« 2008年3月中旬 パート2 | トップページ | 2008年3月下旬 パート2 »

2008年3月下旬 パート1

■3月×日
またしても、あまりに怒涛の5日間で、ほとんど記憶なしでありますが、なんとか必死に思い出しつつ、書いてみますです。

本日は夜公演のみ。
しかれども、本日は金山孝之君の誕生日で、以前からサプライズを仕掛ける算段になっていたため、涼平君共々プレゼントを買うために午前中から奔走。
“マイメロ”オタクの金山君ゆえ、その関連商品を探すも、あまりピンとくるものがなく、結局、涼平君が足で探してきてくれた品に便乗させてもらいつつ、おまけ程度にちょっとしたマイメロの玩具をばプラス。

スタッフとキャストの皆さんの大協力の下、金山君に稽古をつけるフリをして、ほどよいところでサプライズ!
金山君は今回の仲間内でも“ナルシス”と呼ばれるほどのスーパーナルシストなので、きっと心のどこかで自分に対するサプライズも予想しているだろうということで、バレないように、皆、迫真の演技で臨みました(笑)
その甲斐あって見事に成功して、金山君は、感涙!
おめえ、まだ、千秋楽でもねえのに泣くなってーの!(笑)
ちなみに、演技へのダメ出しはフリじゃなくてホントだからな(笑)

「マイメロコスチュームを着て御満悦の金山君」

夜公演には、友人の女優のHちゃんや菊地雄一監督、ビジネスコンサルタントの弘中勝さんと、今回稽古場でもビデオを回してくれたアシスタントのMちゃん、その他の方々が観に来てくださいました。
ありがとうございました!
終演後、金山君、深華ちゃん、大君と携帯動画の撮影。
本日は、せっかくなので、菊地雄一監督にゲスト監督として撮っていただくことに。
それにしても今夜は寒い!
終了後、八戸亮君と合流し、後から参加の涼平君も加わって、かるく食事。
その後、僕はさらに御挨拶周りに。

「涼平君、そして新たな弟分の八戸亮君と楽屋にて」


■3月×日
本日は、昼夜2回公演。
そして、本日も、御来客多数にて、本当にありがとうございます。
『ウルトラマンメビウス』チームからは、平田弥里ちゃんと内野謙太君、女優の井波知子ちゃんと俳優の石橋正高君、その他の方々が観に来て下さいました。
小学校と高校を通じての友人で、ただ一人同じ業界に身を置く某局のプロデューサーのS君も来てくれて、ひたすら感謝であります!
終演後、本日も御挨拶周りに。

「コノミンこと平田弥里ちゃんと久々に再会!」


■3月×日
本日、早くも千秋楽。
予想していたことですが、本当にアッという間です。
なので、この舞台という“お祭り”は、とてつもなく面白いわけですが。

昼公演には、原口智生監督、アベ・ユーイチ監督、女優の石川紗彩ちゃん、その他の方々に来ていただきました。
皆さん、御多忙の中、ありがとうございました!

そして、迎えたラストステージ。
あれよあれよという間に終了。
今回、僕自身は舞台挨拶はすまいと思っていたのですが、いきなり涼平君が呼び込んでくれて、大慌てで楽屋からダッシュ!
メチャクチャ焦りました。
毎朝シャワーを浴びてすぐに飛び出す日々だったので、寝グセがバリバリで、『T3』キャップを取れず、ホンマに失礼致しました!
とまれ、すべては役者さん、そして超優秀なスタッフの皆さん=音響の末谷さん、照明の松本さん、舞台監督の吉田さん、衣装の清水さん、その他の関係者の方々のおかげです!
本当にありがとうございました!
何よりも、御多忙の中、劇場に足を運んでいただいたお客様に、改めて心よりの感謝を捧げます!

終演後、今回二度も観に来てくれた梶組の“女神”及川奈央ちゃん、マネージャーのミカリンとお話。
そういえば、楽屋で一緒にモニターを観ていた舞台監督の吉田さんから、「金山、一度うちで一から修行させますか」という気遣いのお言葉が(笑) 
金山君、今回他の役者さん達全員に助けてもらってなんとか舞台に残れた君のためにも、そして役者として成長してほしいがためにも、敢えて公開ダメ出しです(笑)
その他は、皆さん、安定しつつも、のびのびと演じていただけた感じで、ダメ演出家としては、ひたすら感謝であります。

新宿の某店にて打ち上げ。
涼平君達と会場に向かっていたら、向こうから作家の木原浩勝さんが歩いていらっしゃって、ビックリ!
先日の菊地雄一監督の時とまったく同じで、やはり“ダメダメ兄弟”の運命でしょうか(笑)
木原さんも拉致しつつ、打ち上げへと突入!
プロデューサーであり、今回のまとめ役の大任を担ってくれた和田小太郎さんから大入り袋が配られました。
改めて最高のキャスト&スタッフに感謝!
明日からさっそく次の舞台の稽古が始まる涼平君がひと足先に帰るというので、お見送りしたうえで、二人だけで固く強い握手を!

「こんな野崎先生は嫌だ!(笑)」


「涼平君と唐橋君が僕のパンフレットに書いてくれたメッセージ。泣けました!」


■3月×日
朝に帰艦して、少しだけ仮眠。
必死に午前中に起きて、溜まりに溜まっている書類仕事を再開。
今日から、さっそく心身を切り替えて、次なる仕事へと突入であります。

午後一で、秘書のFさんと打ち合わせ。
外へ。
麻布にある某事務所にて、某誌の担当編集者のMさんと共に、ある方の取材。
終了後、表参道へUターンして、金山君、大君と合流。
携帯動画の撮影をば。今日も夜になると寒いっす。
終了後、三人でうどんの美味しい店にて、名物のカレーうどんを。

帰艦して、さすがにダウン。
『ホスピタルビルド』の上演中、一日の平均睡眠時間が3時間あればいいほうだったので、死んだように爆睡。


■3月×日
というわけで、早朝に起床。
例によって、溜まりに溜まった書類仕事の続き。
アッという間に午後になり、本日は、昨日撮れなかった深華ちゃんの携帯動画の撮影。
そろそろ桜が咲き始めていて、ロケーションは良。
劇団ブギ☆ウギの稽古に行く深華ちゃんと別れて、西麻布へ。

本日も、某誌の担当編集者のMさんと、とあるイタリアンレストランにて、ある方々から取材を。
いつものことながら、ぜんぜん異なる世界で働いていらっしゃる人達のお話は、あまりにも面白いです。
終了後、別の某誌の担当編集者のLさんも合流して、別の店へと移動。
途中、ある役者さんから、とても不可思議な電話があって、急遽、その対応をば。
なんだかんだで明け方まで。

|

« 2008年3月中旬 パート2 | トップページ | 2008年3月下旬 パート2 »

日記」カテゴリの記事