« 2008年4月下旬 パート1 | トップページ | 2008年5月上旬 パート1 »

2008年4月下旬 パート2

■4月×日
またまた、なんだかんだで、怒涛の5日間。
書けることもあり、書けないこともあり(笑)

午前中から夕方にかけて、ひたすら原稿。
夕方、プロジェクトアシスタントのT君、来事務所で、打ち合わせ。
さらに原稿を続けてから、遅れて外へ。

稽古場へ。
T君、記録映像を撮影中。
そのT君から、衝撃の面白い話を聞くも、あまりに衝撃すぎて(笑)ここには書けず。
しかし、偶然は恐ろしいというか、運命は面白いというか。

稽古終了後、せっかくなので、T君にゲスト監督になってもらって、携帯動画の撮影。
こういうことが気軽にできるのも、携帯動画の醍醐味。
その後、みんなで“大戸屋”で御飯。
“大戸屋”と言えば、学生時代よくお世話になったものですが、まさか、こんなにお洒落な定食チェーン店になるとは。
Photo_5
「"大戸屋"での三人。三人バラバラ(苦笑)」

本日は“合宿”稽古。
といっても、うちの事務所にて、朝までセリフ合わせ。
僕は、その合間にも原稿をば。


■4月×日
みんなが帰ってから、ちょっと仮眠。
すぐに起きて、原稿。
なんとか仕上げて、担当編集者のKさんにメール送付。
T君が来事務所で、ヨロヨロと外へ。

今日は午後一で稽古場。
ひたすら夕方まで。
いよいよタイムリミット。
それぞれセリフの入れ方には違いがあったりもするので、金山君は帰宅して一人で、深華ちゃんと大君はT君にも入ってもらってうちの事務所で、それぞれ復習練習することに。
一旦バレて、僕と深華ちゃんとT君は、稽古場近くのカフェにて、御飯を食べつつ、お話。

久々に風邪ひき。
気力と薬で治さねば。
ダウンしている場合でなく。

事務所にて、深華ちゃん、大君、T君とで、セリフ合わせ。
その横で、僕はまた原稿をば。
本日は、みんなフラフラだったので、終電前に解散。
さすがに僕もバタンキュ〜。


■4月×日
なんとか午前中に起床。
ここのところ、必死に原稿をやらねばならない状況。
久々のライターズハイ(笑)

午後から新宿へ。
いつもの喫茶店にて、某誌の担当編集者のSさん、漫画家のYさんと。
Yさんのネームの上がりが素晴らしく、期待大。
終了後、ちょっと時間があったので、別の店へ。
そこで、偶然にも、Y監督、脚本家のMさんにバッタリ。
ものすごく期待できるコンビだけに、新作が楽しみ。
久々の再会だったので、打ち合わせ終了後、Y監督といろいろと近況をお話。

その後、小道具を調達してきてくれた深華ちゃんと合流して、稽古場へ。
いよいよもって、泣いても笑っても稽古最終日。
ひたすら通し稽古。

終了後、某社の偉い方とお話。
後、いつものお店にて、かるく飲酒。


■4月×日
早朝に起床。
久々に午前中から外へ。
なんだか新鮮(笑)

某社にて、秘密の会議。
とはいえ、ほぼ勝手知ったるメンバーにて。

昼食後、事務所へ帰還。
慌しく書類仕事。
アッという間にタイムリミットで、再び外へ。

神田。
金山君、深華ちゃん、大君、そして女子大生アシスタントのMちゃんが集合しているお店へ。
みんなでポストカードに感謝のサインを。

「みんなでメッセージ書き」


「記念すべき初メッセージ」

その後、“イゾルデ”へ移動。

超特急で仕込み。
脚本を担当してくださった小林英造君、お兄さんの小林雄次さんも来てくださって、アシスト。
とにかく、最初だけにいろいろと予想外の事が起きるも(笑)強引にクリア。
てんやわんやにて、“梶組ワンナイト芝居”の第1回目。

定員を超える皆様に来ていただいて、感謝以外の言葉が何も見つかりません。
まだまだ至らぬ点多々あれど、本当に優しいお客様方、そしてスタッフの方々のおかげで、なんとか無事に終えることができました。
心よりありがとうございました。
そして、来月からも、またよろしくお願い致します。

「梶組の"女神"の及川奈央ちゃんは自らお花を手配してくれました。感謝感激!」


「劇団ブギ☆ウギの本倉さつきちゃんが、わざわざお祝い酒を。感涙!」

終了後、お世話になった方々と、かるく打ち上げ。
終電ギリギリで帰還。
しかし、まだまだ終わらず(笑)、僕は原稿を。


■4月×日
ハッと飛び起きて、原稿の続き。
すぐに午後。
慌てて外へ。
…って、ここのところ、まともに飯食うヒマもないやん(苦笑)

恵比寿。
かなり久々に某社に行って、プロデューサーのKさんとお話。
またまた意外な共通点が見つかって、世の中の狭さを痛感。
その足で神保町。
某社に行って、某誌の担当編集者のMさんと打ち合わせ。
次いで、別の某誌の担当編集者のNさんと。
ある企画があって、旧知の編集者のAさんともお話。
Nさんといろいろとお話してから、帰還の途。

原稿続行。
なんとか形にして、担当編集者のLさんにメール送付。

|

« 2008年4月下旬 パート1 | トップページ | 2008年5月上旬 パート1 »

日記」カテゴリの記事