« 2008年3月下旬 パート2 | トップページ | 2008年4月上旬 パート2 »

2008年4月上旬 パート1

■4月×日
なんとか午前中に起床。
書類仕事を少々やって、すぐに外へ。

都内某所のレストランにて、さる大物俳優さん、マネージャーさん、某社の編集者氏と会食。ある企画のお話。
終えた足で、某社へ。
プロデューサーのSさんと、秘密の企画のお話。
終了後、帰ろうと思っていたところへ、某誌の担当編集者のNさんより緊急連絡。
以前より僕がずっとお話ししたいと思っていた、さる業界の超大物の方とお会いできるというので、すぐさま都内某所のお店へと。
思っていた以上に凄い方で納得。河岸を変えてお話を聞き続け、午前様で表参道へと帰艦。

DVDにて、またまたアンジェラ・マオの『旋風レディ!鉄掌拳』を。この作品が、アンジェラ初の本格クンフーアクションで、全編を通じて、『さそり』の梶芽衣子さんのように、一度も笑顔を見せないアンジェラの“冷面ヒロイン”振りがクールきわまりなし。
まだ、発展途上にあるアンジェラのクンフーアクションが初々しい。


■4月×日
午前様で帰って、午前様で起床(笑)
書類仕事の続きをば。
午後から夜まで、今日はある秘密の仕事。
けど、楽しかったなあ。

『芦原英幸伝〜我が父、その魂』を一気に読了。
故・芦原英幸先生という空手家は、僕達にとっては、忘れ難い実在したヒーローの一人。
僕的にもっとも興味が持てるのは、その武勇伝ではなく、一空手家をはるかに超越した先見の明、ひいてはその“天才性”にあります。
同時に、絶望的な孤立無援の中で、決して挫けることのなかった“魂の強さ”に。


■4月×日
午前中に起床して、書類仕事を少々やって、すぐに外へ。

都内某社にて、まだ秘密の作品の脚本会議。
実は、この作品、僕にとってはいろいろと縁深いものがあるのですが、それはいずれ明らかにする時も。
終えた足で、赤坂へ。
またまた秘密の打ち合わせを。
すぐに読まなければならない資料本があったので、渋谷まで戻って、喫茶店に入り、ひたすら乱読。
ハッと気がつくと、けっこういい時間が経っていて、慌てて恵比寿へ。
いつもの美容院で、いつものスーパー美容師のHさんに、なんと4か月振りにカットを。
終わるやいなや、某社の偉い方と会うため、目黒にあるレストランへ。
某芸能事務所の女性社長お二人が同席されていて、その一人の方とは、数年前にお会いした記憶があり、お互いにビックリ。
女性お二人をお見送りしてから、男二人で仕事の密談。

帰艦してから、昼間に会議したある作品の脚本の仕事を。
いちおうのカタをつけてから、ダウン。


■4月×日
午前中に起床して、昨晩の脚本仕事のチェックを行い、エージェント氏にメール送付。
正午に金山君が来社し、天気がいいので、外へ出て携帯動画の撮影を。
終わってから、昨日届いたばかりのDVD。
『SHOGO HAMADA ON THE ROAD 2005-2007“My First Love”』
浜田省吾さんは、僕より上の世代ですが、一からひたすらライブ活動を継続して、常に“現在進行形”の尊敬すべきミュージシャン。
なので、浜田さんのLIVEを観ると、ものすごく勇気と元気をもらえるのです。

久々に池袋へ。
某誌の担当編集者のFさんと、今日見つけたばかりのなかなか悪くないカフェにて、定期打ち合わせ。
終了後、女優のAちゃんと本屋で待ち合わせ、お互いに本を物色(笑)
またまた今日見つけた、ちょっと雰囲気のいい和喫茶にて一服後、シアターグリーンへ。
小田井涼平君の主演舞台『7@dash』を観劇。
開演前にちょいと地震(笑)涼平君の舞台では、なぜか地震に遭うことが多いのはなぜ?(笑)
舞台は、ひたすら笑わせてもらいました。
唐橋充君や劇団ブキ☆ウギの小川信太郎君ともバッタリで、みんなで楽屋裏に涼平君を慰問してから、解散。
僕は、Aちゃんと近場の店に立ち寄って、秘密の仕事のお話を。
終電にて、帰艦。

本日も、アンジェラ・マオのDVDで『ザ・トーナメント』を。
いや〜、この作品はいろいろな意味で凄かったです。
格闘技的見地から云うと30年も前にムエタイを真面目に取り上げていること、映画的見地から云うと実際に当時のタイの試合場で撮影を敢行していること、女優的見地から云うと全盛期にあったアンジェラ・マオのクンフーアクションの完成度と美しさが不世出であること。
東映の千葉真一主演の空手映画でもおなじみのイスラエルの空手家、ジョージ・イリキアンが出演していることも懐かしく。


■4月×日
午前中に起床して、企画書。
アップして、担当編集者氏にメール送付。
その後、書類整理と別の原稿をば。

夕方、都内某所へ。
友人の女優のHちゃん、前々から一度会いたいと思っていたHちゃんの弟のS君と会食。(ここのお好み焼き屋、美味しかったなあ!)
その後、“ダメ兄弟”の(笑)木原浩勝さんの事務所を全員で急襲。
締め切りに追われている最中にも関わらず、朝までお付き合いいただいて、まったく感謝であります、兄弟!
Hちゃん兄弟と朝焼けの中で別れて、帰艦。

|

« 2008年3月下旬 パート2 | トップページ | 2008年4月上旬 パート2 »

日記」カテゴリの記事