« 2008年7月中旬 パート1 | トップページ | 2008年7月下旬 パート1 »

2008年7月中旬 パート2

■7月×日
怒涛の5日間。
某地某社にて、ドラマの画コンテの打ち合わせ。
終えた足で、別の某地某社へと赴き、ある本の打ち合わせ。
終了後、さらにさらに別の某地某社へ行って、同じくある本についてのお話。
その後、エージェント会社の僕の担当をしてくださっているKさんとお話。

ここのところ、いいことも悪いことも並行してドッとやって来たので、ふと…立ち止まって考えました。
もともと僕が望んでいたのは、こういう超忙しい生活だったのか、と。
そして…いやいや、またちょっと違ってきているぞ、と思い至りました。
楽しい日々には違いありませんが、何かが微妙にズレていて、心のどこかが“気持ちよくない”のです。
う〜む。
というわけで、こういう時に必ず相談に行く“聖”と“俗”をそれぞれ極められたお二方にアポを。
このお二方は、自他共に“その世界”の頂点を極められている大人物なので、いろいろな人達にいろいろな事を言われて、僕が惑い迷った時に、圧倒的に説得力のある指針を示してくださるので、いつも本当に助けられているのです。

ある作品のプロットを2本書いて、関係者の方々に送付。


■7月×日
朝から、日活撮影所にて、ある作品の御祓い。
本格的にドラマの撮影がスタートです。
旧知の役者さん、今回新しく御一緒することになったレギュラーの役者さん達に御挨拶。
スタッフもまたまた顔見知りの人達がほとんどで、僕的にはとても安心。
昼食後、ゲストの役者さん達の衣装合わせ。
終わった足で、新宿へ。

某誌の担当編集者のMさんと打ち合わせ。
終了後、別の某誌の担当編集者のLさんと、続いて打ち合わせ。
Lさんと打ち合わせを兼ねた会食後、帰路。

昨日アポを入れさせていただいた大人物お二人より御返信が。
それだけでも、かなり安定した気分に。

さて、いよいよ明日から、梶組撮影インですが、今回はかなり変則的流動的な撮影システムとスケジュールのため、僕の組だけまとめてドドッ…といかないところが、ある意味、初めての経験であります。


■7月×日
朝から日活撮影所。
今回のドラマを担当する全監督が一斉に揃い踏み。
順番に自分が監督する話数のあるシーンを撮っていくのです。
他の監督諸氏も旧知の方々で、気心は知れているのですが、ただそれだけに自分の担当話数の部分の撮影で“押して”しまうと、後の監督諸氏にちょっと申し訳ない感じであります。
それでも…。
スタッフ&キャストの一体感が素晴らしく、初日でしたが、やはり、とても楽しい現場になりました。
「生きている!」という感じがします。
心より感謝!

「これがスタジオの天井、下がセットになるわけです」


「セットの外側周囲はこんな感じ。撮影関係者以外、内側には入れません」

終了後、表参道へとUターン。
ある重要な秘密の打ち合わせをば。
終えた後、さすがに“早朝出勤”のせいか、あえなくダウン。


■7月×日
朝から原稿。
午後から、本日は、某地某社にて、ドラマの衣装合わせの続き。
終了後、一旦事務所に戻ってノートパソコンを持ち、秘密の某地へ。

まず、“俗”の世界を極められた御方に、久々の面会。
いつもながら、ガチガチに緊張。
しかし、御本人にお会いすると、いつの間にか、その緊張が解けてゆくのが不思議。
「そろそろリセットの時機に来ている」
というお話をされて、僕も首肯。

広大広壮すぎるお屋敷の一室に泊めていただき、そこでも原稿書きを。


■7月×日
お仲間の方々と共に、ものすごい朝食をいただいた後、辞去。
その足で、今度は、“聖”の世界を極められた方のところへと。

この御方とも久々の面会。
しかし、今度は逆に、いつもまったく緊張がないのです。
それは、決してダラけているという感じではなく、その御方が、相手を絶対に緊張させない、なんとも心地良いオーラを放たれているからなのです。
そして…。
奇しくも、この御方からも、「リセットする時機に来ている」というお話をお聞きするに及び、もはや確信。
「誰に何と言われても、自分自身の気持ちに正直に、一度仕切り直しをしよう」
と決意して、“下界”へ。
おそらく、つらい別れもあるでしょう、そしてまた、新しい出逢いもあるでしょう。
しかし、何もかも含めて、自分の運命です。

今回、お会いしたお二方は、“実績”の面でも、いわゆる“違うステージ、異なるクラス”にいらっしゃる方々なので、お話を聞くだけで、いろいろな人達にいろいろと言われたことどもが、きれいさっぱりと削ぎ落とされて、事象の本質だけが見えてくるのです。
本当に助かりました。

帰路、原稿をアップして、担当編集者のMさんに送付。

|

« 2008年7月中旬 パート1 | トップページ | 2008年7月下旬 パート1 »

日記」カテゴリの記事