« 2008年5月下旬 パート1 | トップページ | 2008年6月上旬 パート1 »

2008年5月下旬 パート2

■5月×日
トラブル処理を朝から。

僕は独り身なので、すべてに独りで対応しなければならないのです。
その代わり、いつか独り身をやめたら、今やっているいろいろなことに即攻でカタをつけさせてもらって、その女性のために全力を尽くして残る人生を生きようかなと。
そのスタートは明日かもしれないし、永遠にこないのかもしれません(笑)

なんとかトラブル処理を終えて、表参道へとUターン。
事務処理をすませてから、渋谷へ。
某喫茶店にて、某芸能事務所の社長さん達とお話。
終えた足で、別の某社へ。
と…。
昨日からのトラブル処理の影響か、大事なことをすっかり忘れてしまっていて、某社と事務所の間を2往復。
汗みどろになりましたが、敢えて歩きまくったので、いい運動にもなりました。
が…。
梶組芝居の3回目の稽古には行けず、自主練習をお願いすることに。

夜はひたすら原稿。


■5月×日
朝から、ひたすら原稿。

本日は、梶組芝居の稽古の4回目。
しかし、本日も稽古場には顔を出せず、脚本家の小林雄次さんに“演出助手”として、代理を依頼。
しかし、今回のお芝居は、とにもかくにも、まずセリフを入れてもらうことが必定。
役者さんにセリフが入っていないと演出できないのも必定。

タイムリミットまでに、なんとかある作品の脚本のプロットをあげて、関係者諸氏にメール送付。
慌てて外へ。

品川へ行き、いつもの歯科医院で歯の定期検診。
本日を逃すと、後がなかった状態。

終えた足で、渋谷まで戻り、いつも何かとお世話になっているMさんと、ファミレスにてお話。

夜は原稿。


■5月×日
朝から原稿。

正午から、某社にて、ある作品の脚本会議。
しかし、僕は、先のトラブル処理がまだ終わっていなかったので、約1時間ほどで退席させていただき、都内某所へ。

某社へ行き、トラブル処理のため、偉い方々とお話し合いを。
終えるやいなや、某カフェへ行き、映画プロデューサーのIさん、Sさんと共に、別のプロデューサーのMさんと、ある映画の打ち合わせ。
またまた、終えるやいなや、別の某地へ。
某社にて、担当編集者のMさんと打ち合わせ。
終えてから、さらに別の某誌の担当編集者のNさんと会食。

というわけで、本日も、梶組芝居の稽古場には顔を出せず。
ホンマに申し訳ない!

戻ってから、原稿。


■5月×日
朝から原稿。

夕方、稽古場へ。
本日も、小林雄次さんが来訪。
終了後、小林さんと、いつもの“大戸屋”にて、別件の打ち合わせをば。

帰ってから、ひたすら原稿。


■5月×日
朝から原稿。

夕方から、某地某カフェにて、某社の女性の偉い方と、久々にお話。
終えた足で、最終稽古。
一週間限定なので、早いです。
終了後、深華ちゃん、来てくれていた川村エミコちゃんと会食。

夜も原稿。


■5月×日
朝から原稿。

午後から、いろいろと秘密の買い物。
その後、神田へ。
某カフェにて、小林雄次さんと打ち合わせ。

梶組ワンナイトシアターの第2夜『4つ目の嘘』。
本日も、御来場いただきましたお客様、本当にありがとうございました。
まだまだのことばかりですが、今後共、何卒よろしくお願い申し上げあげます。
ただただ、感謝です。

「今回も及川奈央ちゃんからお花をいただきました」


「今回の梶組ポストカード」 

リハーサル時に、いつも受付などでアシストしてくれている女子大生のMちゃんに、ささやかながらバースディサプライズを。
いつも本当にありがとう、Mちゃん。

本番終了後、場所を移して、打ち上げ。
同時に、これまたいつもお世話になっている原口智生監督のバースディサプライズを。
豪華ゲスト陣が集結していたこともあって、楽しい一夜となりました。


「先輩諸氏からダメ出しを受ける三人」


「斉川あいちゃんから原口監督に似顔絵のプレゼント!」

終宴後、小林雄次さん兄弟と、うちの事務所にて、ある作品の打ち合わせ。
結局、朝まで。
小林さん兄弟から、『ULTRASEVEN X』のノベライズ本をいただき、
感激!

|

« 2008年5月下旬 パート1 | トップページ | 2008年6月上旬 パート1 »

日記」カテゴリの記事