« 2008年1月上旬 パート2 | トップページ | 2008年1月中旬 パート2 »

2008年1月中旬 パート1

■1月×日
隣の解体工事の騒音を目覚まし代わりに起床。
そういうふうに考えると、多少、腹立ちを押さえられなくもないですが(苦笑)
もろもろの書類仕事をこなしているうちに、アッという間に午後。
食事を取る暇がまったくなく、とりあえずトーストで我慢。

ドタバタと外へ。
眼科の定期検診とコンタクトレンズの購入。
金山君と合流して、近場の蕎麦屋にて、遅い昼食。
近場とはいえ、この蕎麦屋は初めて入りましたが、いつも僕が行く店より、少し味が落ちました……ううむ。
そのまま徒歩で渋谷まで出て、靴の修理をし、デパートを回って、贈答品の購入など。
しかし、そうやって他人様のためのものを物色している時に限って、次々と手前の欲しい物を発見してしまうんだよなあ……やれやれ。
スタバで一服してから、今夜も原宿の“木花ダイニング”。

菊地雄一監督、モデル兼女優の野上智加ちゃん、役者の片山景介君と、ミニ新年会。

「例によっての(笑)菊地監督、智加ちゃん、片山君、金山君と」

この面子で飲むのは初めてですが、いつものことながら“業界は狭い”繋がりなのです。
片山君は菊地監督から紹介されていて、智姐(智加ちゃん、すみません、この呼び方のほうがしっくりきます〜笑)は、以前、金子修介監督や満島ひかりちゃんと会食した時に紹介されと……まったく別々のラインでの出会いだったのですが、去年、僕がシネカノンの李社長との御縁で講演をさせていただいた時に、そのワークショップに、片山君と智姉が参加していて“再会”という、モロに偶然の繋がりだったわけです。
で、飲みが進むうちに、いつもの状態に(笑)
今宵も楽しく過ごして、終電間際にひとまず解散。
帰る気の失せた菊地監督と金山君とで、また朝までうちの事務所(笑)
始発始動時間に、二人を外までお見送り。

なんだか目が冴えていたので、読書をば。
同時並行で読んでいた本4冊をまとめて読了して(横尾忠則著『病の神様』、アントニオ猪木著『元気があれば何でもできる!』、山本弘著『宇宙はくりまんじゅうで滅びるか?』、実相寺昭雄著『ウルトラマンに夢見た男たち』)、さすがにバタンキュ〜!


■1月×日
ハッと気がつくと、さすがに正午。
本日は久々の雨。
メールの返信を書き、まだまだ残っている事務所の整理をやっていたら、超光速で夕方に。
やれやれ、何やってんだか。

夜、金山君と深華ちゃんが来社。
今宵は、二人に、“鍋うどん”を作ってもらいましたが、見かけはともかく(笑)、味はかなりよし! でした。

「深華ちゃんと。深華ちゃん、得意の横顔(笑)」


「やはり、二人がそろうとどうしてもホラー顔に(笑)」

その後、DVDを観ながら、企画のラフな打ち合わせなど。

お二方が帰ってから、ロンリーに仕事をしようと思いましたが、なぜか、猛烈な睡魔に襲われ、いきなりのダウン。
深夜にハッと気がつき、起き出して読書をば。
やっぱり、何やってんだか。


■1月×日
本日は早朝に起床。
もろもろの事務所仕事を続行。

午後、金山君に来てもらい、トマトのパスタを作ってもらって、慌しく昼食。
すぐに外へ。
都内某所の某社へ行き、とある会社の偉い方と秘密の打ち合わせ。
(そーいや世間は連休で、休んでいらっしゃる方々もいっぱいでしょうが、一緒になって休んでいたら、我々の仕事は逆に“楽しく”なくなってしまうのです。たまに、我々の業界の人間で、世間一般の方々と同じように、休日に彼氏彼女家族と休んでいらっしゃる方々がおられますが、早晩、この世界から消えてなくなられることでしょう。そのほうが業界的にゃいいですが(笑)……と、こう書くと、「大事な恋人や家族を犠牲にしてまで仕事しろって言うのか!」と怒る方がいらっしゃいますが、決してそういうことではありません。意味がわからないようでしたら、貴方はクリエイティブな御仕事には向いていません)
終了後、その偉い方が行きつけの原宿のカフェに連れて行ってもらい、一服。

青山の“東急ストア”にて買出ししてから、事務所へ。
金山君に手伝ってもらって、本日は服の整理。
実は、服のほうも、本やDVDに違わず、大量に買い込んでいるオレでして、いくつかを金山君に進呈。
その後、ずっと残っていた、かなり値が張るためにずっと手つかずでいた(単に貧乏性であります……情けねえ)魚の缶詰と、全粒粉のパスタを使った料理で夕食。
企画と仕事に関するDVDをチェック。
仕事のために観たわけですが、これがなかなか悪くないものばかりで、かなり感激。
ここに書くことができないのが残念! 

金山君が帰ってから、本日は、ロンリーに真面目に仕事。
朝まで。


■1月×日
午前中、日課の書類仕事。
本日も世間は休日だっけか。
そうこうしているうちに、アッという間に午後。

表参道の某有名店で買い物をしてから、今日も今日とて金山君と待ち合わせて、一路、あざみ野へ。
以前、たまプラーザに事務所、あざみ野に自宅を構えていたので、懐かしい土地。
久々に駅に降り立ちましたが、たまプラーザと異なり、あまり変わっている感じがなくて、なんとなくホッ。
“アンジュ・ブラン”へ。
言わずと知れた『Ulrtra Seven X』でレギュラーを務めてくれた女優の伴杏里ちゃんの御実家のお店。
今回、しげしげと辺りを見回してみて、なんと、お店の真ん前に、かつて本だけを収納するために一部屋を借りていたマンションがあることに気づきました。
同時に、その当時、お店のほうもケーキ屋さんだけでなく、喫茶店もやられていたことも思い出し、打ち合わせで使っていた記憶も。
まったく縁というのは面白いものです。
で、本日は、杏里ちゃんのお父さんの章さんとお話。
実は、撮影現場にいらっしゃった時から、そのユニークな存在感が気になっていたのと、「この人、只者ではない」という物書き的直感から、一度ゆっくりとお話をうかがってみたいと思っていたのです。
僕は、昔から、「この人と話してみたい」と思うと、即行動に移してしまう性質でして。
予想通り、次々と面白く、かつ独特なお話をお聞きできて、なんとも楽しいひとときでした。
同席してくれた“アンジュ・ブラン”の看板娘、杏里ちゃんにも感謝!

「"アンジュ・ブラン"の前で、伴杏里ちゃん、お父さんでスーパーパティシエの伴章さんと」


「おなじみ"アンジュ・ブラン"の詰め合わせセット。ハズレなし!」

帰路、またまた異様に蕎麦が食べたくなり、表参道駅構内の、知る人ぞ知る蕎麦屋さんに飛び込み、きつね蕎麦を。

「この表参道駅構内にあるお蕎麦屋さんのきつね蕎麦がまた!」

事務所で一服してから、再び外へ。
しかし、今日も寒いっすね。よーやく冬という感じですが。
でも、きっとすぐにまた猛暑の季節なんだよなあ。
一路、五反田へ。
去年の暮れに続いて、弘中勝さんの御自宅を訪問させていただき、鍋会。
例によって、とても有意義なお話を深夜まで。
“バランスボード”なるものを使わせてもらったのですが、ちょっと試しただけで、躰のバランスが矯正されたのが実感できる、実に不思議な器具。

「これが"バランスボード"です。病みつきになりそうな感覚!」

同席されていた女性陣から、ロールケーキやドーナツの差し入れ、加えて“アンジュ・ブラン”の詰め合わせもあって、デザートづくし!
すべてとても美味しゅうございました。

「この横浜某店のロールケーキがまた!」


「この"ドーナツプラント"の各種ドーナツがまた!」

タクシーにて表参道に戻り、倒れる前に、目黒考二著『笹塚日記“ご隠居編”』を読了。
読んでいて、一番ホッとさせてくれる本だったのですが、本巻をもって完結。
とても寂しい気持ちがしますが、目黒さん、きっと違った形で“続き”を書いてくれるはずです。


■1月×日
午前中から書類仕事の数々。
アッという間にタイムリミット。
合間に昼食を摂ったはずなのですが、失念。(鳴呼!)

午後、表参道のファミレスにて、『コミックチャージ』の古里さん、漫画家の西川彰さんと定期打ち合わせ。
終了後、今日もまたまた、外苑前にあるお蕎麦屋さんへ。
たぬき蕎麦とカレー丼を食しつつ、金山君と合流して、梶組企画の打ち合わせ。
その後、JCMの事務所に寄って、僕の担当マネージャーであるKさんに、ささやかな結婚の御祝いなどをお渡ししました。
(Kさん、末永くお幸せに!)
その足で、東京駅へ。

“丸善”内にある日経セミナーホールにて、弘中勝さんの講演会を聴講。

「"発想源"弘中勝さんの講演とサイン会」

僕と違って、お話が理路整然、シンプル&ストレート。
自分の講演の脱線振りに思い至り、いたく反省。
サイン会を終えられた弘中さんに慰労の御挨拶を。
その後、当然のように、大量に本を買ってしまいました。
この“丸善”も、本好きにとっては、かなりの危険地帯であります(笑)

表参道まで戻り、ファミレスにて夕食を摂りつつ、金山君と梶組企画の打ち合わせの続き。
金山君と別れて後、ロンリーに、大量にきていたメールの返信など。
そろそろ各方面の仕事が本格始動していて、スケジュールを切ってみると、恐ろしいことに。
今年もきっとアッという間に過ぎていくことでしょう。
であれば、なるべく楽しく、後悔なく、やりたいことを前向きに。

|

« 2008年1月上旬 パート2 | トップページ | 2008年1月中旬 パート2 »

日記」カテゴリの記事