« 2008年6月下旬 パート2 | トップページ | 2008年7月上旬 パート2 »

2008年7月上旬 パート1

■7月×日
さて!
本日は、脚本家の小林雄次さんと待ち合わせて、本当に超久々に映画の試写へ。
『愛のむきだし』。
ぐわ〜! メッチャクチャやられました!
クリエイターとして、この監督とこの女優の関係に、思いっきりジェラシーであります!
監督の名は園子温さん、女優の名は、大切な友人でもある満島ひかりちゃん。
こういうテイストの才覚が自分にないだけに、まずは素直に負けを認めます。
そして、この”敗北”から起き上がって頑張らねば!
満島ひかりちゃんの公式ウェブサイト

終了後、偶然にも一緒に観ていた監督とひかりちゃんに感想をば。
いずれにせよ、現時点での本年度最高傑作!
興奮覚めやらぬまま、小林さんと六本木へ。
某社の偉い方、友人俳優のS君、T君と合流して会食後、みんなで白金にある銭湯。
いや〜、よかったです!

「ただの銭湯ではない!」

■7月×日
午後一で、いつもの恵比寿の美容院。
Hさん、相変わらず腕が良過ぎです。

終了後、深華ちゃんの携帯動画の撮影。
偶然が幸いして、深華ちゃんの“姉貴分”であるMさんにも付き合ってもらいつつ。
この”梶組携帯動画”も、100回まで、あと28回。
100回、あるいは100回を少し超えたところで、当初から決めていた通り、一旦フィナーレとなります。

女優友達の伴杏里ちゃんから、公式ブログ開設の御連絡が。
杏里ちゃんは、絶対にブログをやったほうがいいと思っていたので、今後が楽しみです。


■7月×日
午後から、事務所にて、二人の友人の作家さんに来てもらって、秘密の打ち合わせ。
お一人は長年の友人、もうお一人は僕の“弟子”にあたる人。
この人達や他の友人達と組んで、今年の後半にかけて、ちょっと面白い試みをば。

夜、俳優友達のO君が来事務所。
ある作品のためのお仕事を。

DVDにて、香港映画の『野良犬』。
佳品。
出演している人々が、子役も含めて、不思議な“味”の保持者。

「全員、"味"があります」

■7月×日
午後から、某地某社にて、ある会社の偉い方々と共に、秘密の打ち合わせ。

終了後、近くの喫茶店で一服してから、調布。
かなり久々の日活撮影所にて、ある作品の重要会議。

終わった後、原宿へリターン。
ある会社の偉い方と合流して、“日本で一番辛くて旨いマーボー豆腐”を食べさせてくれるという中華料理店へ。
噂は本当でした!
しかし、他の料理も異様に美味で、すっかり病みつきになりそうです。

帰ってから、原稿。

「噂通りの味!」


■7月×日
午前中から原稿。
ノルマの枚数をクリア。

途中、水野大君が来事務所。
いつもお世話になりまくっている劇団ブギ☆ウギの座長、小川信太郎君の誕生日ということで、ささやかなバースディプレゼントを大君に託して。
信ちゃん、おめでとう! これからもよろしく!

久々の自宅へ。
DVDにて、市川昆監督の『獄門島』。
いい作品は、何年経っても、不変。

|

« 2008年6月下旬 パート2 | トップページ | 2008年7月上旬 パート2 »

日記」カテゴリの記事