« 2008年2月中旬 パート2 | トップページ | 2008年2月下旬 パート2 »

2008年2月下旬 パート1

■2月×日
午前中、書類処理。
飽きずにやりますよ、ワタクシ。
ハッと気づくと、すでに午後。
慌ててタクシーに飛び乗って新宿へ。

某店にて、某誌の担当編集者のSさん、新人漫画家のYさんと打ち合わせ。
Yさん、新人にあるまじき力量の持ち主。
ネームが編集長に通ることを期待。
しかし、『コミックチャージ』で組んでいる西川彰さんもそうだが、真面目で力ある新人に出会と、やっぱり燃えてしまいますぜ!

終えた足で、別の店に移り、某芸能事務所のSさん、某製作会社のプロデューサーのSさんと、秘密の打ち合わせ。
……にしても、またまた世の中狭いというお話に。

終了後、女子大生アシスタントのMちゃんと待ち合わせて、都内某地へ。
舞台の稽古でもない限り、おそらくは来ないであろう土地で、なかなかに興味深し。
途中で、深華ちゃんとバッタリ会って、三人して稽古場へ。

本日から、先の舞台を追えた八戸亨君が合流。
Mちゃんに記録用ビデオを回してもらいつつ、『ホスピタル・ビルド』の稽古。
う〜む、まだまだや。
終ってから、皆で近場の居酒屋へ。
しかし、本日は明日が早いので、ちらっと飲んでから引き揚げ。
が、なぜか空腹に耐えられず、金山君に付き合ってもらって、超久し振りに“吉野屋”へ行ってしまいました(笑)

蜷川幸雄さんの『演出術』と『蜷川幸雄と「さいたまゴールド・シアター」の500日〜平均年齢67歳の挑戦』を読了しました。
あまりに興味深く、そして勉強になる点、多し。

『演出術』

『蜷川幸雄と「さいたまゴールド・シアター」の500日〜平均年齢67歳の
挑戦』


■2月×日
午前中、秘密のお仕事。
ハッと気づくと、またまた午後。
慌てて外へ。

いつもの表参道のカフェにて、某芸能事務所の社長のNさんとお話。
Nさんのお話、いつもながら、とても面白いっす。
次いで、また別の某芸能事務所の社長のYさん、ある女優さんの超優秀マネージャーのSさん、某出版社の編集者のFさんと、秘密の打ち合わせ。
終了後、いそいそと事務所へ戻る。
なんとなれば……。

今宵は、長年の弟分にして、“梶組リーサルウェポン”の小田井涼平君のサプライズバースディパーティを仕込んでおるからであります、ふふふ!
今月頭、自分自身も見事にハメられましたが、そりゃあもう、とてつもなく嬉しいもんであると同時に、「じゃ、次は…!」とリベンジに燃えたくなるのが(笑)人情というものです。
この日に備えて、出会っていきなり“義兄弟”の盃を交わした作家の木原浩勝さん達と、密かに計画を練り、関係者各位にシークレット連絡をして、準備万端整えてきたのであります。
で……参加者の一人であり、やっぱり出会ってすぐ友達になった女優で歌手のHちゃんから電話があり、なんと!おっそろしく超豪華なゲストがいらしてくれるという、イレギュラーなビッグサプライズが!
(不思議だったのは、その方々と、どういうわけか間接的には御縁があったということ。これも“運命”なのでしょうか)

というわけで、まずは一同、寒空の下で集合。
肝心の涼平君の到着が大幅に遅れるも、参加者全員サプライズ魂に燃えて、待つこと1時間弱!
さらには、Hちゃん、彼女の友人の女優さん二人と共に到着されたウルトラビッグゲスト御三方にも合流していただいて(あまりにビッグすぎて、ここには残念ながら書けません!これぞ、誕生日の奇跡!Hちゃん、本当に凄いわ!大感謝!)、さらに涼平君の到着を待つこと30分強!
そして……!サプライズは見事に大成功!
あまりのことに、ケンシロウに秘孔を突かれたみたいになっている(笑)涼平君を囲んで、歌い、飲み、食べる一同!
結局、宴は、延々、朝の9時まで続いたのでありました。

「サプライズの後、主賓の涼平君、共通の友人で俳優の島津健太郎さんと」


「涼平君を"特写"!」

涼平君と僕との会話。
「梶さん、今日、これから稽古でしたよね?」
「わちゃ〜、そうやった!」
思いきり朝の光の中、散会!


■2月×日
ほとんど一睡もしないまま、ヨロヨロと都内某地へ。
が……なんと、“春一番”で電車が止まっておりました。

かなり遅れて、稽古場に到着。

プロデューサーの和田さん、舞台監督の吉田さんと、舞台のセットの打ち合わせ。
ようやく舞台セットのイメージが決まってホッ。
吉田さんのほうから、役者さん達に伝えていただきました。

この吉田さん、話を聞けば聞くほど経歴が面白くて、いずれ正式に取材して、漫画にでもしようと画策するオレ(笑)

というわけで、本日も稽古。
今日から唐橋充君が復帰。
ぶっ通しでやって……ここでも、涼平君のサプライズミニパーティ!
和田さん、制作の重田さん、吉田さんと仕込んでおいたケーキを登場させて、みんなでハッピーバースディ!
う〜む、涼平君ではないですが、「なんだか思いきりデ・ジャブ!」(笑)

「稽古後、またまたみんなでサプライズ!」

終了後、いさものように近場の居酒屋へ。
しかし、寝てない涼平君と僕は、ほとんどフラフラ。
とにもかくにも、終電に飛び乗って、無事に帰艦となりました。


■2月×日
いつの間にか、死んだように眠っておりました(笑)
ハッと飛びえ起きると、さすがに正午近く。
あ〜あ。

大君、金山君、深華ちゃんと、順番に事務所に呼んで、もろもろのアドバイスを。
稽古場では、細かい点をいちいち指摘していたら、いくら時間があっても足りなくなってしまうので、こういう“補修”をするしかないのです。
特に、今回、“正規梶組”三人は、ほとんど“新人”なので、なんとか他の皆さんの足を引っ張らない程度には上げておかないといかんわけで。

三人が帰ってから、さて、本日のお仕事。
企画案を作って、某誌の担当編集者のMさん、別の某誌の担当編集者のTさんに、それぞれメールにて送付。
その後、バタンキュ〜!


■2月×日
午前中に起きて、書類仕事と企画書作り。
今日もアッという間に午後に。
外へ。

品川にある歯科医院に久々に。
奥歯の詰め物が取れてしまったのです。
それを直してもらい、さらに前歯の補修までしてもらって、なんと無料!
つまり、「一度治療したものが、わりと短期間で取れてしまったのは、こちらのミスです、だから当然無料で」という今時珍しい謙虚な先生!
この歯科医院、お薦めです!

大君と待ち合わせて、携帯電話動画の撮影。
先日、大君のものだけ撮れなかったからですが、ロケーションがかなりよかったので、今週アップ分ではなく、一週飛ばして、来週アップ分をば。
大君、いつもながら、なぜかロケーションでは一番得をしているかも(笑)

終了後、ちょっと緊急に私用。
終了したのは夜。
表参道に帰艦して、仕事。

弘中勝さんの真似をして(笑)、まったく足元にも及ばないながら、メルマガを始めてみることに。
何事も、とりあえずはやってみる主義なもんで。
タイトルまで弘中さんの真似をして、“ビジネス”とか付けてしまいましたが(笑)、これは、なんだかんだで“ビジネス”をしている人達に数多くお会いするので、そういう方々向けに、ほんの少しでもお役に立てばと。
まあ、読者がたった一人であろうと(笑)、自分の言葉の整理のためにもやってみます。

|

« 2008年2月中旬 パート2 | トップページ | 2008年2月下旬 パート2 »

日記」カテゴリの記事