連載用の企画書を作る

合間をみて、ある雑誌の連載用企画書を作りました。 (実は、企画書とプロットは、本当は大の苦手であります。 しかし、まず、これがないと始まらないのは、漫画も映画も同じでしょうか) ちなみに……。 この企画は、自分にとっては、またまた初めての試みなので、完全に通ってくれると、かなり嬉しいのですが。 (“予備審査”はすでに通っているので、あとは上層部判断だけということになるわけです) 果たして如何に?!

| | トラックバック (0)

現状整理

現状整理。
「コミックチャージ」にて、香港のクリエイターであるパトリック・ユー先生と組んで、『龍の首領~ロンドン』を連載中。いわゆる“実験作”なので、担当編集者の方と一緒に、試行錯誤の日々で、これ1本だけでも、かなり大変であります。(実務的には、パートナーが海の向こうにいるので、やはり、コミュニケーションが一番の問題になります) しかし、性分として“量産型”の血には抗えず、かつてのようなムチャはやらないにせよ、やはり、次々と企画を思いついてしまいます。
ですが、とても物理的に書いている時間がない。
いっそ、原作者のための原作者でも始めるか(笑)と悩む日々。
もちろん、それらの企画がすべて使いものになるわけでもなく、そのあたりが凡才ゆえ(自嘲)
とはいえ……。
A誌の読み切り企画1本が、漫画家さんがネームを切ってくれています。
B誌の短期集中連載企画1本が、漫画家さんを選考中です。
C誌の連載企画は、漫画家さんを指名させていただいたので、その漫画家さんのスケジュール待ちです。
D誌の読み切り企画1本、やはりE誌の読み切り企画1本が、自分に時間が取れないため、遅れに遅れている始末です(スミマセン!)加えて、あるどうしても手がけたかった企画の連載をF誌で1本始めることになり、それを寝ないでやっている状況であります。
“もう量産はしない”と確かに決めているものの、面白そうなことにはすぐ手を出してしまう性分のせいで、果たしてどうなることやらの日々であります。
(アホだ……)

| | トラックバック (0)

遅れている

言い訳はいかんのですが……。
例によって、あまりにも色々な仕事が一気にドドッと重なって、原稿書きが遅れ気味であります。
ようやく“ブツ”の初稿を提出。
う~む。

| | トラックバック (0)

”ブツ”を作らねば

さて……。
“試し打ち”として書かなければならない原作原稿が2本。
つまり、企画そのものは“よし”となったので、“じゃ、これが原作になった場合はどんなんやねん?”ということをお見せしなければならないわけですね。
なにしろ、まったく新しいネタとジャンルをやっているわけなので、“ブツ”がないことには始まらないということです。
はてさて。

| | トラックバック (0)

リ・スタート

某誌の企画原稿も、ついに第4稿目にして、担当編集者の方のOKが出ました。
しかし、これまた、ようやく、ここからが本当の勝負(笑)
編集長のOKが取れなければ、結局は没であります。
はてさて、結果は如何に?!
かたや……。
もう一つの企画原稿のほうは、上層部判断が出て、あえなく“討死”に。
が……。
そんなことは数限りなく体験してきたワタクシとしては、だからといって、終わりではありません。
そもそも企画というもの、採用になるものより、没になるもののほうが多いのは常識中の常識。
しかし、核となるネタさえよければ、形を変えての“再生”や“復活”もあり得るのも、また常。
では、どうやって再生復活させるのか?
それは、まずは、担当編集者から没理由を聞き、それを分析するところからリ・スタートするのです。

| | トラックバック (0)

贅沢な理由

某誌の読み切り原稿、ついに第4稿にて、めでたく最終稿に。
とりあえず、あとは、漫画家さんのネームの仕上がりを待つことになります。
で……。
間髪入れず、その待ち時間に、別の某誌の企画案を作りました。
これは、すんなりと一発OKが出て、またまた読み切り用のプロットを切ることに。
なんといっても、どれもこれも、すべてまったく新しい内容や方式であることを、自分自身に義務付けているので、読み切りテストスタートは当然のことであります。
先日、各誌の担当者諸氏と話していたら、新人の原作者志望の方々は、たいてい、この段階で落ちていくとのこと。
つまり、書き直しに耐えられない、読み切りに耐えられない、その二点の理由が多いそうなのですが……。
例え、100回直しても、100回NOと言われても、ぜんぜんあきらめる気のないワタクシにとっては、なんとも贅沢きわまりない脱落理由であります。

| | トラックバック (0)

宇宙一しつこい

某誌の企画案の2稿を完成して送付。
続けて、別の某誌の読み切り長編に、担当編集者氏より貴重な意見があったので、第3稿にかかっています。
ある方に、「よく飽きずに直しますねえ」と言われましたが、いろいろな意味で、まったく新しい挑戦をやっているわけなので、何度もの試行錯誤は当然であります。
そういう意味では、企画案も同じことで、掲載される、されない、よりも、途中であきらめることのほうが、ワタクシにとっては“罪悪”なのです。
もちろん、「いりまへん」と言われてしまったら、それまでですが(笑)
いちおうの結果が出るまでは、「宇宙一しつこい」と言われるクラーク・ケントのように(笑)作り続けます。

| | トラックバック (0)

それもまた楽しい

レギュラー原稿に、担当編集者氏よりリクエストがあり、第2稿を書いて送付、すぐにOKをもらいました。
いつものことながら、書き直しはたいして苦にならず、かなり速いのがワタクシの特技であります。
次いで、某誌の企画原稿の第3稿プラス、連載になった際の展開案も2案作って、担当編集者氏に送付。
果たして、ワタクシの新しいネタが、編集長のお眼鏡にかなうかどうか?!
次いで、また別の某誌に出していた企画案に対して、担当編集者氏より返答があり、これも訂正案を即攻で送付。
ぶっちゃけ、ネタにはいっさい困らないのも、昔からの特技の一つです。
さらに、最近はずっとインプットに努めているせいで、ネタには不足しません。
ただし、採用されるかどうかは別ですが(笑)
一日ですべてこなしましたが、各々まったく別の新しい企画であり、気分転換を連続してやっている感じで、それもまた楽し、であります。

| | トラックバック (0)

最低でも1本に2日

レギュラーの原稿を仕上げて、担当編集者に送付しました。
かつては、1日に最低でも1本、下手すると2本という日もありましたが、そういう時期はもう通り過ぎ、今はとにかく、他事でどんなに時間がなくても、1本に2日はかけるようにしています。
これに、リテイクが加わると、1本に3日はかける計算になり、作品の洗練度のためにはよいことだと思っています。
心にも余裕が生まれ、その間に、本を読んだり映画を観たりという、枯渇しないための勉強もできるからです。
実のところ、書こうと思えばいくらでも書けるのですが、敢えてその気持ちを抑えて、いろいろと勉強するというのが、至福の刻でもあります。

| | トラックバック (0)

戻って再検討

……というわけで、別の某誌のパイロット版2稿……
にとりかかる前に、まず、キャラクターとプロットを再検討しました。
結果、初稿のものとは、大きく変えることに。
よく言われることですが、詰まったら、最初に戻れ、というやつです。
最初のほうに問題があるからこそ詰まるのであって、
その問題をクリアすれば、後の詰まりもとれるということですね。
案の定、一から問題点を見直したおかけで、
新しいキャラクターとプロットの流れは、きわめてスムーズ。
しかし、これがそのまま編集者氏のお眼鏡にかなうというわけではありませんが(笑)

| | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

日記 | 映像監督 | 漫画原作