« 2008年3月上旬 パート1 | トップページ | 2008年3月中旬 パート1 »

2008年3月上旬 パート2

■3月×日
午前中に起床。
本日は午後一でとても大事な打ち合わせがあるので、そのための準備をば。
優秀な秘書のFさんのフォローもあって、つつがなく終了。

慌しく外へ。

渋谷にある某社に行って、ある企画に関する秘密のお話。

思ったより早く終わったので、一旦事務所へ帰艦。
ささっと雑用を済ませて、再び外へ。

本日も稽古場。

「いつもナチュラルな船戸慎士さんと。いつの間にか、背後に明日香ちゃんが(笑)」

1場と2場の反復。
かなり煮詰まってきた感あり。
演劇の小難しい理屈に興味はありませんが、役者さん達が可能性の幅を広げて、
自由に演じてくれることが僕の望み。
また、そうでなければ、アッシが演出を担当する意味がありやせん。
終了後、深華ちゃんの携帯動画の撮影。

帰艦して、別の仕事。
明日は稽古休みなので、またまた打ち合わせの一日です。

■3月×日
午前中に起床。
書類の整理をささっと。後は優秀な秘書のFさんにお任せ。

慌しく外へ。

池袋のメトロポリタンホテルのレストランにて、某社の編集者のIさんと、ランチミーティング。
不思議と次から次へと湧いて出てくる企画を、とりあえずお話。
そのうちのいくつかは具体的な実現に向けて動き出すことに。
まずは第一段階。

終了後、また慌しく移動。
九段下のホテルグランドパレスのカフェにて、まずは木原浩勝兄弟、某社の担当編集者のFさんと。
企画の話が進んだようで何より。
次いで、木原兄弟より御紹介いただいたプロデューサーのUさんと初対面。
木原兄弟のパワーもあって、アッという間に、次の舞台の話がまとまり、具体的な動きへと、さっそく移行。
木原兄弟とは、“ダメ兄弟”同志でもあるので(笑)、すべての話が早くてサイコーっすよ!

次いで、またまた慌しく移動して、某社にて、担当編集者のNさんと。
漫画家のK先生の原稿があがってきていて、生原で見せていただくと、例によって素晴らしい! 
5月発売予定の雑誌に掲載されるので、乞う御期待!

さらにさらに慌しく移動して、某社の担当編集者のMさんと。
次の企画の打ち合わせ。
終了後、別の編集部の担当編集者のNさんを訪ねて、よもやま話と一緒に、秘密の仕事のお話。

で……さすがにフラフラになりながら帰艦。


■3月×日
午前中、書類仕事。
ギリギリまでやって、午後から外へ。

新宿の某喫茶店にて、某誌の担当編集者のFさん、漫画家のNさんと打ち合わせ。
終了後、本日も稽古場。
今日は、及川奈央ちゃんと、マネージャーのミカリンが陣中見舞に来てくれました。
そして、稽古終わりまでじっと見学してくれて、なんとも感謝!
また、すっげえパワーをいただきました!

「及川奈央ちゃん、マネージャーのミカリンからケンタッキーの差し入れをいただきました」

そういえば、稽古場では、常にキャップをかぶるようになってしまいました。
天井の照明の眩しさを切るのが一番の理由ですが、最近は髪に花粉が付いてしまうので、それを防ぐ意味もあります。
愛用のキャップは、友人のアメリカの映画プロデューサー、ロウィーナからもらった『ターミネーター3』のキャップです。
ちょっと古いけど(笑)

「愛用の"ターミネーター"キャップです」

22時に終えて、新宿へ。
女優の立石ゆかりちゃん、ダンサーの池田美千瑠ちゃんと、木原浩勝兄弟のトークイベントで、ロフトプラスワン。
ここへ来るのはかなり久々。
イベントは噂に違わぬ面白さで、最高!
最後まではいられなかったのが残念至極。

「木原浩勝さんと立石ゆかりちゃんのツーショット」


■3月×日
今日も今日とて、午前中は書類の処理。

午後から、梶組携帯動画の撮影。
金山君、深華ちゃん、大君。
まだまだ“自意識”をコントロールしきれていない役者三人ですが、それはそれで、かわいく(笑)興味深いものが。
人間の業というやつは、なかなか飼い慣らせないものだと実感。
しかし、それが、役者としての将来をきわめて大きく左右するのですが。

タイムリミットがきて、本日も稽古場。
22時まで。
終了後、携帯動画撮影の残りを。

夜、ある緊急連絡が。
至急の対応に追われましたが、やはり、人生、好きなことをやっておくべき。
大成功だの大名誉だのを求めずに。


■3月×日
そういえば、クリエイティブの世界にも、たまに、明らかに訴えられてもおかしくないことをする人々がいて、本当に驚かされます。
以下、実話です。(幸運にも、僕はまだ被害に遭ったことはありませんが)
人が持ち込んだアイディアを、無断で他の作家に書かせる編集者。
人が持ち込んだ企画を、無断で別のスタッフで映像化するプロデューサー。
それらを平気でやっている人達がいますが、立派な犯罪行為です。
もし、この俺がやられたら、容赦なく訴えて、思いっきり損害賠償を請求してやりますが(笑)

本日も午後一から22時まで稽古。
いつもの女子大生のMちゃんに頼んで、稽古風景をビデオ撮影。
なんだかんだで、さすがにクタクタになって、帰艦。
と……。
またも緊急連絡が。
実は、昔からお世話になっているある組織の幹部の方が、予断を許さない状況に。
なるべく対応すべく、スケジュールを調整しているうちに朝。
ですが、僕にとっては、深い深い恩義は、仕事よりも優先されるべきものです。

|

« 2008年3月上旬 パート1 | トップページ | 2008年3月中旬 パート1 »

日記」カテゴリの記事