« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »

2008年5月下旬 パート1

■5月×日
再び。
朝から原稿書き。

しかし、こういうギリギリの極限状態こそが、クリエイターとして歓迎すべき環境なのでしょう。
それは、かつて、あの梶原一騎先生もエッセイの中で書いておられましたが。

合間に、大倉崇裕さんの『聖域』を再読。
大倉さんの作品の中では、今のところ、僕の中でベストとも云える山岳小説の傑作!(多角的にはハードボイルドの傑作とも云えるでしょう)


夕方まで原稿を書きつづけて、タイムリミット。
慌てて外へ。
新宿にて、友人の女優のAちゃんと会食。いろいろと仕事のお話。
…にしても、中村屋のレストランのハヤシライスは美味!

その足で、某社へ。
夜の9時からの会議というのも、決して嫌いではありません。あまりグロッキーでない場合は、どちらかというと夜行性の僕は大歓迎。というわけで、ある作品の脚本会議を、関係者諸氏と。


■5月×日
本日は夏日。
暑いですね、さすがに。

映画プロデューサーのIさん、Sさんと待ち合わせて、都内某社へ。ある作品についての最初の顔合わせを。終了後、近くのカフェに入って、さらに事後打ち合わせ。

僕だけ、アッという間にタイムリミットになり、あたふたと別の某社へ。某誌の担当編集者のMさんにお会いして、お話。終えるやいなや、すぐに表参道へとUターン!

本日は、事務所にて、ある重要な取材を。お話が尽きず、結局、明け方まで。きわめて有意義でした。

新藤兼人監督の『生きているかぎり〜私の履歴書』。96歳の現役脚本家であり監督。ただ、ただ、パワーが湧いてきます。


■5月×日
約1時間の仮眠をとって、すぐに外へ。

新宿のいつもの喫茶店にて、某誌の担当編集者のTさんと打ち合わせ。かなり労力も多い企画なのですが、Tさんの作品に賭ける熱意が嬉しいです。“熱意”という意味においては、僕は今現在、とても担当編集者諸氏には恵まれていると思います。
なので、命賭けで彼らの“熱意”に応えなければ、男やないぜ!

終えた足で、別の某社へ行き、漫画家のYさん、新しい担当編集者となる某誌のHさん、前担当編集者のSさんと、顔合わせと打ち合わせを。会社側の論理で担当編集者が変わるのは、いつものことながら作家側としては困惑の限りなのですが、それも社会の現実です。ただ、先にも書きましたが、僕の場合、いつも担当編集者諸氏には恵まれることが多く、今回も例外ではなく。

終えた足で、渋谷へ。
今夜は、尊敬すべきクリエイターの方々と、ある秘密の企画での顔合わせ。ちょっと意識朦朧でしたが(汗!)心から信頼している方々なので、ひたすら嬉しかったです。帰るやいなや、さすがに昏倒。


■5月×日
なんとか午前中に起床。
溜まっていた雑用を片付けているうちに、アッという間に午後。

青山にある韓国料理店にて、大好きな石焼ビビンバを。休日だけれども、意外と穴場のお店。腹拵えしてから、近くのキンコーズに行って、梶組芝居第2夜の脚本のコピーを。役者のみんなもそうですが、僕も脚本を精読するのは、今日が初めてであります。なんというか、役者と共に、新鮮な気持ちで臨みたいのです。新しくできていた、やたらとお洒落だけれど、とても雰囲気のいいカフェで、ネットして、ある調べ事。

深華ちゃんが来事務所で、遅れていた梶組芝居のメッセージ撮り。
その足で、稽古場へ。
雨に。
梶組芝居第2夜の稽古初日。沢崎麻也さんの脚本がとてもよく書かれていて、おのずと気合が入ります。役者と演出家共に未熟なれど、できるだけよいものをお客様に提供せねば!

「三人の手に初めて台本が。緊張の初見!」


「というわけで、いきなり立ち稽古です!」

終了後、みんなで近くの“大戸屋”にて夕食しつつ、ミーティング。

帰ってから、原稿。
いよいよノルマが厳しくなってきましたが、頑張りやす!


■5月×日
午前中に起床して、原稿。
本日は、午後一で、梶組芝居の稽古2日目なれど、のっぴきならない急用ができてしまい、自宅へ。実は、仕事にかまけて、あまりに帰宅できなかったことがたたって、いろいろと処理すべきトラブルが。当たり前ですが、やっぱり、家には帰らないとダメですね。たとえ物置状態になっていたとしても(自嘲)

結局、表参道へのUターンはかなわず、完全作家モードと化して、自宅にて、ひたすら原稿。
仕上げて、某誌の担当編集者のTさんにメール送付。さすがにそのままダウン。

そういえば…。
最近、原稿の合間に、フェラーリのミニキットを組み立てています。『ホスピタルビルド』の公演の時に、楽屋で小田井涼平君がプレゼントしてくれたものです。気分転換にはもってこいの品々です。

「気分転換には悪くないのです」

|

2008年5月中旬 パート2

■5月×日
この5日間も、またまた怒涛!
しかし、最近は真面目に(笑)作家モード。

午前中から、某テレビ局にて、脚本家のHさん、エージェントのKさんと共に、局PのTさんと、秘密の打ち合わせ。
終了後、韓国料理店に行って、ランチ。
石焼ビビンバ大好きの僕的には美味!

その足で、某社に向かい、映画プロデューサーのIさん、Sさんと、打ち合わせ。
この企画は、僕の念願のものなので、必ず実現させる! という気概のもとでやっています。

一旦事務所に戻って、原稿。
タイムリミットになったので、再び外へ。
都内の某カラオケ店にて、ものすごくVIPな方々とカラオケ。
先日のフェラーリフェスティバルの時以来ですが、いや〜、歌った歌った(笑)

終了後、共に参加していた“梶組リーサルウェポン”の小田井涼平君と、近くのレストランにて、朝まで会食。
今後の仕事のことなどについて、朝まで秘密の会話を。
明日も舞台の本番だというのに、すんません、涼平君!


■5月×日
ほとんど寝れず(苦笑)

午後一で、梶組ワンナイト芝居第2夜のポストカードの撮影を、わが事務所の中庭にて。

「ポストカードの撮影」

いつも思うことですが、写真というのは、本当にその人のキャラクターを如実に映し出しますね。
特に役者さん達の場合、どんなに演技して、どんなに繕っても、一般の人達の眼はゴマかせても、業界の人達の眼は絶対に欺くことはできません。
梶組でいうと、金山君のスーパーナルシスト、深華ちゃんの小悪魔、大君の一直線が、どう表情やポーズを作ろうが、あまりにハッキリと出てしまっていて、まだ彼らに会ったことのないプロデューサーやキャスティングディレクターの人達から、ズバリ指摘されるので、なんとも面白いのです。
役者というのは、ある意味、嘘をつく商売ですが、別の意味で、まったく嘘がつけない職業だとも云えるのです。

さて、梶組ワンナイト芝居の第2夜は、いつもとてもよくしていただいている劇団ブギ☆ウギさんの頼れる座長、小川信太郎君の御厚意により、同劇団の名作者、沢崎麻也さんの脚本『4つ目の嘘』を上演します。
この作品、かつて、信太郎君、佐藤秀樹君、葵さん(現・本倉さつきさん)という、スーパーうまい役者さん達で演じられたもの。
それを1週間の稽古、それをまだペーペーの梶組3人の役者、同じくペーペーの梶が演出するという、なんとも無謀な企画であります。
失礼を顧みず、果たして如何に?!

「DVDいただきましたが、僕も役者達も芝居終了後まで観ません。プレッシャーなので(笑)」

終了後、解散。
実は、意識朦朧(笑)
その足で秋葉原へ。
ショートフィルムのロケハン。
天気が崩れてきて、テスト撮影の予定もかなわず。
なんと、たまたま入ったカフェで、某局のプロデューサーのSさんとバッタリ。
なんでも同窓会の帰りとか。
こんなことってあるんですね。

とって返して、西麻布。
僕が第1回目の脚本を書かせてもらった、あるドラマの撮影の見学。
監督もカメラマンもよく知っている人達。
近日、情報公開できると思います。

帰路、昨晩、涼平君と語り明かした六本木のレストランを再訪。
(なかなかに料理が美味しかったのですよ)
スケジュールの都合もあり、大君を呼んで、携帯動画の撮影。


5月×日
午後から、またまた二週間振り(苦笑)の自宅。
例によって、例の如し。
しかれど、ショートムービーの一部の撮影も忘れず。
とって返して、表参道へとUターン!
何やってんだか。


■5月×日
ほとんど寝れず(再苦笑)

午後から、某社に、エージェントのKさんと。
某社の偉い方にKさんをお引き合わせして、今後のお話なぞ。

あ、そういえば、『ULTRA SEVEN X』のDVD第6巻に、僕が作詞して、石川紗彩ちゃんが、第7話の劇中で歌ってくれた『ナタルのテーマ〜花に変えよう』が、CD特典として付くそうです。
やった〜!

終えて、Uターン。
ひたすら原稿。
あるドラマの構成案をアップして、関係者の方々にメール送付。
ふう。


■5月×日
正午から、都内某所のいつものレストランにて、某大俳優の方のインタビュー取材の2回目。
往年の映画好きドラマ好きの僕にとっては、たまらんエピソードの速射砲で、毎回かなり堪能させていただいております。
本当に大感謝!

担当編集者のIさんとの打ち合わせ終了後、表参道にとって返して、原稿。
2本仕上げて、それぞれ担当編集者のTさんとRさんに、メール送付。
やれやれ。
今夜は少し寝させてもらっても罰は当たらんでしょう(笑)

|

2008年5月中旬 パート1

■5月×日
早朝に起床。
雨が小雨になっていて、よしよし。
しかし、大寒。
フェラーリオーナーのNさんは先発。
後発の我々は、ホテルの食堂で朝食をいただいてから、出発。

思った以上に道が空いていて、予定より早く富士スピードウェイに到着。
ずいぶん昔に来ているのですが、改装されてかなりキレイに。
雨もさらに止んできて、“現場晴れ男”の面目を維持(笑)
それにしても…。
見渡す限りフェラーリ、フェラーリ、フェラーリで、まさしく壮観の一語!

「フェラーリだらけの駐車場前で、深華ちゃん、瑠衣ちゃん、Mちゃん」

まずはギネスチャレンジで、500台のフェラーリが一挙に走行。
490台が完走で、ギネスレコードに申請。

「ギネスに申請されました」


「Nさん御自慢のフェラーリのエンジン」

Nさんが運転するフェラーリに、新入社員のMちゃんが乗り込んでの参加。
それを横目で見つつ、僕と深華ちゃんは、携帯動画の撮影をちゃっかりと。

「フェラーリのパレードの合間に、深華ちゃんと携帯動画の撮影」

次いで、ファミリーサーキット走行に、瑠衣ちゃん。
時速150キロまで。
さらに次いで、ファミリーアクティブ走行に、深華ちゃん。
こちらはヘルメットをつけて、時速220キロまで。
二人ともいい経験だったはず。
かくいう僕は、参加している人達の観察と、やっぱり本物のF1マシンを間近で観れて久々に興奮。
F1観戦に通い詰めていた頃を回想して、ちょっと血の騒ぎが。

「本物のF1マシン、出撃!」


「フェラーリ紅白饅頭とは日本的(笑)」

無事に全スケジュールを消化して、足柄インターで夕食をとりつつ、帰路。
雨はすっかり止んでいたものの、なんと台風が接近中とは。
明日はまた早朝から仕事なので、さすがにバタンキュ〜。


■5月×日
本日も早朝に起床。
某社の偉い方に車で迎えに来ていただいて、とあるスタジオヘ。
ある作品のための秘密の準備。
かなり会っていなかった女優のMちゃんが、たまたま撮影で来ていて、ちょちょっと再会の挨拶。
短い時間でささっと仕事を済ませて、再び車で、都内某社へ。

引き続き、別の作品の秘密会議など。
こちらも複数案件をささっと終えて、昼食をいただき、帰路。
一旦事務所に戻り、雑用を片付けてから、再び外へ。
秘書のFさんと、ある会社へおうかがいして、秘密のお話を。

一つ打ち合わせが飛んだので、よく行く某ホテルにて、ネットをチェックしてから、カフェに入って資料の本読みを。
そうこうしているうちに、なぜか猛烈に蕎麦が食べたくなってきて、これまたいつもの蕎麦屋へ寄ってから、帰艦。

ある作品の脚本を、勢いでババッと仕上げて、プロデューサーのOさんにメール送付。
その後、関係各氏と電話にて、それぞれの作品の打ち合わせ。
ハッと気づくと午前4時にて、そのままダウン。


■5月×日
早朝に起床。
すっかり現場体質に。
もろもろの書類の処理を。
梶組“正規”役者のプロフィールの整理なども。
そういえば…。

ウチは、マネージャーさんとかがいる事務所ではないので、役者さんの“営業”はほとんどできないのが現状であります。(もともとが、金山君も深華ちゃんも大君も、それぞれ信頼すべき仲介者の方がいて、その人達を僕が信用していることから、“お預かり”したのが発端なのであります)
“営業”ができない代わりに、僕にできることは最大限してあげようと思っているのですが、一つ決めているのは、「チャンスは平等均等に与えるので、あとは自分自身の実力で仕事を勝ち得る」ということ。

各自のプロフィールはウェブサイトで公表、ブログは各自の自己責任で運営(僕はいっさい口を挟みません)、携帯動画も基本的に本人の希望に沿って同じ回数を撮影(プロバイダも皆同じなわけで、ブログを含めてのヒット数は本人の魅力にかかっています)、梶組芝居は各自の役の分量は均等になるように努めていきます。
(梶組芝居については、「一週間の稽古で、一か月に一度公演」「新しい作家と新しい役者に発表の場を与える」という二大テーマが僕の中にあります。つまり、いずれは“正規”梶組の三人だけではなく、ゲスト役者の方にも出演していただくつもりです。とりあえず、夏あたりにちょっと面白いことをやろうかなと思っています)
また、僕の友人の業界関係者に紹介する際も、各自のプロフィールをすべて渡して、仕事などについては、あくまでも先方にチョイスしていただく形をとっています。
となると、先方に選ばれるか選ばれないかは、本人自身の魅力と実力ということになります。(ちなみに、今は、各自のショートフィルムを準備中であります)
結局は、本人が常に努力していて、本物の実力がつかなければ、結果的に花が咲かないことは、歴史をみても明らかです。

閑話休題。
午後から外へ。
都内某所のいつもの喫茶店にて、某誌の担当編集者のRさんと打ち合わせ。
その前に、別の某誌の編集者のSさんを御紹介いただいて、ひとしきり御挨拶を兼ねてのお話をば。
今は、なぜか、日々企画のアイディアが湧き出して困っているくらいの状態なので、とにかく、いろいろな編集者の方に聞いてもらって、こちらも御意見をうかがいたいわけです。

久々に大手書店に寄って、ババッと資料の本を買い込み、発作的に蕎麦屋へ飛び込んで、資料本をチェックしてから、帰路。
原稿を書いていると、金山君より連絡。
次の梶組芝居の打ち合わせがしたいとの旨で、気分転換も兼ねて、近くのファミレス。
金山君と話してから、即攻で戻り、原稿の続きを。

煮詰まってきたので、なんと、朝まで発作的にDVD。
アンジェラ・マオの『破戒』。
これって、あの『修羅雪姫』のカンフー版じゃん(笑)知らんかった。特筆すべきは、アンジェラ・マオ、ブルース・リャン、チャーリー・チャン、サモ・ハンの揃い踏みのカンフーアクション。
当たり前ですが、皆さん、とても今ではこの超絶の動きはできんでしょうが、映画の中では永遠に輝き続けています。


■5月×日
早朝に起床して、あるドラマのプロット。
夕方までに、なんとか仕上げて、関係者の皆さんにメール送付。
アッ……また、昼飯を忘れていた……(苦笑)
外へ。

新宿のいつもの喫茶店にて、某誌の担当編集者のSさん、漫画家のYさんと打ち合わせ。
なんと、いきなりSさん、別部署に異動になられてしまうとの旨。
ここまで一緒にやってきたので、なんとも残念至極。
しかし、新しい担当者のHさんは、以前、偶然にも別の案件で僕がお会いしていた方。
不思議な縁。

終了後、事務所へとって返し、大君と合流。
梶組芝居第2回は、制作を金山君から大君へとバトンタッチしたので、その打ち合わせ。
一人だけに負担をかけたくないのと、全員が仕事を覚えておくと、後年きっと役に立つはず。
プラス、明日、大君がVシネマの撮影なので、スケジュール等の打ち合わせを。

その後、ある方々と、ある秘密の打ち合わせ。
ちょっと面白い映画女優のMちゃんと会って、お話。
帰って、次の仕事の資料本読み……気づくとダウン。


■5月×日
今日も早朝に起床。
新しい原稿の執筆をスタート。
合間に、メールの返信やら電話やら。
アッという間に午後に。
慌てて外へ。

某社へ行き、某誌の担当編集者のLさんと打ち合わせ。
Lさんは、まだ若い編集者ですが、漫画に対する情熱がハンパでなく、こういう人に出会うと、やっぱり根っからの“漫画原作好き”の血が騒いでしまいます。
終えた足で、某社の偉い方と合流して、また別の某社へ。
某誌の編集長のKさんにお会いして、ある秘密のお話。
Kさんにも、かつてある雑誌で担当していただいたことがあるのですが、今やすっかり大物に(笑)
終了後、打ち合わせが一つ飛んでいたので、どうするべえかと思っていたら、いきなり某社の偉い方に拉致されて(笑)

なんと、新宿の片隅にあるサウナ付き銭湯へ(笑)
銭湯に行くのも、サウナに入るのも、メチャクチャ久し振り。
学生時代に戻った気分で、湯上りにコーヒー牛乳を(笑)
コーヒー牛乳も、しばらく飲まないうちに、なんかモダンなデザインになっとったんですね(笑)

「今時の(笑)コーヒー牛乳」


「銭湯にあった鳩時計」

その後、おばちゃんが一人でやっている居酒屋、お兄さんが一人でやっているロックバーとハシゴしつつ、某社の偉い方といろいろとお話。

帰艦して、フラフラながら、原稿の続き。
こういうのも昔を思い出すなあ(笑)

|

2008年5月上旬 パート2

■5月×日
午前中にヨロヨロと起床。
原稿の続きをば。
昼前に外へ。
昨日までの天候が一転、絶好の散歩日和。

渋谷の駅前にて、金山君、深華ちゃんと待ち合わせ。
よく深夜に打ち合わせで使うファミレスに行って、大君と合流。
H監督、先日の梶組芝居でお世話になったMさんと、みんなでランチ。

終了後、事務所に戻って、金山君、深華ちゃん、大君とミーティング。
すでにして、次の梶組芝居の段取りを考えねばならないのですね。
当たり前ですが、超速。
今回は、まだ脚本家さんが確定していないので、なかなかに大変。
そのスリリングな経過状況は(笑)、梶組ブログのほうで役者三人が書きますので、お楽しみ下さいませ。

大君が役をいただいたVシネマの、彼の出演シーンのチェック。
この作品には、偶然にも深華ちゃんの友人の役者さんも出演していることが判明。
やはり、業界は狭すぎ(笑)

金山君、大君と別れて、深華ちゃんと、再び渋谷に出て買い物。
今日は、いつもお世話になっている某社の偉い方の誕生日なので、そのプレゼントを。
で…その偉い方の隠れ家へうかがい、誕生会に参加。

「某社の偉い方の誕生会の靴、靴、靴!」

例によって、いろいろな人達にお会いできて、興味尽きず。
そこでも、またまたH監督と一緒になったので、終了後、渋谷の行きつけのバーにて、ちょいと一杯。
帰ってから、なんとか仕事しようと思うも、さすがに限界にて、ダウン。


■5月×日
午前中に起床して、原稿。
一つ仕上げて、某誌の担当編集者のMさんにメール送付。
終えるやいなや外へ。

ちょっと夏日。
しかし、完璧な異常気象、必ず気温がドーンと下がる日がくる予感。
TBSにて、映画プロデューサーのIさんと待ち合わせ、いつもお世話になっている部長のMさんとお話。
終了後、Iさんと別れて、表参道へとUターン。

ひたすら原稿。
もう一つ仕上げて、某誌の担当編集者のRさんにメール送付。
そのままダウン。


■5月×日
午前中に起床して、溜まっていた書類仕事の一部を。
すぐに午後になり、慌てて外へ。

新宿御苑にあるシアターサンモール。
まず深華ちゃんと待ち合わせ。
その後、小田井涼平君、唐橋充君、斉川あいちゃん、川村エミコちゃん次々と合流、『ホスピタルビルド』の同窓会の様相。
みんな元気そうでよかった、よかった。
というわけで、やはり『ホスピタルビルド』にも出演の船戸慎士さんが熱演のスタジオライフ版『真夏の夜の夢』を観劇。
この作品、少し前に劇団ブギ☆ウギでも演目とされていましたが、双方見比べると、いろいろな意味でとても面白く。
しかし、残念ながら、次の時間が迫ってきて、深華ちゃんと共に早退。
けど、船戸さんの“おいしいところ”はちゃんと観れたので良。

「劇場前で深華ちゃんの自分撮り」

五反田のイマジカへ。
僕が脚本を手伝わせていただいた『東京残酷警察』の初試写。
知った顔が続々と。
映画の出来は…いや〜、最高でした!
過日の『片腕マシンガール』もそうでしたが、ひと昔前だと、漫画でしかできなかった表現が、ついに日本の映像表現でも可能になったのだと。
ただし、こういうジャンルムービーは、まず今の日本で企画が通ることはほとんどありません。
そこが日本の映画が、結局は世界に置いていかれる一大要因になっているわけですが。
なので、これは日本映画ではなく、実はすべてアメリカ資本で作られたアメリカ映画なのであります。
したがって、日本公開は残念ながら未定。
でも、予告編は観れます。

予告編はこちらから

終映後、打ち上げ。
そこで、先日に引き続いて、女優の満島ひかりちゃんとバッタリ!
深華ちゃん交えて、いろいろと長いお話。
二次会には顔を出さず、深華ちゃんと仕事の打ち合わせをして、帰路。

大阪のTOYOKI君と電話。
試写で、『なにわん』にも出ていただいた島津健太郎さんにも会ったため。
また、大阪行きたくなってきたなあ。
新しい原稿を書き始めるも、あえなくダウン。


■5月×日
午前中に起床して、原稿の続き。
すぐに午後。
外へ。

ふと…。
食券を買うシステムながら、やけに美味しそうな“ソースとんかつ丼”を出している店を発見。
ついフラフラと入ってしまい、しかし、安けれど堪能!

都内某所のホテルのラウンジカフェにて、某誌の担当編集者のKさんと打ち合わせ。
次いで、別の某誌のFさんとも。
終えるやいなや、即攻で帰路。

一つ打ち合わせが飛んだので、ここぞとばかりに原稿の続き。
仕上げて、某誌の担当編集者のTさんにメール送付。
さて、明日からは、フェラーリフェスティバルなるもので二日間。


■5月×日
雨。
しかれど、最近はずっと“現場晴れ男”のワタクシ、必ず肝心な日に雨は上がると確信。
とりあえず、午後になるまでずっと新しい原稿。
ハッと我に返って、慌てて準備して、外へ。

都内某地へ。
実は、ここ最近、この土地もひじょうに縁があるのでビックリ。
今回、フェラーリフェスティバルに招待してくださった某誌の担当編集者で、フェラーリオーナーのNさん、その後輩でピチピチの新入社員のMちゃん、某大企業の社員のSさん、そして、深華ちゃんと瑠衣ちゃんと合流。
まずは、一路、富士スピードウェイ近くのリゾートホテルへ。

「深華ちゃんと瑠衣ちゃんを乗せて」

Photo_4
「フェラーリのシフトレバー」

Photo_5
「フェラーリフェスティバルのご意見無用のパスカード」

あいにくの雨模様なれど、それもまた風流(笑)
なんだかんだで予定通りにホテルに到着し、僕と深華ちゃん以外のメンバーは、皆さん、さっそく温泉へと。
僕と深華ちゃんは、ショートフィルム及び梶組芝居第2夜の打ち合わせをば。
お風呂上りの皆さんと再合流して、ホテル内のイタリアンレストランで夕食。
さらに、同内のバーで一飲み。
話しているうちに盛り上がって、歌手の瑠衣ちゃんもいたので、カラオケに行こう!となるも、ホテル内のカラオケは満杯。
そんなことであきらめるNさんではなく(笑)タクシーを呼んでもらって、地元のカラオケボックスへと。
深華ちゃん、瑠衣ちゃん、Mちゃんと女性陣大盛り上がりで、われわれ男性陣はやんややんや(笑)
歌い狂って、ホテル帰艦は午前様。

明日また早いので、即攻でダウン…といきたいところなれど、今月中に書かなければならない原稿のための資料本読みをするオレ(泣!)

|

2008年5月上旬 パート1

■5月×日
早朝に起床して、本日はいろいろとお仕事を。
ちょっとヘビィな出来事があるも、村上龍さん云うところの“ハバナモード”で対応せねばと。
アッという間に午後で、慌てて外へ。

地下鉄の駅の構内で、エージェントのKさんとバッタリ。
その後、同じエージェントに所属する脚本家諸氏と続々と。
朝から何も食べていなかったので、打ち合わせ前の超短い時間でしたが、Kさんと共に近くの“吉野屋”へと突入。
こういう状況にて、たまに食べると美味!
その後、某社にて、脚本家諸氏と共に、ある秘密の打ち合わせ。
終了後、脚本家諸氏と別れ、Kさんと別件でお話。

一旦事務所に戻って、原稿の続き。
たちまち夜になり、再び外へ。
先日、あるところで知り合った女性タレントのJちゃんと、よく行くレストランにて会食しつつ、いろいろとお話。
仕事に行くJちゃんと別れ、再び事務所に戻って、原稿。

ふと…。
原稿仕事をしていると、たまに行く屋上庭園のことがフラッシュ。
さっそく近々行ってみることにしようと思案。

「屋上庭園からの眺め。これで天気さえよかったら…」


■5月×日
早朝に起床して、原稿の続き。
ここのところ、ノルマを決めて、キッチリと書かないとヤバい状況。
ずっと“作家モード”ですが、それはそれで快感なり。
ただし、そのモードを維持するために、合間に敬愛する作家の先生方のエッセイとかを読んで、気合入れ。

午前中に都内某社へ。
秘密の会議の2回目。
このプロジェクトについては、僕はメインで参加しているわけではないので、基本、責任ある方々に“お任せ”のポジション。
終了後、深華ちゃんと合流して、同社の偉い方々と昼食を共に。

その後、“営業”のため、深華ちゃんを連れて、渋谷へ。
携帯動画のヒット数に比例して、深華ちゃんに会わせてほしいという業界の方々がちょくちょく出てきたのは嬉しい限り。
ちょっと時間があったので、近くのスタバでお茶。

「深華ちゃんと久々に写メ」

NHKへ行って、友人のプロデューサーのSさんにお会いして、別セクションのプロデューサーのMさんを御紹介いただき。
本日は、ほとんど事務所の社長モード。
打ち合わせ終了後、朝ドラ撮影中の満島ひかりちゃんが在局しているとのことで、スタジオへ。
マネージャーのSさんにもバッタリの後、撮影合間のひかりちゃんとお話。
ひかりちゃん、先日まで映画と掛け持ちで超多忙。

事務所へ戻る道すがら、急なスコール。
やむをえず、近くのカフェに緊急避難して、一服。
ここで食べたピザクロワッサンが異様な美味さ!
また来よう(笑)

事務所にて、深華ちゃんのメッセージ撮影。
(しかし、これが後ほど、買ったばかりの新機種ゆえ、きちんと撮れていなかったことが判明!)
深華ちゃんと入れ替わりに大君が来事務所。
同じくメッセージ撮りと、携帯動画の撮影を。
大君を撮る時はなぜか雨日が多し(笑)

大君が帰ってから、ひたすら原稿を続行。
夜になって、今度は金山君が来事務所。
またまた雨の中で、携帯動画の撮影。
かなり体力を消耗した感があったので、金山君と近くのファミレスにて夜食。
その後、スプリングスティーンだのストーンズだののライブDVDを金山君に観てもらって、“観客を楽しませることの大変さ”のお話をば。


■5月×日
ギリギリで午前中に起床して、原稿。
もちろん、すぐに午後。

娘代わりのRちゃんが会社の休みを使って上京。
大混雑のアホみたいな表通りを避けて、ほとんど地元の人しか行かない、知る人ぞ知る老舗の和食屋にて昼食。
実は、この機会に初めて入ったのですが、天ぷら系が絶品!
また来よう(笑)
次いで、いつも某社の偉い方と“密談”する隠れ家カフェレストランへ行って、Rちゃんといろいろとお話。
まったく別の世界で働いている彼女の話は、すべてが面白く、何もかもが企画に変化の可能性が大。

事務所に戻り、ひたすら原稿の続き。
原稿を書いているだけでも、やはり空腹にはなるということで、近くのファミレスへ行って、夕食。
近隣のショップがクローズした時間帯からは、昼間の喧騒が嘘のようになくなり、ファミレスも空いてくるのがここらの特徴。

食後のDVD鑑賞で(笑)、遅ればせながらの『バイオハザード3』。
シリーズ物の常で、さすがにテンション減。ミラ・ジョゴヴィッチは悪くない
のだけれど。監督がラッセル・マルケイやからなあ…。

鑑賞後、再び原稿。


■5月×日
なんとか午前中に起きて、原稿の続き。
午後になってから、外へ。

例によって、表通りの大混雑を避けて、地下鉄。
都内某所だが、意外と穴場の場所へ行き、そこにある京都のトンカツ屋にて昼食。
ここも初めて入る店なれど、トンカツだけでなく、コロッケと豚汁も絶品!
また来よう(笑)

「ムチャクチャ美味だったトンカツ屋さんにて。ソースとお新香も絶品!」

いつもとは逆のコースを辿って、二週間振りの(苦笑)自宅。
この逆のコースを辿ったことは、ある意味で正解。
なんとなれば、いわゆる“連休”中の阿鼻叫喚を観察できたため。
とにもかくにも、人、人、人。
一番驚いたのは、なんと、子供達が本当に窒息状態に陥っているという、満員電車の惨状。
そうまでして(笑い話ではなく、命賭けで)観光地に出かける意味があるのでしょうか。
子供達が窒息状態なら、彼らを連れている御両親は見るからに疲労困憊。
本当は心身を休めるはずの連休が、この地獄図の有様は如何に。
やっぱり、この国の“アイランド・メンタリティ”には根深いものがあると痛感。

道も大混雑だったので、テクテクと歩いて、昼食のトンカツとコロッケのカロリーを燃焼。
自宅にて、原稿の続き。
合間に、アメリカのテレビドラマのDVDを次々と。
明らかに日本のドラマと違って、練りに練られた脚本と、それなりに“金のかかった”演出。
ためになります。


■5月×日
自宅の前庭の木が、いつの間にか緑に。
もう夏やね。
ホンマに早い。

「自宅の前庭にある木が、いつの間にかまたこんな緑に」

昨日に続いて、ここぞとばかりに、アメリカのテレビドラマのDVD。
そして、ひたすら原稿。
なんとか仕上げて、某誌の担当編集者のMさんにメール送付。

夕方、外へ。
久々のバス。
やはり、観光客の人々で、途中から満杯。
混雑してくる前に、近くの席に座っていたとてもキレイな女性が、映画『バトルロワイヤル』のメイキング本を読まれていて、そのミスマッチがとても良。
一瞬、眼が合ってしまって、反射的に互いに会釈。
う〜む、声をかける勇気がなけれど(苦笑)どこかでお会いした女優さんだったのでしょうか。
(最近、そういうことがやけに多いのです)

ちょっと時間をズラすと、嘘のように人がいなくなるので、駅前にできていた新しい店にフラフラと入り、カレー蕎麦。
これが意外と美味だったので、また来よう(笑)
帰路、いつの間にか、電車の中で爆睡。
降車駅で本能で目覚め(笑)慌ててダッシュ。
アホや。

表参道に戻って、またまた新しい原稿に突入。
合間に、大君が役をいただいたVシネマの脚本をチェック。
みんな稼いで、オレに楽させてね(笑)

|

2008年4月下旬 パート2

■4月×日
またまた、なんだかんだで、怒涛の5日間。
書けることもあり、書けないこともあり(笑)

午前中から夕方にかけて、ひたすら原稿。
夕方、プロジェクトアシスタントのT君、来事務所で、打ち合わせ。
さらに原稿を続けてから、遅れて外へ。

稽古場へ。
T君、記録映像を撮影中。
そのT君から、衝撃の面白い話を聞くも、あまりに衝撃すぎて(笑)ここには書けず。
しかし、偶然は恐ろしいというか、運命は面白いというか。

稽古終了後、せっかくなので、T君にゲスト監督になってもらって、携帯動画の撮影。
こういうことが気軽にできるのも、携帯動画の醍醐味。
その後、みんなで“大戸屋”で御飯。
“大戸屋”と言えば、学生時代よくお世話になったものですが、まさか、こんなにお洒落な定食チェーン店になるとは。
Photo_5
「"大戸屋"での三人。三人バラバラ(苦笑)」

本日は“合宿”稽古。
といっても、うちの事務所にて、朝までセリフ合わせ。
僕は、その合間にも原稿をば。


■4月×日
みんなが帰ってから、ちょっと仮眠。
すぐに起きて、原稿。
なんとか仕上げて、担当編集者のKさんにメール送付。
T君が来事務所で、ヨロヨロと外へ。

今日は午後一で稽古場。
ひたすら夕方まで。
いよいよタイムリミット。
それぞれセリフの入れ方には違いがあったりもするので、金山君は帰宅して一人で、深華ちゃんと大君はT君にも入ってもらってうちの事務所で、それぞれ復習練習することに。
一旦バレて、僕と深華ちゃんとT君は、稽古場近くのカフェにて、御飯を食べつつ、お話。

久々に風邪ひき。
気力と薬で治さねば。
ダウンしている場合でなく。

事務所にて、深華ちゃん、大君、T君とで、セリフ合わせ。
その横で、僕はまた原稿をば。
本日は、みんなフラフラだったので、終電前に解散。
さすがに僕もバタンキュ〜。


■4月×日
なんとか午前中に起床。
ここのところ、必死に原稿をやらねばならない状況。
久々のライターズハイ(笑)

午後から新宿へ。
いつもの喫茶店にて、某誌の担当編集者のSさん、漫画家のYさんと。
Yさんのネームの上がりが素晴らしく、期待大。
終了後、ちょっと時間があったので、別の店へ。
そこで、偶然にも、Y監督、脚本家のMさんにバッタリ。
ものすごく期待できるコンビだけに、新作が楽しみ。
久々の再会だったので、打ち合わせ終了後、Y監督といろいろと近況をお話。

その後、小道具を調達してきてくれた深華ちゃんと合流して、稽古場へ。
いよいよもって、泣いても笑っても稽古最終日。
ひたすら通し稽古。

終了後、某社の偉い方とお話。
後、いつものお店にて、かるく飲酒。


■4月×日
早朝に起床。
久々に午前中から外へ。
なんだか新鮮(笑)

某社にて、秘密の会議。
とはいえ、ほぼ勝手知ったるメンバーにて。

昼食後、事務所へ帰還。
慌しく書類仕事。
アッという間にタイムリミットで、再び外へ。

神田。
金山君、深華ちゃん、大君、そして女子大生アシスタントのMちゃんが集合しているお店へ。
みんなでポストカードに感謝のサインを。

「みんなでメッセージ書き」


「記念すべき初メッセージ」

その後、“イゾルデ”へ移動。

超特急で仕込み。
脚本を担当してくださった小林英造君、お兄さんの小林雄次さんも来てくださって、アシスト。
とにかく、最初だけにいろいろと予想外の事が起きるも(笑)強引にクリア。
てんやわんやにて、“梶組ワンナイト芝居”の第1回目。

定員を超える皆様に来ていただいて、感謝以外の言葉が何も見つかりません。
まだまだ至らぬ点多々あれど、本当に優しいお客様方、そしてスタッフの方々のおかげで、なんとか無事に終えることができました。
心よりありがとうございました。
そして、来月からも、またよろしくお願い致します。

「梶組の"女神"の及川奈央ちゃんは自らお花を手配してくれました。感謝感激!」


「劇団ブギ☆ウギの本倉さつきちゃんが、わざわざお祝い酒を。感涙!」

終了後、お世話になった方々と、かるく打ち上げ。
終電ギリギリで帰還。
しかし、まだまだ終わらず(笑)、僕は原稿を。


■4月×日
ハッと飛び起きて、原稿の続き。
すぐに午後。
慌てて外へ。
…って、ここのところ、まともに飯食うヒマもないやん(苦笑)

恵比寿。
かなり久々に某社に行って、プロデューサーのKさんとお話。
またまた意外な共通点が見つかって、世の中の狭さを痛感。
その足で神保町。
某社に行って、某誌の担当編集者のMさんと打ち合わせ。
次いで、別の某誌の担当編集者のNさんと。
ある企画があって、旧知の編集者のAさんともお話。
Nさんといろいろとお話してから、帰還の途。

原稿続行。
なんとか形にして、担当編集者のLさんにメール送付。

|

« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »