« 2008年3月中旬 パート1 | トップページ | 2008年3月下旬 パート1 »

2008年3月中旬 パート2

■3月×日
またまたアッという間に5日間が!
舞台や撮影に関わっていると、毎日がこんな感じっす。
気がついたら、1年が経ってたりして。

というわけで、本日は、稽古の最終日。
それなりに形にはなりましたが、小屋入りしてから、さらに詰めなければなりません。
積み込みもあったので、合間に大君の携帯動画を撮影し、稽古後の打ち上げの後に、再び深華ちゃんの携帯動画を。
帰艦して、さすがにダウン。


■3月×日
午前中に起床して、いわゆる“ほうほうのてい”で(笑)メルマガの原稿を。
今のところ、これが唯一の息抜きかも。

午後から、いよいよ小屋入り。
舞台上の素晴らしい美術を見ると、やはりテンションが上がりますね。
(劇団ブギ☆ウギの姉妹女優の真由子ちゃんと真利子ちゃんがチラシの折り込みに来ていたので、パチリ!)

「劇団ブギ☆ウギの姉妹女優の和田真由子ちゃんと真利子ちゃん。チラシの折り込み中」

役者さん達と、花園神社へ公演中の無事を祈願して、御参り。
そして夕方から、役者さん達に入ってもらっての“場当たり”。
大事な作業なので、時間がかかります。
なので、後半は翌日に持ち越しとなりました。
終了後、深華ちゃんと金山君の携帯動画の撮影をば。
帰艦して、ダウン。


■3月×日
本日は、いよいよ初日。

「いよいよ初日!」

午前中から小屋入りして、“場当たり”の続き。
その後、ほとんど休む間もなく、ゲネプロです。
いろいろとやること多々で、今やほとんど記憶なし。
苦労したことや大変だったことは、どういうわけか、すぐに忘れ去ってしまう得な性格でもあります、オレ(笑)

というわけで……。
舞台『ホスピタルビルド』、なんとか無事に初日を迎えることができました。
僕は、本日は、一観客として客席で観させてもらいましたが、関係者の皆さん、御来場いただいたお客様に、心から感謝であります。
幕が開いてからは、基本、役者さん達のもので、演出家はただただ見守るだけだとは思っていますが、千秋楽に向けて、さらによりよくブラッシュアップしていかなければなりませんね。

終了後、近くの居酒屋にて、初日打ち上げ。
陣中見舞いに来てくださった木原浩勝さんや小林雄次さんも顔を出してくださいました。
感謝であります。
僕は涼平君と、反省その他をこめたお話を、いろいろと。
帰艦して、ダウン。


■3月×日
午前中に起きて、この期に及んで、書類の整理を。
日本に住んでいる限りは、仕方あるまい……とても面倒きわまりないですが。

午後から小屋入り。
舞台上で稽古をば。
その後、公演2日目。
楽屋のモニターで、気になるところを確認しつつ、観劇させてもらいました。
本日は、我らが”女神”の及川奈央ちゃん、チーフマネージャーのKさん、現場マネージャーのミカリン、そして『犬神戦記』の時にお世話になった作曲家の秦さん、女優の立石ゆかりちゃん、歌手の瑠衣ちゃん、その他日頃お世話になっている方々が観に来てくださいました。
本当にありがとうございます!

「及川奈央ちゃんと。『ナイトメス』チームの最集合!」


「ゆかりちゃん、瑠衣ちゃん、秦さんと」

終了後、雨模様でしたが、御挨拶周りを。
明け方に帰艦して、ダウン。


■3月×日
午前中から小屋入り。
公演3日目、早くも折り返し地点です。
そして、昼夜公演。
僕は昨日と同じく、楽屋のモニターで観劇。
そして、昼公演と夜公演の合間の時間を使って、お芝居の小返し。
涼平君はじめ、役者さん達も乗ってきた感があって、楽屋にも余裕が生まれてきました。
僕と涼平君は、お芝居の話だけではなく、例によって玩具の話も(笑)

「出陣前の野崎先生=涼平君と、楽屋にて」

本日は、脚本家の林壮太郎さん、劇団ブギ☆ウギの座長の小川信太郎君、役者の斎藤出海君他、また日頃お世話になっている方々に御来場いただきました。
ありがとうございます!(林さんから、大脚本家の石森史郎先生を御紹介いただき、大感激!)
終了後、金山君、深華ちゃん、大君と、携帯動画の撮影打ち合わせを行ってから、散会。
僕は今日も挨拶周りへ。
帰艦して、ダウン。

|

« 2008年3月中旬 パート1 | トップページ | 2008年3月下旬 パート1 »

日記」カテゴリの記事