« 2008年2月上旬 パート1 | トップページ | 2008年2月中旬 パート1 »

2008年2月上旬 パート2

■2月×日
午前中に起床して、例によっての書類仕事など。
やってもやっても終らなくて、結局、食事抜き(泣!)
アッという間にタイムリミットになって、慌てて外へ。

またまた超久し振りに自宅へ帰艦。
といっても、なんと洗濯しただけで(泣!)すぐにUターン。
いったいなんなんでしょうか、この生活(自嘲!)

氷雨の中、金山君と待ち合わせて、弘中勝さんの御宅へ。
“発想源”鍋会の3回目。
前回、僕の講演にもアシスタントで参加してくれた女子大生のMちゃんも来てくれて、いろいろと楽しいお話を。
(Mちゃんは、本人もダンサーで、御家族も芸術家揃いで、話を聞いていると、とても興味が尽きないのです)

「優秀女子大生のMちゃんを囲んで、金山君と」

終電でMちゃんが帰った後も、弘中さん、金山君、僕の男三人で、まさに“発想源”話を明け方まで。
かなり有意義でありました。
外へ出ると雨もあがっていて、タクシーにて帰艦。


■2月×日
午前中、ひたすら書類仕事。
本日は、夕方から、梶組携帯電話動画の撮影があるので、必死こいて処理。
それでも終わりまへん(泣!)

夕方、金山君、深華ちゃん、大君が集合。
おそろしい寒空の下で、撮影をば。
「アホちゃうか」と思われても、ひたすら続けることがすべて。
全員、凍え死にそうになりながらも、なんとか本日の撮影を無事に終了。
その後、深華ちゃんが、以前バイトとしていたお店で、僕の誕生日を梶組三人で祝ってくれるというので、まことに感謝恐縮しながら、「いろいろ打ち合わせしないといかんなあ」と思いながら、先導してもらってフラフラと。
もはや、この年齢になると、個人的には「ああ、また誕生日きちまったよ。早く忘れよう」という感じなのですが(笑)

で……都内某所のレストラン。
店員さんに案内されて、個室への扉を開けてみると、なんだか先客が。
ん?
暗がりの中に、どこかで見たような女性と男性の顔、顔、顔が……。
え?! ええ〜ッ?! まさか?!
と思っているうちに、首にレイがかけられ、バースディスイーツが運ばれてきて……うわ〜ッ! やられちゃったよ!!! どサプライズやん!!!
その後、すみません、頭の中、ほとんど真っ白でした、ワタクシ!
とても忙しい中、僕如き者のためにお集まりいただいた皆さんに、ひたすら「感謝!」の二文字しかありません!
そして、僕は、世界で一番の幸せ者だと思いました……うう!(感涙!)

順不同で申し訳ありませんが、レディファーストで、及川奈央ちゃん、奈央ちゃんの現場マネージャーのミカリン、石川紗彩ちゃんと斉川あいちゃん、某音楽事務所取締役のHさん。
原口智生監督、菊地雄一監督、木原浩勝さん、唐橋充君、南翔太君、ウェブ会社社長のSさん、漫画家のSさん、舞台本番中にもかかわらず駆けつけてくれた小田井涼平君。
この日のために陰でメチャクチャ努力してくれたという金山孝之君、深華ちゃん、水野大君、そして脚本家の小林雄次さんと、その弟の英造君。
皆さんの一人一人から、あまりにも素晴らしいプレゼントまでいただいてしまい、不肖の私は、ひたすら頭を垂れるのみです。
正直、今までの生涯で、一番嬉しい、最高の誕生日でした!
本当に、本当に、ありがとうございました!

「僕にとっては"女神"ともいえる及川奈央ちゃんと」


「斉川あいちゃん、石川紗彩ちゃん、木原浩勝さんと。ある意味、ダメな監督と作家(笑)」


「原口智生監督と。いつもダンディ!」


「小田井涼平君、唐橋充君達と。『ホスピタル・ビルド』チーム揃い踏み!」


「"梶組"所属の三人から、素敵な帽子をいただきました!」

……というわけで、最後は、帰る気の失せた菊地監督と小林さんが、うちの事務所に泊まり(笑)


■2月×日
一夜空けて、菊地監督、小林さんと、デリバリーのランチ。
う〜む、昨晩のことがまさしく夢のようだ(笑)

お二人と別れて、某局へ。
プロデューサーのSさんと、企画の打ち合わせ。
行きも帰りも、ひたすら歩く、歩く、歩く。
一旦事務所に戻って、書類の整理など。

夕方、あざみ野へ。
某誌の副編集長のMさんと待ち合わせて、もはや勝手知ったる“アンジュ・ブラン”へ。
社長で、スーパーパテシエの伴章さんにお会いして、先日に続いて、いろいろとお話をうかがいました。
いや〜、やっぱり、面白い!
途中で、娘さんで、女優の伴杏里ちゃんも同席してくれて、さらに僕の知らなかったスーパーエピソードを教えてくれました。
感謝!

後、Mさんと、あざみ野の某店にて、会食。
いろいろと企画のお話を。
しかし、かつて住んでいたこの地を、まさかこういう形で再訪することになるとは。
だから、人生は面白いです!


■2月×日
午前中、またまた、ひたすら書類仕事。
マジで、まともに食事する時間と、寝る時間がないです(泣!)
アッという間に夕方。

金山君に来てもらい、僕が物凄く尊敬している某スーパー漫画家さんからいただいた、とても美味な“いよかん”の一部を二人で持って、都内某所へ。
先日の女子大生のMちゃんと合流、記録ビデオを撮ってもらうことに。
……というわけで、本日は、いよいよ3月の舞台『ホスピタル・ビルド』の初顔合わせ。

「舞台『ホスピタル・ビルド』初顔合わせ!」

残念ながら主役の小田井涼平君は、今も舞台の本番真っ最中で欠席でしたが、他の役者さん達はほぼ全員が出席。
ぶっちゃけ、僕にとっては、かなり最高のキャストです!
皆さんに”いよかん”を御裾分け。
美味っすよ〜!
さらに!
プロデューサーの和田さん、制作の重田さんや京極さん達が、僕のためにバースディケーキを用意してくれていて、ビックリ!
あ〜、またまたホンマにありがとうございます!

終了後、今日も今日とて梶組携帯電話動画の撮影を、金山君、深華ちゃん、大君と。
臨機応変が携帯電話での撮影のモットーなので、とにかく、役者三人に自分で決めたキャラクターを提示してもらい、僕は、それで“現場”を作って、ひたすら撮ります。
今日は、なんと雪模様になってきたため、急遽、顔合わせに使った会議室や、その廊下やらで撮影。
しかし、大君の順番が回ってきたところでタイムアップ。
否応なく、雪が降りまくる外で、先日と同じく、凍えながらの撮影となりましたが、ケガの功名というかなんというか、自然の雪と雨を利用して、いい画が撮れました。
しかし、死ぬほど寒いっす!

終了後、顔合わせ後の懇親会が行われているお店へ、かなり遅れて参上。
皆さんに改めて御挨拶して、そそくさと食事をば。
……にしても、みんな、いい役者さん達ばかりで、演出家としては期待が高まります。
終電にて帰路。


■2月×日
久々に地震で(笑)起床。
書類仕事をやっているうちに、すぐに午後。
世間は祝日だそうですが、もちろん、関係ありません、そんなことは(笑)

で……午後から、メチャ混みの表参道のファミレスにて、『コミックチャージ』の古里さんと、いろいろと打ち合わせ。
それにしても、休日の原宿表参道界隈の飲食店の混雑振りは尋常ではありません。
と、言いつつ、実は、地元民にしかわからない、それほど混雑しない、しかし美味なお店も結構あるのですよ、ふふふ。
もっと言うと、表は初詣と見紛うばかりに大混雑でも、それが嘘のようにスイスイと歩ける裏道も、いくつか存在しています。
これはここに長年暮らしている人間だけのトップシークレットです(笑)

終了後、金山君と合流して、新宿へ。
さらに深華ちゃんと合流して、“スペース・ゼロ”。
小田井涼平君が出演している舞台『トライフル』。
僕は、ひたすら涼平君の芝居だけを凝視。
とにかく、隣の階段に座られた男子のお客さんが、頻繁に凄まじい奇声をあげて笑い、そのつど僕の肩に手が当たり、いかんせん、完全に舞台に集中できなかったのですよ(泣!)
でも、涼平君が、実に細かい演技をしていることに感心。
終演後、もともとは涼平君のファンの方から、金山君共々、プレゼントをいただき、まったくもって恐縮至極!
マネージャーのSさんに御案内していただいて、楽屋に涼平君を慰問。

その後、金山君、深華ちゃんと、劇場近くのお店で夕食しつつ、打ち合わせ。
さらに、涼平君も顔を出してくれて、『ホスピタル・ビルド』について、かるくお話。
(彼の話は、若い金山君と深華ちゃんには、かなりプラスになったはず)
涼平君は、初主演の『ホスピタル・ビルド』の後も、主演出演舞台が連続している、超ハードスケジュール。
僕は、彼のことは、もちろん心から信頼信用していますが、とにかく体調だけには気をつけてもらいたいと。
お互い、それなりの年齢になってきたしね(笑)
打ち上げに向かう涼平君を見送り、金山君、深華ちゃんと別れて、電車にて帰路。

|

« 2008年2月上旬 パート1 | トップページ | 2008年2月中旬 パート1 »

日記」カテゴリの記事