« 2008年5月上旬 パート2 | トップページ | 2008年5月中旬 パート2 »

2008年5月中旬 パート1

■5月×日
早朝に起床。
雨が小雨になっていて、よしよし。
しかし、大寒。
フェラーリオーナーのNさんは先発。
後発の我々は、ホテルの食堂で朝食をいただいてから、出発。

思った以上に道が空いていて、予定より早く富士スピードウェイに到着。
ずいぶん昔に来ているのですが、改装されてかなりキレイに。
雨もさらに止んできて、“現場晴れ男”の面目を維持(笑)
それにしても…。
見渡す限りフェラーリ、フェラーリ、フェラーリで、まさしく壮観の一語!

「フェラーリだらけの駐車場前で、深華ちゃん、瑠衣ちゃん、Mちゃん」

まずはギネスチャレンジで、500台のフェラーリが一挙に走行。
490台が完走で、ギネスレコードに申請。

「ギネスに申請されました」


「Nさん御自慢のフェラーリのエンジン」

Nさんが運転するフェラーリに、新入社員のMちゃんが乗り込んでの参加。
それを横目で見つつ、僕と深華ちゃんは、携帯動画の撮影をちゃっかりと。

「フェラーリのパレードの合間に、深華ちゃんと携帯動画の撮影」

次いで、ファミリーサーキット走行に、瑠衣ちゃん。
時速150キロまで。
さらに次いで、ファミリーアクティブ走行に、深華ちゃん。
こちらはヘルメットをつけて、時速220キロまで。
二人ともいい経験だったはず。
かくいう僕は、参加している人達の観察と、やっぱり本物のF1マシンを間近で観れて久々に興奮。
F1観戦に通い詰めていた頃を回想して、ちょっと血の騒ぎが。

「本物のF1マシン、出撃!」


「フェラーリ紅白饅頭とは日本的(笑)」

無事に全スケジュールを消化して、足柄インターで夕食をとりつつ、帰路。
雨はすっかり止んでいたものの、なんと台風が接近中とは。
明日はまた早朝から仕事なので、さすがにバタンキュ〜。


■5月×日
本日も早朝に起床。
某社の偉い方に車で迎えに来ていただいて、とあるスタジオヘ。
ある作品のための秘密の準備。
かなり会っていなかった女優のMちゃんが、たまたま撮影で来ていて、ちょちょっと再会の挨拶。
短い時間でささっと仕事を済ませて、再び車で、都内某社へ。

引き続き、別の作品の秘密会議など。
こちらも複数案件をささっと終えて、昼食をいただき、帰路。
一旦事務所に戻り、雑用を片付けてから、再び外へ。
秘書のFさんと、ある会社へおうかがいして、秘密のお話を。

一つ打ち合わせが飛んだので、よく行く某ホテルにて、ネットをチェックしてから、カフェに入って資料の本読みを。
そうこうしているうちに、なぜか猛烈に蕎麦が食べたくなってきて、これまたいつもの蕎麦屋へ寄ってから、帰艦。

ある作品の脚本を、勢いでババッと仕上げて、プロデューサーのOさんにメール送付。
その後、関係各氏と電話にて、それぞれの作品の打ち合わせ。
ハッと気づくと午前4時にて、そのままダウン。


■5月×日
早朝に起床。
すっかり現場体質に。
もろもろの書類の処理を。
梶組“正規”役者のプロフィールの整理なども。
そういえば…。

ウチは、マネージャーさんとかがいる事務所ではないので、役者さんの“営業”はほとんどできないのが現状であります。(もともとが、金山君も深華ちゃんも大君も、それぞれ信頼すべき仲介者の方がいて、その人達を僕が信用していることから、“お預かり”したのが発端なのであります)
“営業”ができない代わりに、僕にできることは最大限してあげようと思っているのですが、一つ決めているのは、「チャンスは平等均等に与えるので、あとは自分自身の実力で仕事を勝ち得る」ということ。

各自のプロフィールはウェブサイトで公表、ブログは各自の自己責任で運営(僕はいっさい口を挟みません)、携帯動画も基本的に本人の希望に沿って同じ回数を撮影(プロバイダも皆同じなわけで、ブログを含めてのヒット数は本人の魅力にかかっています)、梶組芝居は各自の役の分量は均等になるように努めていきます。
(梶組芝居については、「一週間の稽古で、一か月に一度公演」「新しい作家と新しい役者に発表の場を与える」という二大テーマが僕の中にあります。つまり、いずれは“正規”梶組の三人だけではなく、ゲスト役者の方にも出演していただくつもりです。とりあえず、夏あたりにちょっと面白いことをやろうかなと思っています)
また、僕の友人の業界関係者に紹介する際も、各自のプロフィールをすべて渡して、仕事などについては、あくまでも先方にチョイスしていただく形をとっています。
となると、先方に選ばれるか選ばれないかは、本人自身の魅力と実力ということになります。(ちなみに、今は、各自のショートフィルムを準備中であります)
結局は、本人が常に努力していて、本物の実力がつかなければ、結果的に花が咲かないことは、歴史をみても明らかです。

閑話休題。
午後から外へ。
都内某所のいつもの喫茶店にて、某誌の担当編集者のRさんと打ち合わせ。
その前に、別の某誌の編集者のSさんを御紹介いただいて、ひとしきり御挨拶を兼ねてのお話をば。
今は、なぜか、日々企画のアイディアが湧き出して困っているくらいの状態なので、とにかく、いろいろな編集者の方に聞いてもらって、こちらも御意見をうかがいたいわけです。

久々に大手書店に寄って、ババッと資料の本を買い込み、発作的に蕎麦屋へ飛び込んで、資料本をチェックしてから、帰路。
原稿を書いていると、金山君より連絡。
次の梶組芝居の打ち合わせがしたいとの旨で、気分転換も兼ねて、近くのファミレス。
金山君と話してから、即攻で戻り、原稿の続きを。

煮詰まってきたので、なんと、朝まで発作的にDVD。
アンジェラ・マオの『破戒』。
これって、あの『修羅雪姫』のカンフー版じゃん(笑)知らんかった。特筆すべきは、アンジェラ・マオ、ブルース・リャン、チャーリー・チャン、サモ・ハンの揃い踏みのカンフーアクション。
当たり前ですが、皆さん、とても今ではこの超絶の動きはできんでしょうが、映画の中では永遠に輝き続けています。


■5月×日
早朝に起床して、あるドラマのプロット。
夕方までに、なんとか仕上げて、関係者の皆さんにメール送付。
アッ……また、昼飯を忘れていた……(苦笑)
外へ。

新宿のいつもの喫茶店にて、某誌の担当編集者のSさん、漫画家のYさんと打ち合わせ。
なんと、いきなりSさん、別部署に異動になられてしまうとの旨。
ここまで一緒にやってきたので、なんとも残念至極。
しかし、新しい担当者のHさんは、以前、偶然にも別の案件で僕がお会いしていた方。
不思議な縁。

終了後、事務所へとって返し、大君と合流。
梶組芝居第2回は、制作を金山君から大君へとバトンタッチしたので、その打ち合わせ。
一人だけに負担をかけたくないのと、全員が仕事を覚えておくと、後年きっと役に立つはず。
プラス、明日、大君がVシネマの撮影なので、スケジュール等の打ち合わせを。

その後、ある方々と、ある秘密の打ち合わせ。
ちょっと面白い映画女優のMちゃんと会って、お話。
帰って、次の仕事の資料本読み……気づくとダウン。


■5月×日
今日も早朝に起床。
新しい原稿の執筆をスタート。
合間に、メールの返信やら電話やら。
アッという間に午後に。
慌てて外へ。

某社へ行き、某誌の担当編集者のLさんと打ち合わせ。
Lさんは、まだ若い編集者ですが、漫画に対する情熱がハンパでなく、こういう人に出会うと、やっぱり根っからの“漫画原作好き”の血が騒いでしまいます。
終えた足で、某社の偉い方と合流して、また別の某社へ。
某誌の編集長のKさんにお会いして、ある秘密のお話。
Kさんにも、かつてある雑誌で担当していただいたことがあるのですが、今やすっかり大物に(笑)
終了後、打ち合わせが一つ飛んでいたので、どうするべえかと思っていたら、いきなり某社の偉い方に拉致されて(笑)

なんと、新宿の片隅にあるサウナ付き銭湯へ(笑)
銭湯に行くのも、サウナに入るのも、メチャクチャ久し振り。
学生時代に戻った気分で、湯上りにコーヒー牛乳を(笑)
コーヒー牛乳も、しばらく飲まないうちに、なんかモダンなデザインになっとったんですね(笑)

「今時の(笑)コーヒー牛乳」


「銭湯にあった鳩時計」

その後、おばちゃんが一人でやっている居酒屋、お兄さんが一人でやっているロックバーとハシゴしつつ、某社の偉い方といろいろとお話。

帰艦して、フラフラながら、原稿の続き。
こういうのも昔を思い出すなあ(笑)

|

« 2008年5月上旬 パート2 | トップページ | 2008年5月中旬 パート2 »

日記」カテゴリの記事