« 2008年4月上旬 パート2 | トップページ | 2008年4月中旬 パート2 »

2008年4月中旬 パート1

■4月×日
午前中、ひたすら企画書。
仕上げて、編集者氏にメール送付。
その後、さらにある作品の脚本。
途中でタイムリミットで外へ。

某社にて、某社の偉い方と合流。
エントランスのところで、昨晩会食した某局のプロデューサーのSさんとバッタリ。
まったく狭いっす。
社長のIさんと、秘密の打ち合わせを。
終了後、新宿へ。
引き続き、某社の偉い方と打ち合わせ。
河岸を変えて、同社のプロデューサーのSさんも合流、久々に少しお話を。

本日は、水野大君の誕生日。
この時期はみんな忙しいので、さすがにサプライズを仕込む時間はなかったものの、よき面子が集合。

「大君のスペリングが・・・嗚呼!」


「大君のバースディケーキ・・・ってロウソク挿しすぎとちゃうか?!」


「大君に深華ちゃんから"あ〜ん"の図」

一次会が終わった後、大君、深華ちゃんと、新宿のロケーションを使って携帯動画の撮影。
例によって、今日も寒い!(笑)


「携帯動画撮影後の二人。深華ちゃん、寒くないんかい?!」

終了後の二次会の場所に合流。
“外部梶組”とも呼ばれている(笑)女優のゆかりちゃんと知子ちゃんも合流してくれて、なんだかんだで午前3時くらいまで。
おめでとう、大君!

帰艦してから、酔いを冷まして、脚本の続きを。
朝まで。
そういえば、昔はこのパターンばかりでしたが、久々に。


■4月×日
仮眠をとった後、脚本の続き。
タイムリミットで外へ。

本日は銀座。
どうしても仕事で必要な本があり、ブックファーストに立ち寄り。
金山君、大君と合流して、差し入れを買い、銀座という土地柄ならではのカラオケクラブへ。
友人の女優の穂花ちゃんの歌手デビューのライブイベント。
仮面を付けないと入場できない仕組みで、全員怪しいルックスに(笑)
ライブは盛り上がって、穂花ちゃんの“昭和アイドル声”も良。
終了後、お疲れ様の穂花ちゃん、事務所の社長のMさんとちょっとお話。

金山君、大君と、近くのファミレスにて一服。
二人と別れて表参道へとUターン。
またまたファミレスにて、舞台の稽古を終えた小田井涼平君と合流して会食。
ここのところ、一緒に舞台をやったとはいえ、お互いにゆっくり時間をとれなかったので、久々に午前様まで積もる話を。

帰艦してから、脚本の続き。
アップして、関係者各位にメール送付。


■4月×日
午前中に起床して、書類仕事の後、DVD。
またまたアンジェラ・マオの『必殺!サンダーボルト』。
もはやおなじみのキャストで、呼吸もピッタリ、さぞかし現場は楽しかっただろうなあ、と想像させます。
羨ましい。
特典映像のインタビューで、撮影中に腰の骨を折る重傷を負いながらも、なんと15日間でギプスを付けて現場に復帰、そのままワイヤーワークをこなしたという逸話が当たり前のように語られていて、その女優魂に脱帽!

午後から、一週間振りの自宅。
といっても、またまた洗濯しただけで、すぐさま表参道へとUターン。
小雨降る中、梶組の役者さん達のプロフィールを持って、キンコーズにて作業。

帰艦してから、また企画書。


■4月×日
午前中に起床して、企画書の続きを。
アップして、担当編集者氏にメール送付。

午後から、渋谷の某所にて、関係者の皆さんとある作品の脚本会議をば。
終了後、某喫茶店に行って、舞台プロデューサーのMさんと久々にお話。
舞台のことだけではなく、Mさんとお話ししていると、他の企画も次々と飛び出して、いつもながら刺激大。

次の打ち合わせまで時間があったので、ここぞとばかりに舞台のDVDを。
劇団、本谷有希子の『乱暴と待機』。
いかにも今風の演劇といった感じで面白く。何よりも馬渕英里何ちゃんの使い方が秀逸!
これは原作小説も読まねばなるまい。

深夜、某社の偉い方と会食。
新しい映像の企画がいよいよ実現しそうで楽しみであります。


■4月×日
午前中に起床して、企画書を2本。
某局のプロデューサー氏とエージェントにメール送付。

午後から、金山君、次いで大君が来て、携帯動画の撮影。
深華ちゃんは、風邪をひいていたので、舞台の本番前でもあり、休むように通告。
というか、体調管理も役者の仕事のうちですぜ、深華ちゃん!

終了後、都内某所にて、映画プロデューサーのIさんと待ち合わせ、某社へ。
同社の映画プロデューサーのSさんもまじえて、映画の打ち合わせをば。
それが終わってから、Iさんと、駅近くの渋い喫茶店にて、さらに別件の打ち合わせ。

夜、友人の女優のHちゃんの弟のS君と合流して、夕食…という手筈だったのですが、案内してもらった店がすべからく定休日!
が、最後に行った店が、なかなかの穴場でひじょうに良!
S君といろいろとお話。後半、仕事が終わったHちゃんも合流して、さらに。

タクシーにて帰艦。
いよいよ“梶組三人芝居”其の一の本格的な準備が始動。
…というわけで、また寝られない日々が。
(そういえば、Hちゃんも、ドラマと映画の撮影で連日3時間睡眠だと言っていたので、オッサンのオレとても頑張らねば!)

蜷川幸雄さんの『千のナイフ、千の目』を読了。
いちいち頷くことばかりで、蔵書の永久欠番入りは確実!

|

« 2008年4月上旬 パート2 | トップページ | 2008年4月中旬 パート2 »

日記」カテゴリの記事