« 2008年5月上旬 パート1 | トップページ | 2008年5月中旬 パート1 »

2008年5月上旬 パート2

■5月×日
午前中にヨロヨロと起床。
原稿の続きをば。
昼前に外へ。
昨日までの天候が一転、絶好の散歩日和。

渋谷の駅前にて、金山君、深華ちゃんと待ち合わせ。
よく深夜に打ち合わせで使うファミレスに行って、大君と合流。
H監督、先日の梶組芝居でお世話になったMさんと、みんなでランチ。

終了後、事務所に戻って、金山君、深華ちゃん、大君とミーティング。
すでにして、次の梶組芝居の段取りを考えねばならないのですね。
当たり前ですが、超速。
今回は、まだ脚本家さんが確定していないので、なかなかに大変。
そのスリリングな経過状況は(笑)、梶組ブログのほうで役者三人が書きますので、お楽しみ下さいませ。

大君が役をいただいたVシネマの、彼の出演シーンのチェック。
この作品には、偶然にも深華ちゃんの友人の役者さんも出演していることが判明。
やはり、業界は狭すぎ(笑)

金山君、大君と別れて、深華ちゃんと、再び渋谷に出て買い物。
今日は、いつもお世話になっている某社の偉い方の誕生日なので、そのプレゼントを。
で…その偉い方の隠れ家へうかがい、誕生会に参加。

「某社の偉い方の誕生会の靴、靴、靴!」

例によって、いろいろな人達にお会いできて、興味尽きず。
そこでも、またまたH監督と一緒になったので、終了後、渋谷の行きつけのバーにて、ちょいと一杯。
帰ってから、なんとか仕事しようと思うも、さすがに限界にて、ダウン。


■5月×日
午前中に起床して、原稿。
一つ仕上げて、某誌の担当編集者のMさんにメール送付。
終えるやいなや外へ。

ちょっと夏日。
しかし、完璧な異常気象、必ず気温がドーンと下がる日がくる予感。
TBSにて、映画プロデューサーのIさんと待ち合わせ、いつもお世話になっている部長のMさんとお話。
終了後、Iさんと別れて、表参道へとUターン。

ひたすら原稿。
もう一つ仕上げて、某誌の担当編集者のRさんにメール送付。
そのままダウン。


■5月×日
午前中に起床して、溜まっていた書類仕事の一部を。
すぐに午後になり、慌てて外へ。

新宿御苑にあるシアターサンモール。
まず深華ちゃんと待ち合わせ。
その後、小田井涼平君、唐橋充君、斉川あいちゃん、川村エミコちゃん次々と合流、『ホスピタルビルド』の同窓会の様相。
みんな元気そうでよかった、よかった。
というわけで、やはり『ホスピタルビルド』にも出演の船戸慎士さんが熱演のスタジオライフ版『真夏の夜の夢』を観劇。
この作品、少し前に劇団ブギ☆ウギでも演目とされていましたが、双方見比べると、いろいろな意味でとても面白く。
しかし、残念ながら、次の時間が迫ってきて、深華ちゃんと共に早退。
けど、船戸さんの“おいしいところ”はちゃんと観れたので良。

「劇場前で深華ちゃんの自分撮り」

五反田のイマジカへ。
僕が脚本を手伝わせていただいた『東京残酷警察』の初試写。
知った顔が続々と。
映画の出来は…いや〜、最高でした!
過日の『片腕マシンガール』もそうでしたが、ひと昔前だと、漫画でしかできなかった表現が、ついに日本の映像表現でも可能になったのだと。
ただし、こういうジャンルムービーは、まず今の日本で企画が通ることはほとんどありません。
そこが日本の映画が、結局は世界に置いていかれる一大要因になっているわけですが。
なので、これは日本映画ではなく、実はすべてアメリカ資本で作られたアメリカ映画なのであります。
したがって、日本公開は残念ながら未定。
でも、予告編は観れます。

予告編はこちらから

終映後、打ち上げ。
そこで、先日に引き続いて、女優の満島ひかりちゃんとバッタリ!
深華ちゃん交えて、いろいろと長いお話。
二次会には顔を出さず、深華ちゃんと仕事の打ち合わせをして、帰路。

大阪のTOYOKI君と電話。
試写で、『なにわん』にも出ていただいた島津健太郎さんにも会ったため。
また、大阪行きたくなってきたなあ。
新しい原稿を書き始めるも、あえなくダウン。


■5月×日
午前中に起床して、原稿の続き。
すぐに午後。
外へ。

ふと…。
食券を買うシステムながら、やけに美味しそうな“ソースとんかつ丼”を出している店を発見。
ついフラフラと入ってしまい、しかし、安けれど堪能!

都内某所のホテルのラウンジカフェにて、某誌の担当編集者のKさんと打ち合わせ。
次いで、別の某誌のFさんとも。
終えるやいなや、即攻で帰路。

一つ打ち合わせが飛んだので、ここぞとばかりに原稿の続き。
仕上げて、某誌の担当編集者のTさんにメール送付。
さて、明日からは、フェラーリフェスティバルなるもので二日間。


■5月×日
雨。
しかれど、最近はずっと“現場晴れ男”のワタクシ、必ず肝心な日に雨は上がると確信。
とりあえず、午後になるまでずっと新しい原稿。
ハッと我に返って、慌てて準備して、外へ。

都内某地へ。
実は、ここ最近、この土地もひじょうに縁があるのでビックリ。
今回、フェラーリフェスティバルに招待してくださった某誌の担当編集者で、フェラーリオーナーのNさん、その後輩でピチピチの新入社員のMちゃん、某大企業の社員のSさん、そして、深華ちゃんと瑠衣ちゃんと合流。
まずは、一路、富士スピードウェイ近くのリゾートホテルへ。

「深華ちゃんと瑠衣ちゃんを乗せて」

Photo_4
「フェラーリのシフトレバー」

Photo_5
「フェラーリフェスティバルのご意見無用のパスカード」

あいにくの雨模様なれど、それもまた風流(笑)
なんだかんだで予定通りにホテルに到着し、僕と深華ちゃん以外のメンバーは、皆さん、さっそく温泉へと。
僕と深華ちゃんは、ショートフィルム及び梶組芝居第2夜の打ち合わせをば。
お風呂上りの皆さんと再合流して、ホテル内のイタリアンレストランで夕食。
さらに、同内のバーで一飲み。
話しているうちに盛り上がって、歌手の瑠衣ちゃんもいたので、カラオケに行こう!となるも、ホテル内のカラオケは満杯。
そんなことであきらめるNさんではなく(笑)タクシーを呼んでもらって、地元のカラオケボックスへと。
深華ちゃん、瑠衣ちゃん、Mちゃんと女性陣大盛り上がりで、われわれ男性陣はやんややんや(笑)
歌い狂って、ホテル帰艦は午前様。

明日また早いので、即攻でダウン…といきたいところなれど、今月中に書かなければならない原稿のための資料本読みをするオレ(泣!)

|

« 2008年5月上旬 パート1 | トップページ | 2008年5月中旬 パート1 »

日記」カテゴリの記事