« 2008年1月下旬 パート1 | トップページ | 2008年2月上旬 パート1 »

2008年1月下旬 パート2

■1月×日
早朝に起床。
日々、平均三十をかるく越える郵便物と宅急便が届くので、それを処理するだけでも、かなりの時間を要するのであります。
午前中から、都内某所某社にて、秘密の企画のミーティング。
ここで出していただいたチキンの唐揚弁当が、かなりの美味!
弁当系は、けっこう機会あるごとに様々な種類を食べているのですが、まだまだ奥が深いです。
終了後、一旦事務所へ。

原稿を書いてから、再び外へ。
田町へ行って、弘中勝さん、アシスタントのYちゃんと合流。
本日は、弘中さんの肝煎りにて、“発想源ライブ”でお話をさせていただくことに。
定員いっぱいの方々にお越しいただいて、本当に心より感謝!
例によって、理路整然とした話ができないため、脱線しまくりの90分。
多少なりとも皆さん(ほとんどがカタギの、とても偉い方々だったりして)のお役に立てたのでしょうか……冷汗三斗!

「僕より偉い方々の前で公演(汗!)」

終了後、わざわざ聴きに来ていただいていた脚本家の小林雄次さん、角川書店の担当編集者の古里さんもまじえて、弘中さん、Yちゃん、金山君、アシスタントのMちゃんと会食。
女子大生のMちゃんの話が、当たり前ですが、業界とはまったく関係なくて、とても新鮮で興味深かった次第です。

「講演会終了後、関係者の皆さんと」

劇団ブギ☆ウギのオーディションに行っていた深華ちゃんから報告。
座長の小川信太郎君を紹介した関係で、菊地雄一監督もオーディションに来ていたとのことで、最終的にどんなキャスティングになるのか、結果が楽しみであります。


■1月×日
早朝に起床。
少しだけ書類仕事をやって、すぐに外へ。

大塚にある“つばさ基地”を、金山君、深華ちゃんと共に訪問。
アクション女優の秋本つばさちゃんが起ち上げた“つばさ基地”には、ぜひ行かなければ……と思っていたのですが、ようやく果たせた次第。
勝手知ったる伊東☆丈典先生の御指導の下、アクションの基礎練習をざっと。
ひじょうにプラスになりました。(それにしても、2時間がアッという間!)
“つばさ基地”のマスコット犬が、人懐っこくてとてもキュート!
終了後、仕事に向かう深華ちゃんを見送ってから、金山君、伊東先生と、駅前のレストランにて、パスタのランチを。

「伊東さんを挟んで、深華ちゃんと金山君。パ〜ンチ!」

一旦、事務所に戻って原稿。
その間に、金山君に鍋会のための買い出しに行ってもらい、またまた外へ。

池袋の“シアターグリーン”。
劇団ヨロタミの舞台『寿苑』を、金山君、深華ちゃんと一緒に観劇。
主役が、『犬神戦記』で、口のきけない戦士ベイアを熱演してくれた金ちゃんこと、金藤洋司君が主演だったので、これは観なければなるまい。
そして、芸達者な行田恵梨ちゃんも、もちろん出演しているし。
劇団ヨロタミらしい、実にオーソドックスかつアットホームな舞台で良。
終演後、表参道へUターン。

わが事務所にて、またまた役者さん達総勢10名あまりで鍋会。
もはや恒例行事。
で、睡魔に勝てずにダウンする人も含めて、なんだかんだで、楽しく朝まで。


■1月×日
さすがに正午近くまでダウン。
加えて、昨日あたりから花粉症が……うう。
脚本家の小林さんは、帰ることかなわず、結局素泊まりに(笑)
いつぞやのようにデリバリーの弁当にてランチ。

午後から、金山君、深華ちゃん、大君が来社。
小林さんにも立ち会ってもらって、梶組携帯電話動画の撮影。
本日は、役者さん達の意向で、初ロケ。
しかし、携帯電話の動画録画機能は、やっぱり機動性があって楽しいっすね。
ノルマの撮影を終了後、全員で外へ。

神田にある某店へ。
深華ちゃんのお知り合いのライブバーだったのですが、ここが予想以上に良。
実は、月一回のペースで、梶組芝居を打とうと思っているのですが、劇場だと今ひとつ“普通”になってしまうので、ライブハウス芝居を演出した経験から、このようなお店を探しておったわけです。
お店のマスターや、深華ちゃんの友人のお姉様とお話させていただいて、食事をば。

「神田のお店にて、これがホンマの"サディスティック・ミカ・バンド"?!」

外へ出ると雨。
一同解散後、事務所に戻って、原稿。
花粉症も相俟って、さすがにフラフラ。


■1月×日
いろいろ多事が重なってストップしていた原稿の続き。
さすがに一気に仕上げて、メールにて送付。
そんなこんなでアッという間に午後。
超久し振りに自宅へ。
もはや完全に別荘状態。
ばばっと洗濯などの雑用を済ませて、終電にて表参道へUターン。
いったい何やってんだか(自嘲)


■1月×日
午前中に起きて、書類の整理。
いつまで続く泥濘ぞ(苦笑)
隣家の一方的な解体作業の大騒音も変わらず(憤怒!)
しかして、本日もフルコースの一日!

慌ててタクシーにて新宿へ。
高島屋で差し入れを買い、小田急サザンテラスタワーにて、新人歌手の瑠衣ちゃんと待ち合わせ。
先日、今年の初ライブに行くと約束していながら、その約束を見事に破ってしまったので、本日は穴埋め(笑)
タワー内にある“XENLON”にて、久々にランチ。ここのランチコースは、いろいろと種類が選べて、皆美味なのですよ。
その後、電車にて、代々木八幡にある青年座の劇場へ。
舞台『帰り花』を観劇。
久々に隙のない重厚な芝居を観させていただきました。
役者も演出も、そして生バンドによる(!)音楽も、あるステージの極み。
終演後、今回の舞台に招待してくださった作曲家の秦修さんに御挨拶して、瑠衣ちゃんを紹介。

表参道へUターンして、金山君、深華ちゃん、そしてモニカと合流。

「パーティ会場のホテルにて、梶組スウェーデン&梶組ジャパンの揃い踏み(笑)」

全員で東京プリンスのタワーへ。
角川書店の謝恩会に参加。
盛大きわまるパーティ。
ウェブ会社社長のSさんの肝煎りで、漫画家の小手川ゆあ先生、新條まゆ先生、作家の木原浩勝さんに御挨拶。

「やっとお会いできた木原浩勝さんと」

皆さん、とにかくお会いしたかった人達ばかりなので、かなり嬉しく、心よりSさんに感謝!
その後、岡崎武士先生、本そういち先生、とがしやすたか先生にバッタリ。
さらにさらに、原口智生監督や円谷の渋谷浩康プロデューサーや桜井浩子さんや、いろいろな会社で、それぞれ偉くなっている方々に再会。
ラストに、僕の大好きな井上伸一郎社長にモニカを紹介して、本日はとりあえず僕の中では〆。
(CLAMPの大川七瀬さんが、まさか乾杯の音頭をとられるとは! 御挨拶に行こうとするも、次々と人に阻まれてタイムアップ! あ〜、すみません!)
二次会の席に顔を出して、本日の梶組と共に帰路に。


■1月×日
夕方まで、ひたすら書類仕事。
まったく終らないっす(泣!)
よくも、まあ、毎日これだけ処理しなければならない書類だの雑事だのがあるもんだ。
いずれ、そのうち、これらをすべて捨てて、もっとシンプルに隠居したくなるかも(笑)
本当にアッという間に夕方。

いつもの表参道のカフェにて、『コミックチャージ』の担当の古里さん、漫画家の西川彰先生と打ち合わせ。
第1話が無事に掲載されることになったので、すぐさま第2話のお話であります。
人気取れるといいなあ。

夜、トップシークレットの打ち合わせ。
これが望外のハプニングもあって(笑)とても楽しい打ち合わせと相成りました。

|

« 2008年1月下旬 パート1 | トップページ | 2008年2月上旬 パート1 »

日記」カテゴリの記事