へと。
休日のかなりの早朝にもかかわらず、すでに電車が混雑気味。
皆さん、こんなに早くからどこへ行きはるんでしょう?
もし明日の朝から仕事であれば、オレはずっと家にいて、エネルギーを蓄えるけどなあ。
家族にせがまれて、疲れた躰にムチ打って、無理やりどこかへ出かけている親父さんも多いという話を聞きますが、あんた、そりゃ無茶や、早死にしまっせ。

作家モードに瞬間シフトして、ずっと延び延びになっていた漫画の原作の仕事をば。
合間に、例によって、DVDでお勉強。
今日は、ある昔の日本のテレビドラマを。
その密度の濃い作り方に感心。
そういう時代も確かにあったことを考えると、ある作家さんが言っていたように、今の日本のテレビドラマはただのガキの“おやつ”かも。

明日はまた舞台の稽古があるので、夜には表参道へとって返しました。
が、まだ、頭の中は作家モード。
で……先日から事務所のエアコンがブッ壊れていて、寒い(笑)
そんな中で、原稿を書きました。
なんだか、冷暖房がなかった頃の学生時代を思い出すなあ(笑)

お、そういえば小田井涼平君のカレンダーのサンプルが。
相変わらず、キメてますなあ(笑)
今週は、『UltraSevenX』第7話のオンエアがあります。
ファンの方は、彼の色気ある“眼の演技”に御注目を!

「涼平君カレンダーのベストショットの1枚!」


■11月×日
本日は、またまた外苑前のスタジオに戻って、ゲネプロ前、最後の稽古でした。
ようやく音楽と音響があがってきて(汗!)照明との兼ね合いも考えながら。
役者さんの仕上がりはいい感じなので、あとは、すべてをうまく合致させる作業を公開ゲネプロ(通し稽古)で!(大汗!)
最後に、奈央ちゃんや僕も参加して、全員である“声”の録音。
お芝居のどこで使われるかは乞う御期待!
とりあえず、皆さん、稽古、お疲れ様でした!

終了後、久々に小田井涼平君と会って、舞台のプロデューサーの和田小太郎さんと長い打ち合わせ。
まだ詳細は公表できませんが、来年、涼平君と共に舞台でリベンジしたいと思っています!

奈央ちゃんから連絡。
衣装に必要な赤いベルトを、赤いハイヒールと同じく、また自ら探して買ってきてくれたとのこと。
まったく感謝以外の何ものでもありません、座長!

「またまた奈央ちゃんが自ら買ってきてくれた赤いベルト!」


■11月×日
パネルヒーターが届きました。
エアコンよりもうるさくないし、部屋が早く暖まって、値段のわりにはお買い得!
冷房が必要になる季節まで、別にエアコン壊れててもいいや(笑)

夕方、某社のプロデューサーのKさん、Hさんと共に、某大漫画家の先生の会社へ。
ガキの頃から尊敬しているその大漫画家の先生の作品の中で、いくつか映像化したいものがあり、そのお話をば。
実現までは、またまた遠い道程ですが、必死に頑張ってみます!

終えた足で、東京郊外に移転した某社まで。
こういうことでもなければ、まず来ないであろう場所。
女性社員の方に駅まで迎えに来ていただいてよかった……一人だったら、完全に迷子でした、オレ(笑)
社長のOさん以下、社員の方々と、ある秘密の企画の打ち合わせ。
終了後、Oさんの車で青山まで戻り、またまた隠れ家的お鮨屋さんを教えてもらい、堪能。
以前に教えてもらったカフェといい、今度、一人でフラリと来てみようと思いました。
さて、明日は、いよいよ及川奈央ちゃんの演劇ツアーのゲネプロであります。


■11月×日
プロジェクトアシスタントのT君と合流して、午前中から公開ゲネプロが行われる劇場へ。
実は、昔、住んでいたところに近い場所で、けっこう懐かしいものの、やはり、いろいろ様変わりしていて感慨深かったです。
準備まで時間があったので、またまた本屋で本を買ってしまい、近くのカフェでざっと目を通しました。

そして、いよいよ及川奈央一座の全国ライブハウス演劇ツアー『ナイトメス』の公開ゲネプロ、昼の部と夜の部のスタートです。
ゲネプロとは、“通し稽古”のことなので、実は、ぜんぜん気負いも何もないオレでした(笑)
なので、照明や音声をチェックしつつでありましたが、さすがに初めてのことで、予想通りといえば予想通りだったのですが、何かとトラブル続出で、観に来ていただいた皆さん、本当にすみません!
役者さん達にも罪はありません!(でも、案外、ゲネってこんなもんです)
当たり前ですが、本番は、もっともっとブラッシュアップしておりますので、乞う御期待!

「公開ゲネプロでの3人」


「舞台上の奈央ちゃんと唐橋君。決まってます!」

昼の部は、テレビや新聞のマスコミの方々。
奈央ちゃんとこじまよしおさんのトークが笑えました。
夜の部は、いろいろな人達に観に来ていただいて、本当に大感謝です!
『UltraSevenX』のヒロインの伴杏里ちゃん、“悪友”の菊地雄一監督、いつもながら(笑)ありがとうございます。

「公開ゲネプロを観に来てくれた伴杏里ちゃんと。お父さんの手作りお菓子をいただきました!」

奈央ちゃんとドラマで共演中の“名優”佐藤蛾次郎さんにお会いできたのも嬉しかったです。
終了後、オールキャスト&スタッフで慰労会&壮行会。
久々にみんなとゆっくりと呑めて、メチッャクチャ楽しかったです。
途中、『UltraSevenX』の主役のエリクが、わざわざ電話をくれて、これまた本当に感謝!

実は、今回、及川奈央一座では、奈央ちゃん、唐橋君、金山君、そして僕の4人で“交換日記”をやっています。
今日は僕の番でしたが、せっかくなので、脚本の小林さんにも入ってもらい、超久し振りに直筆で文章を書きました。
しかし、読めねえなあ、オレの字(自嘲)
みんな、ごめん!

「これが及川奈央一座の"交換日記"1冊目!」


■11月×日
午前中、いろいろと秘密の打ち合わせ。
来年の仕事のこともありますが、心の中では、年末も年明けも何もない僕は(笑)
まったくいつものように12月も来年1月も、めいっぱい仕事のスケジュールを組んでいる始末です。
毎月、無理やりにでも(笑)現場にいたいなあ。

いつもの表参道のカフェにて、某誌の担当編集者のSさんと、リベンジ企画の打ち合わせ。
この企画が通ったとしたら(笑)、某誌は、なかなかたいしたものです。

終えた足で、外苑前の稽古場へ。
まずは、奈央ちゃん達と今回の舞台の記事が載った各新聞を見て、ワイワイ。
その後、メインスタッフにも入ってもらって、公開ゲネプロを受けての反省会。
様々に出てきた問題点を洗い出して、本番までに一つずつ解決していくわけです。
稽古場の終了時間になっても、白熱した打ち合わせが終らず、ロビーで延々とやっていたら、借りているスタジオのオーナーさんからビールの差し入れ。
ちょうど切りもよかったので、その場で、全員で酒盛り(笑)
これがまた、打ち合わせの緊張も解けて、いやいや、かなり楽しかったです!

さて、今週は、僕が監督した『UltraSevenX』第7話のオンエアがあります。
先週オンエアの第6話は、皆さんのおかけで、関西で今までの最高視聴率をGET!
果たして第7話は?!
またインフォメーションのコーナーにて、よろしくお願い致します!

|

« 2007年11月上旬 パート2 | トップページ | 2007年11月中旬 パート2 »

日記」カテゴリの記事